花紀行・花おりおり トップページへ  草花、花木、樹木などを巡る花紀行


草 花
・トケイソウ
・ノゲイトウ
花 木
・カリアンドラ・セロイ
・ヤマアジサイ
樹 木
・文京区・クスノキ
・鉾杉
実・五穀
・ハスの実
・ナツメ
薬 草
・ウコン
・トウゴマ
公園・庭園
・中国庭園
・龍潭寺・庭園
管理人
・リンク集

兼六園 日本三名園   石川県金沢市
兼六園
兼六園 兼六園
兼六園 兼六園
兼六園の由来
 兼六園は江戸時代の代表的な林泉回遊式庭園である。金沢城に面し傾斜地に五代藩主綱紀な延宝4年(1676)、別荘「蓮池御亭(れんちおちん)」を建て、その庭を蓮池庭(れんちてい)と呼んだ。これが園の始まりといわれている。
 その後11代藩主治脩が翠滝(みどりたき)、夕顔亭を造った。文政5年(1822)12代藩主齊廣のとき、千歳台に竹沢御殿が建てられた。曲水、七福神山などは、その頃の遺構である。
 13代藩主齊泰は、竹沢御殿を取崩し、霞ヶ池を拡張し、栄螺山(さざえやま)を築くなど御殿跡と蓮池庭との調和を図り、現在の大庭園を完成させた。
 園名は、文政5年、白河楽翁公により「宏大(こうだい)、幽邃(ゆうすい)、人力、蒼古(そうこ)、水泉、眺望」の六勝を兼備することから、兼六園と命名された。
徽軫灯籠と虹橋>(ことじとうろう)
 この灯籠は琴の糸を支える琴柱(ことじ)の形をしていることから、徽軫灯籠と呼ばれている。手前の橋は虹橋。別名を琴橋ともいう。この巧みな意匠が兼六園を象徴している。
霞ヶ池
 天保8年(1837)に堀ひろげられた池で、広さは5800u。池の中の島は、蓬莱島といい、不老長寿を表しており、また亀の甲の形をしているので、別名、亀甲島ともいう。
兼六園 兼六園
噴水
 この噴水は、霞ヶ池を水源としており水面との落差で、高さ約3.5mにまで吹き上がっている。日本庭園では、大変珍しく、19世紀中頃につくられた日本最古のものといわれている。
兼六園 兼六園
夕顔亭
 安永3年(1774)に建てられた茶室。袖壁に夕顔(瓢箪(ひょうたん)の古語)の透彫りがあるので、夕顔亭という。本席は三畳台目で相伴畳(しょうばんたたみ)を構えた大名茶室。藩政時代は「滝見の御亭」とも呼ばれていた。
兼六園 兼六園
瓢池>(ひさごいけ)
 昔このあたりを蓮池庭といい兼六園発祥の地である。池は瓢箪形をしているので後に瓢池と名付けられた。前方の翠(みどり)滝は安永3年(1774)につくられたものである。
北海道
元町公園 大通公園
東北
もみじ公園 弘前公園 千秋公園
関東
横浜 山下公園 三ツ池公園 港の見える丘公園 根岸森林公園
東京 浜町公園 佃公園 皇居外苑 曳舟川親水公園
江戸川公園 新宿中央公園 六義園 北の丸公園
浜離宮庭園 上野公園 小石川後楽園 中の島公園
堀切菖蒲園 西日暮里公園 日比谷公園 清澄庭園
高橋是清記念公園 数寄屋橋公園 代々木公園 有栖川宮記念公園
礫川公園 岡倉天心記念公園
箱根美術館・庭園 強羅公園 成田山公園
甲信越
リリーパーク
東海
浜松 曲水庭園 モネの庭 浜松フラワーパーク 浜松市フルーツパーク
花菖蒲園 浜名湖ガーデンパーク 和敬清寂 浜松城公園日本庭園
気賀本陣前公園 龍潭寺・庭園
名古屋 東谷山フルーツパーク ブル−ボネット 名古屋セントラルパーク
つぐ高原グリーンパーク 安城デンパーク なばなの里 花フェスタ記念公園 修善寺自然公園
河津バガテル公園 清水邸庭園 新居文化公園 国営木曽三川公園 クレマチスの丘
北陸
兼六園
近畿
神戸 神戸須磨離宮公園 布引ハ−ブ園 神戸フルーツフラワーハ°ーク 神戸森林植物園
京都 しょうざん庭園 京都御苑 渉成園 京都府立植物園
西明寺・蓬莱庭 天龍寺・曹源池 平安神宮・神苑 二条城二の丸庭園
東福寺・八相の庭
山田池公園 兵庫フラワ−センタ− 北山緑化植物園
中国
岡山後楽園
九州
仙巌園(磯庭園) 水前寺公園 大濠公園

国際庭園
コリア庭園 中国庭園new イタリア庭園 アメリカ庭園 イギリス庭園
インド庭園 オーストリア庭園 ドイツ庭園 ネパール庭園 トルコ庭園
ベリーズ庭園 ハンガリー庭園 韓国庭園


Google
WWW を検索 花紀行・花おりおり を検索

「花紀行・花おりおり」の画像を利用したい場合は「」より連絡してください。

Copyright(c) 2002-2017 写真紀行 All Rights Reserved.