花紀行・花おりおり トップページへ  草花、花木、樹木などを巡る花紀行


草 花
・ヒメリュウキンカ
・フジバカマ(藤袴)
花 木
・白花八重空木
・ヒメウツギ
樹 木
・鉾杉
・善光寺坂のムクノキ
実・五穀
・チキュウカン
・レモン
薬 草
・トウゴマ
・ネコノヒゲ
公園・庭園
・龍潭寺・庭園
・クレマチスの丘
管理人
・リンク集

曳舟川親水公園 ビオトープ   東京都葛飾区
曳舟川親水公園
曳舟川親水公園 曳舟川親水公園
曳舟川親水公園・曳舟川物語
 最上段の画像では水が全くないが、夏には、水が流れ子供たちで賑わう水路になる。
曳舟川物語
 江戸時代の後期、篠原村から亀有村の堀では曳舟が行われていました。かって本所方面に上水を供給していた古上水堀は川底が浅く、流れが緩やかであった為、魯で漕ぐことが困難でした。そこで、5、6人のリの小船を網で引く、いわゆる曳舟が行われました。引く方法には川筋を挟んで両側から引く方法と片側のみで引く方法がありました。
曳舟川親水公園・ビオトープ 曳舟川親水公園・ビオトープ
曳舟川親水公園・曳舟川物語
曳舟川の由来
 曳舟川は、江戸幕府が明暦3年(1657)の大火ののち、開発に着手した本所・深川方面の新市街地へ、飲料水を供給する目的で開削された水路。成立は万治2年(1659)といわれ、亀有上水あるいは、本所上水・小梅上水とも呼ばれた。水源は瓦曽根溜井(埼玉県越谷市)で、亀有に入ってからは東側に中井堀を分水し、四つ木付近までは二条の水路が平行して流れていました。亀有上水の廃止は享保7年(1722)のことで、小梅より南の水路は埋め立てられましたが、上流部はそのまま用水として残され、古上水堀と称された。
 上水の廃止後、篠原村(現四つ木)から亀有村間の二八町(約3km)の水路を利用して「サッパコ」という小舟に人を乗せ、土手の上から長い綱で肩にかけて引くことが始まり、「曳舟川」と呼ばれるようになった。
 帝釈天詣や水戸街道に出る旅人が利用した曳舟は江戸東郊の風物として人気を呼び、多くの紀行文や、初代歌川(安藤)広重の「名所江戸百景」などに情景が描かれている。 
ビオトープ
 ここにある小川や湿地は、いろいろな生き物が住みやすいようにつくられている。木や草、水草が育つにつれて、トンボやチョウ、メダカなどが住み着くようになる。
 ビオトープに住み着く小動物:ミンミンゼニ、シオカラトンボ、オンブバッタ、メダカ、アオスジアゲハ、ヤマトシジミ、ミズスマシ、エンカコロギ。      
北海道
元町公園 大通公園
東北
もみじ公園 弘前公園 千秋公園
関東
横浜 山下公園 三ツ池公園 港の見える丘公園 根岸森林公園
東京 浜町公園 佃公園 皇居外苑 曳舟川親水公園
江戸川公園 新宿中央公園 六義園 北の丸公園
浜離宮庭園 上野公園 小石川後楽園 中の島公園
堀切菖蒲園 西日暮里公園 日比谷公園 清澄庭園
高橋是清記念公園 数寄屋橋公園 代々木公園 有栖川宮記念公園
礫川公園 岡倉天心記念公園
箱根美術館・庭園 強羅公園 成田山公園
甲信越
リリーパーク
東海
浜松 曲水庭園 モネの庭 浜松フラワーパーク 浜松市フルーツパーク
花菖蒲園 浜名湖ガーデンパーク 和敬清寂 浜松城公園日本庭園
気賀本陣前公園 龍潭寺・庭園new
名古屋 東谷山フルーツパーク ブル−ボネット 名古屋セントラルパーク
つぐ高原グリーンパーク 安城デンパーク なばなの里 花フェスタ記念公園 修善寺自然公園
河津バガテル公園 清水邸庭園 新居文化公園 国営木曽三川公園 クレマチスの丘
北陸
兼六園
近畿
神戸 神戸須磨離宮公園 布引ハ−ブ園 神戸フルーツフラワーハ°ーク 神戸森林植物園
京都 しょうざん庭園 京都御苑 渉成園 京都府立植物園
西明寺・蓬莱庭 天龍寺・曹源池 平安神宮・神苑 二条城二の丸庭園
東福寺・八相の庭
山田池公園 兵庫フラワ−センタ− 北山緑化植物園
中国
岡山後楽園
九州
仙巌園(磯庭園) 水前寺公園 大濠公園

国際庭園
コリア庭園 中国庭園 イタリア庭園 アメリカ庭園 イギリス庭園
インド庭園 オーストリア庭園 ドイツ庭園


Google
WWW を検索 花紀行・花おりおり を検索

「花紀行・花おりおり」の画像を利用したい場合は「」より連絡してください。

Copyright(c) 2002-2017 uchiyama.info All Rights Reserved.