花紀行・花おりおり トップページへ  草花、花木、樹木などを巡る花紀行


草 花
・ワレモコウ
・ダリア
花 木
・ヤマアジサイ
・ジューンベリー
樹 木
・文京区・クスノキ
・鉾杉
実・五穀
・チキュウカン
・レモン
薬 草
・ウコン
・トウゴマ
公園・庭園
・中国庭園
・龍潭寺・庭園
管理人
・リンク集

数寄屋橋公園 「君の名は」   東京都中央区
数寄屋橋公園、像は岡本太郎作
数寄屋橋公園 菊田一夫の筆になる碑
 数寄屋橋は寛永6年(1629年)江戸城外郭見附として架けられ、橋の有楽町側に南町奉行所があった。関東大震災後、近代的な美観の石橋に架け替えられ、以来銀座の入口として親しまれてきた。今は首都高速と地下鉄に上下を挟まれ橋の姿も消え、かって「君の名は」で人気となったが今は橋もない。原作者菊田一夫の筆になる「数寄屋橋此処にありき」と刻んだ碑が立っている。小さな公園である。
 最初どこにあるのかわからなかったので交番で聞く。するとすぐそばの小さな公園だと教えてくれた。目と鼻の先くらいであった。その場所は通ったのだが、まさかここが数寄屋橋公園とは夢にも思わなかった。それくらい小さな公園であった。
 公園に立つ像は、岡本太郎作、昭和41年(1966)建立。数寄屋橋ライオンズクラブの結成記念として岡本太郎氏に製作を依頼。「太陽の塔」の小型版である。
 数年後に再び訪れる。冬の夕暮れ時に近い時刻であった。下の画像がその時の様子である。
数寄屋橋公園
数寄屋橋公園 数寄屋橋公園
数寄屋橋公園 数寄屋橋公園
数寄屋橋の碑> 
 寛永六年(西暦一六二九年)江戸城外廊見附として数寄屋橋が初めて架けられた時は幅四間長三間の木橋であった 橋名は幕府の数寄屋役人の公宅が門外にあったのに依るという見附の城門枡形は維新の際に撤去され ついで大正大震災後の復興計画によって完成を見た近代的美観を誇る石橋が銀座の入口を扼することヽなった 爾来三十年首都交通の激増はこの界隈を更に変貌させた外壕上を高架車道が地下には地下鉄が走るようになって橋も姿を消し こヽは渾然たる大銀座の一劃となった 本会は茲に旧橋の遺材を以て碑を建て感慨深い東京文化の変遷を偲ぶよすがとした  一九五九年四月   数寄屋橋公園美化協力会
北海道
元町公園 大通公園
東北
もみじ公園 弘前公園 千秋公園
関東
横浜 山下公園 三ツ池公園 港の見える丘公園 根岸森林公園
東京 浜町公園 佃公園 皇居外苑 曳舟川親水公園
江戸川公園 新宿中央公園 六義園 北の丸公園
浜離宮庭園 上野公園 小石川後楽園 中の島公園
堀切菖蒲園 西日暮里公園 日比谷公園 清澄庭園
高橋是清記念公園 数寄屋橋公園 代々木公園 有栖川宮記念公園
礫川公園 岡倉天心記念公園
箱根美術館・庭園 強羅公園 成田山公園
甲信越
リリーパーク
東海
浜松 曲水庭園 モネの庭 浜松フラワーパーク 浜松市フルーツパーク
花菖蒲園 浜名湖ガーデンパーク 和敬清寂 浜松城公園日本庭園
気賀本陣前公園 龍潭寺・庭園
名古屋 東谷山フルーツパーク ブル−ボネット 名古屋セントラルパーク
つぐ高原グリーンパーク 安城デンパーク なばなの里 花フェスタ記念公園 修善寺自然公園
河津バガテル公園 清水邸庭園 新居文化公園 国営木曽三川公園 クレマチスの丘
北陸
兼六園
近畿
神戸 神戸須磨離宮公園 布引ハ−ブ園 神戸フルーツフラワーハ°ーク 神戸森林植物園
京都 しょうざん庭園 京都御苑 渉成園 京都府立植物園
西明寺・蓬莱庭 天龍寺・曹源池 平安神宮・神苑 二条城二の丸庭園
東福寺・八相の庭
山田池公園 兵庫フラワ−センタ− 北山緑化植物園
中国
岡山後楽園
九州
仙巌園(磯庭園) 水前寺公園 大濠公園

国際庭園
コリア庭園 中国庭園new イタリア庭園 アメリカ庭園 イギリス庭園
インド庭園 オーストリア庭園 ドイツ庭園 ネパール庭園 トルコ庭園
ベリーズ庭園 ハンガリー庭園 韓国庭園


Google
WWW を検索 花紀行・花おりおり を検索

「花紀行・花おりおり」の画像を利用したい場合は「」より連絡してください。

Copyright(c) 2002-2017 uchiyama.info group All Rights Reserved.