花博写真紀行 トップページへ  「花博・モザイカルチャー博」の写真と動画


花 博 @
・ミズカンナ
・ホテイアオイ
花 博 A
・サラセニア
・紅藤
花 博 B
・カノコユリ
・絵の具
モザイカルチャー博
・松
・カモの里帰り
管理人
・管理人備忘録

イポメア
イポメア
イポメア イポメア
イポメア イポメア
 イポメアはヒルガオ科サツマイモ属(Ipomoea)で、熱帯から温帯に広く分布する。ツル性植物で地下に塊根を作る。属名は、その塊根がイモムシに似ることから、ギリシャ語の「ipos(いもむし)」と「homoios(類似)」の2語を組み合わせて付けられた。属名は”イポモエア”が正しい読み方だが、一般には”イポメア”と呼ばれる。
 この属の植物は大きな花を咲かせるため観賞用に栽培されることも多く、日本ではアサガオがよく知られている。塊根は食用として重宝され、この属の和名にもなっているサツマイモは代表的な食用作物です。
薬用として渡来したアサガオ
 アサガオは奈良時代に中国から日本へ持ち込まれたとされており、当時は「けにごし」と呼ばれていた。漢方薬ではアサガオの種子は下剤に用いるが、日本へも薬用としてやってきたようです。それが栽培されるうち、徐々に花を観賞するようになっていったと考えられる。
江戸時代に発展したアサガオ
 江戸時代には花や葉が変異した「変化アサガオ」が大きく発展し、江戸の後期から幕末にかけてその栽培が大流行した。明治以降は栽培に手間のかかる変化アサガオはすたれていき、花の豪華さを求めて大輪アサガオの栽培が盛んになっていったが、各地で独特の仕立てや鑑賞法が考案され、現在まで受け継がれるものもある。
 近年、アメリカアサガオやマルバアサガオなども普及し、アサガオとそれらとの種間交配から新たな園芸品種も作出されている。 
イポメア・テラスライム イポメア・テラスライム
イポメア・テラスライム
イポメア・テラスライム
 イポメア・テラスライムは、グランドカバーやハンキング、寄せ植えの素材として植えられる。花は目立たないが、アサガオに似ている。
地図
浜名湖花博 2004
アリウム アマリリス オトメユリ アスター アサガオ
アルバ アイスランドポピー アネモネ アグロステンマ 青いバラ
イポメア エビネ エランテムム エピデンドラム オダマキ
オミナエシ
カンナ ガーベラ ガマノホ キキョウ キンギョソウ
キングプロテア キバナコスモス クレマチス クレオメ クルクマ
クルメケイトウ 黒ダリア グンバイヒルガオ グレビレア グンネラ
グラジオラス・レイラ コリダリス コルチカム カッシア
サワギキョウ サルビア・コツキネア サルビア・ウリギノサ サンジャクバーベナ シャクヤク
シクラメン シラタマホシクサ 食虫植物 食用カンナ ジニア
ジャーマンアイリス
タチアオイ 多肉植物 ダリア チューリップ デルフィニウム
デージー トルコギキョウ トレニア トサカケイトウ トリトマ
ナデシコ ニューサイラン ネモフィラ ネコノヒゲ 熱帯スイレン
ノゲイトウ
ハツユキソウ ハマユウ ハナスベリヒユ ハス ハイブリッドユリ
花菖蒲 パンジー パンパスグラス パラグァイオニバス ヒメシャガ・シャガ
ヒマラヤユキノシタ ヒマ ブッドレア ペチュニア ペンタス
ペニセツム・セタケウム ホテイアオイ ポピー ボタンクサギ ヘディキウム
マンデヴィラ ミズカンナnew ミヤコワスレ ミソハギ モッコウバラ
モモイロタンポポ
ヤブラン ヤナギトウワタ ヤリゲイトウ ユーフォルビア・ラクティ ユウゼンギク
ラン ランタナ リナリア リューコスペルマム ルピナス
ロベリア

花博会場
いろどり運河 さざなみ橋 やすらぎ橋 しおみ橋 パレード
モネの池 国際庭園 正面ゲート前 竹アーチ 富士山
トピアリー 花博の夏 花博の秋 いろどりクルーズ 花博キャラクター
竹のオブジェ 花博最終日


Google
WWW を検索 花博写真紀行 を検索

「花博写真紀行」の画像を利用したい場合は「」より連絡してください。

Copyright(c) 2004-2017 uchiyama.info All Rights Reserved.