ヨーロッパ写真紀行 トップページへ ノルウェー写真紀行
ヨーロッパの自然・建築・街角などの写真と動画


東 欧
ポーランドリトアニアラトビアエストニア
中 欧
オーストリアハンガリーチェコスロバキア
西 欧
ドイツフランススイスイギリスモナコ
南 欧
スペインイタリアバチカン市国ポルトガル
北 欧
フィンランドスウェーデンノルウェーデンマーク
管理人
機内食リンク集番外編

スターヴ教会 ソグネフィヨルド
ボルグン・スターヴ教会
ボルグン・スターヴ教会 ボルグン・スターヴ教会
ボルグン・スターヴ教会 ボルグン・スターヴ教会
ボルグン・スターヴ教会
 ここボルグン教会のための木材は1180年に伐採され、その後まもなく教会が建てられた。腕利きの経験豊かな旅の職工たちの手で、この複雑な建造物が造られた。
 スターヴ教会は世界の遺産へのノルウェー独特の貢献です。ほとんどがおよそ1130年から1350年の間に建てられ、1349年のペスト流行によって建築に終止符が打たれた。他のヨーロッパ諸国にも似たような教会が存在したが、今も残っているのはノルウェーのみです。約1000あったスターヴ教会のうちわずか28軒が現存し、ボルグンは建てられた当時の姿を最もよくとどめている。(ボルグン・スターヴ教会は1877年に遺産保護協会に買収された)
遺産保護協会
 ノルウェー遺産保護協会は1844年に設立され、国家の文化財の保護と、その価値に対する関心や理解の促進を目指している。
ボルグン・スターヴ教会
 スターヴ教会が建てられた時代、既に木造建築の長い伝統があった。ヴァイキング期は終わっていても、ノルウェー人はなおも航海民族だった。海外の教会建築から得た着想と地元の伝統が結びついた。
 ボルグン・スターヴ教会は、材木の土台が石の礎に埋まっているおかげで時がもたらす老廃に耐えてきた。木材が地面に直接触れないので腐らないのです。
 材木は根をつけたまま乾かされ、幹の表面にタールが滲み出た。そして、伐採後に形成された。一つのスターヴ教会は2000組もの木材から成っている。
 この頑丈な骨組みは地面の上で組み立てられ、おそらく長い棒でまっすぐに引き上げられた。
ノルウェー
オスロ フログネル公園 国立美術館 市庁舎 路面電車
軌道 カールヨハン通り 街角 建物
オスロ市内@ オスロ市内A
大型客船 オスロ港 SEAWAYS SEAWAYS・船内 SEAWAYS・船旅@
SEAWAYS・船旅A SEAWAYS・船旅B
ベルゲン ベルゲン空港 オープンサンド ベルゲン港@ ベルゲン港A
魚市場@ 魚市場A オープンカフェ 民家
ケーブルカー(上り) ケーブルカー(下り) ベルゲンの眺望@ ベルゲンの眺望A
街並み 路面電車 トロリーバス 街灯
ブリッゲン ブリッゲン内部 最古の建物 ブリッゲンの旗
街角@ 街角A 人形 観光列車
通り ショップ 岸壁
ソグネ    フィヨルド クルーズ@ クルーズA クルーズB
展望台@ 展望台A ラルダール ラルダールトンネル
スターヴ教会 オスロへの道風景@ オスロへの道風景A オスロへの道風景B
ハダンゲル  フィヨルド フィヨルドへの道@ フィヨルドへの道A スタインダールの滝 吊り橋
フェリー ホテル ウーレンスバング ウーレンスバングの食
ハダンゲルフィヨルド@ ハダンゲルフィヨルドA ハダンゲルフィヨルドB ベルゲン鉄道@
ベルゲン鉄道A
フロム鉄道 フロム鉄道@ フロム鉄道A フロム鉄道B ショースの滝@
ショースの滝A フロム鉄道駅
ボス ボスへの道風景 ボスからの景観 ボス教会 市街
ボス駅
モッツンド オーロラ


Google
WWW を検索 ヨーロッパ写真紀行 を検索


「ヨーロッパ写真紀行」の画像を利用したい場合は「」より連絡してください。
Copyright(c) 2008-2017 uchiyama.info group All Rights Reserved.