京都「町家小路」写真紀行   京都「町家小路」を写真と文で紹介

町家小路・東西路
・寺之内通
・上御霊前通
・鞍馬口通
・今宮通
・綾小路通
・一条通
・押小路通
・下立売通
・錦小路通
・元誓願寺通
・五辻通
・今出川通
・三条通
・姉小路通
・上立売通
・新橋通
・蛸薬師通
・二条通
・竹屋町通
・武者小路通
・仏光寺通
・六角通
・椹木町通
・八坂通
・花屋町通
・松原通
・正面通
・東寺通
町家小路・南北路
・車屋町通
・御幸町通
・堺町通
・寺町通
・富小路通
・木屋町通
・柳馬場通
・麸屋町通
・智恵光院通
・間之町通
・高倉通
・東洞院通
・室町通
・花見小路通
・醒ヶ井通
・西洞院通
・小川通
・堀川通
・油小路通
・新町通
・御前通
・浄福寺通
・千本通
・大宮通
・衣棚通
・釜座通
・両替町通

・坊城通
暖簾(のれん)
リンク集 

綾小路通 平安時代からの通り   京都市下京区
綾小路通・杉本家住宅
 四条通りの南側を東西に走る綾小路通を歩く。藤井大丸の角を南に進み、京都大神宮前を西に向かって歩いていく。綾小路通の印象の1枚は?と問われれば「杉本家住宅」である。(上画像)この堂々たる建物のもつ輝き、佇まいに惹きつけられた。町家として京都で最大規模の建物である。
綾小路通 綾小路通
綾小路通 綾小路通
 車1台がやっと通れるくらいの通りを歩いていくと、なにやら様々な物を並べ立てている店がある。町家とは程遠い雰囲気ではあるが、なぜか振り返りたくなる。
 高倉通を過ぎると小さな神社がある。神明神社である。入口付近は提灯が飾られ人目を惹く。奥に(奥と行ってもすぐそこである)説明版がある。それによると御所に現れた怪物の鵺(ぬえ)を源頼政が退治した。その際に使った矢じりを奉納したということである。 
綾小路通 綾小路通
 烏丸通の手前まで進む。老舗の雰囲気が漂う寛政元年創業とかかれたのれんのかかる田中長奈良漬店の店先、道の向こう側にある住宅。
綾小路通 綾小路通
 烏丸通を渡り西に進む。右手に大原神社、出世・縁結びの神社である。左手には本居宣長先生修学之地の石碑がある。本居宣長は、宝暦2年(1752)に上京し、堀景山に儒学を、武川幸順に医学を学んでいる。
綾小路通・杉本家住宅 綾小路通・杉本家住宅
杉本家住宅> 
 杉本家は、寛保3年(1743)以降「奈良屋」という屋号で呉服店を営んでおり、当初は四条烏丸付近にあったが、その後明和4年(1767)に現在地へ移ってきた。また、かつては西本願寺の勘定役を務めていたと伝える。
 現在の主屋は元治の大火後に再建されたもので、棟札によれば明治3年(1870)4月23日に上棟されている。このときの当主は第6代新左衛門為賢、棟梁は菱屋利三郎と近江屋五良右衛門であった。主屋の北寄り、鍵型に並ぶ大蔵・隅蔵・中蔵は建築年代が不明であるが、元治の大火には焼け残ったと伝える。
 主屋は、表通りに面する店舗部と裏の居室部を取合部でつなぐ表屋造りの形式となっている。町家としては市内では最大規模に属し、各1間半の床と棚を装置したザシキや独立して設けられたブツマ、かなり広いダイドコなどにその特色がみられる。また、主屋だけでなく土蔵も残り、内部が一部改造されているものの全体としては保存状況は良好で、下京における大店の建築遺構としてその価値は極めて高い。
 なお、祇園祭においてこの住宅は当町伯牙山のお飾り場となっている。(京都市指定有形文化財。最上段の画像も杉本家住宅)
綾小路通 綾小路通
綾小路通・光縁寺 綾小路通・新撰組之墓
 堀川通を渡ると道が細くなる。雨も降り出し道が湿っている。大宮通を過ぎると右手に法善寺、光縁寺と続く。光縁寺の門前に新撰組之墓の石碑が立っている。午後5時で閉門のため入ることはできなかった。
綾小路通・旧前川邸 八木邸
八木邸 坊城通・壬生寺
 坊城通と交差するところにある旧前川邸、八木邸。ともに新撰組の屯所となった屋敷である。八木邸で近藤勇らが芹沢鴨を暗殺している。旧前川邸を左折して坊城通を少し進むと新撰組ゆかりの壬生寺がある。 

大きな地図で見る


Google
WWW を検索 京都「町家小路」 を検索

「京都「町家小路」写真紀行」の画像を利用したい場合は「」より連絡してください。

Copyright(c) 2004-2017 写真紀行 All Rights Reserved.