京都「町家小路」写真紀行   京都「町家小路」を写真と文で紹介

東西路
・寺之内通
・上御霊前通
・鞍馬口通
・今宮通
・綾小路通
・一条通
・押小路通
・下立売通
・錦小路通
・元誓願寺通
・五辻通
・今出川通
・三条通
・姉小路通
・上立売通
・新橋通
・蛸薬師通
・二条通
・竹屋町通
・武者小路通
・仏光寺通
・六角通
・椹木町通
・八坂通
・花屋町通
・松原通
・正面通
・東寺通
南北路
・車屋町通
・御幸町通
・堺町通
・寺町通
・富小路通
・木屋町通
・柳馬場通
・麸屋町通
・智恵光院通
・間之町通
・高倉通
・東洞院通
・室町通
・花見小路通
・醒ヶ井通
・西洞院通
・小川通
・堀川通
・油小路通
・新町通
・御前通
・浄福寺通
・千本通
・大宮通
・衣棚通
・釜座通
・両替町通

・坊城通

暖簾(のれん)
南北路
・花見小路通
・寺町通
・麩屋町通
・柳馬場通
・車屋町通
・木屋町通
・御幸町通
・富小路通
・堺町通
・室町通
管理人
リンク集 

今宮通 賀茂街道と千本通を結ぶ   京都市北区
今宮通・今宮神社
 賀茂川に沿って走る賀茂街道と千本通を結ぶ通り。大徳寺の北側を通り、通りの西側に今宮神社がある。今宮通の中心は今宮神社である。今宮神社東参道から西側を見る。落ち着いた雰囲気で心和らぐ。門を出た所には、名物「あぶり餅」を売る店がある。あぶり餅は、餅を親指大にちぎって、きな粉をまぶしそれを竹串にさしあぶったものです。今宮神社参拝の帰りに「あぶり餅」を食べ、疫病除けをする習わしとなって伝わっている。
今宮通・賀茂川 今宮通・賀茂川
賀茂街道 今宮通
 賀茂川から賀茂街道を横切り今宮通を西に進む。
今宮通 今宮通
今宮通 今宮通
 新しい建築スタイルの住宅の中に、所々ではあるが伝統的スタイルの住宅も見ることができる。
今宮通 今宮通
 商店街には活気があり、思わず引き込まれそうになる。
大徳寺土塀 大徳寺土塀
 大徳寺の北側を歩く。土塀が続く。よく見ると特徴ある土塀である。思わず次は何があるのだろうと興味を引く。
今宮神社 今宮神社
今宮神社 今宮神社
今宮神社
 大己貴命(おおなむちのみこと)、事代主命(ことしろぬしのみこと)、奇稲田姫命(くしいなだひめのみこと)の三柱を祀る神社で正歴5年(994)に船岡の上に創立されたといわれ、疫病の神として信仰が厚い。一条天皇は疫病鎮めのために御霊会を修せられ、長保3年(1001)に初めてこの三柱を現地に勧請せられた。
 本殿は明治35年(1902)の再建で、その西にある疫神社は本社が鎮座される以前からあったといわれ、素盞嗚尊(すさのおのみこと)を祀る。
 今宮の名は、この古い疫神社に対し、新しい宮を意味する名称である。
 なお、4月第2日曜、当社で行う「安良居祭」(やすらいまつり)は桜の開花の頃に行う病鎮めの祭事であり、京都の奇祭の一つとして知られている。
 今宮神社に参拝し、千本通まで歩く。ここで今宮通の散策を終わる。 

大きな地図で見る


Google
WWW を検索 京都「町家小路」 を検索

「京都「町家小路」写真紀行」の画像を利用したい場合は「」より連絡してください。

Copyright(c) 2004-2017 uchiyama.info All Rights Reserved.