京都「町家小路」写真紀行   京都「町家小路」を写真と文で紹介

東西路
・寺之内通
・上御霊前通
・鞍馬口通
・今宮通
・綾小路通
・一条通
・押小路通
・下立売通
・錦小路通
・元誓願寺通
・五辻通
・今出川通
・三条通
・姉小路通
・上立売通
・新橋通
・蛸薬師通
・二条通
・竹屋町通
・武者小路通
・仏光寺通
・六角通
・椹木町通
・八坂通
・花屋町通
・松原通
・正面通
・東寺通
南北路
・車屋町通
・御幸町通
・堺町通
・寺町通
・富小路通
・木屋町通
・柳馬場通
・麸屋町通
・智恵光院通
・間之町通
・高倉通
・東洞院通
・室町通
・花見小路通
・醒ヶ井通
・西洞院通
・小川通
・堀川通
・油小路通
・新町通
・御前通
・浄福寺通
・千本通
・大宮通
・衣棚通
・釜座通
・両替町通

・坊城通

暖簾(のれん)
南北路
・花見小路通
・寺町通
・麩屋町通
・柳馬場通
・車屋町通
・新町通
・小川通
・木屋町通
・御幸町通
・富小路通
・堺町通
・室町通
・西洞院通
管理人
リンク集 

木屋町通 高瀬川とともに歩む   京都市中京区
木屋町通
高瀬川 高瀬川
 江戸時代の初めに、高瀬川の開削に併せて造成された通り。諸国から薪、炭、材木等大量の物資が運び込まれ、道筋にこれらを商う店が軒を連ねたことから、木屋町通と呼ばれるようになった。高瀬川沿いに道が続く。
木屋町通・瑞泉寺 瑞泉寺・豊臣秀次一族の墓所
 豊臣秀次一族の菩提寺である瑞泉寺がある。豊臣秀次は秀吉の姉「とも」の子として生まれた。実子に恵まれなかった秀吉に請われて秀吉の養子となった。ところが、淀君に秀頼が生まれてから次第に疎まれ、謀反の罪状のもと高野山青厳寺にて自刃させられた。一族は三条河原の刑場にて処刑された。遺骸は刑場に掘られた大穴に投げ込まれ、跡には四角錐の大きな塚が築かれた。そして、その塚の頂上に秀次の首を納めた「石びつ」を据え、三条大橋を渡る人々への見せしめとした。
 瑞泉寺の本堂は、その塚の位置に建立されており、当時の「石びつ」は境内にある現在の墓域に移されて、今は石塔の中央部に奉安されている。
 秀次一族の処刑後、墓の荒れ様を憂いた角倉了以が桂叔和尚と計り、菩提を弔うために瑞泉寺を建立した。
 この付近の木屋町通りは飲食店が立ち並び非常に賑わっている。こんな一角にひっそりと立っている秀次一族の墓所を見ると、戦国の悲哀、悲しみがこみ上げてくる。
武市半平太(瑞山)の寓居跡 佐久間象山・大村益次郎遭難之地の石碑
 三条大橋につながる三条通りを横切って進む(北上する)と、右側に「武市半平太(瑞山)の寓居跡」を示す石碑、さらに少し進むと左側に高瀬川の対岸に「佐久間象山・大村益次郎遭難之地の石碑」がある。武市半平太は土佐勤皇党を率い尊皇攘夷運動を行った人物である。すぐ隣には吉村寅太郎の寓居跡の石碑もある。吉村寅太郎も坂本龍馬らとともに活躍した人物である。佐久間象山は、尊王攘夷派の刺客によって暗殺されている。
 幕末維新の志士たちがこの辺りで活躍していたことを彷彿させてくれる景観である。
加賀藩邸跡 加賀藩邸跡
 高瀬川の西側、河原町通にいたる間は、江戸時代、加賀藩(石川県)の藩邸があった。藩邸が初めて置かれたのは、江戸初期で、古絵図には高瀬川の橋に、加賀橋の名が残っている。藩邸には留守居役が詰め、町人の御用掛を指名して、各種の連絡事務に当たった。
 加賀藩は江戸時代外様の最大の大名で、百二万七千石。前田家が代々藩主。幕末の加賀藩は、激動する政局の中で活躍することは少なかった。五代綱紀は学問芸術を愛好して文治政治を行った英主で、東寺の古文書を整理するなど京都との関係は深く、この伝統はその後も受け継がれた。この藩邸は、こうして文化的に京都と加賀を結びつける大きな役割を果たした。
高瀬川・一之船入 高瀬川・一之船入
 高瀬川の象徴とでもいえる「一之船入」が道沿いに見える。
高瀬川の水運
 京都は古代・中世を通して日本最大の都市であり、経済・文化の中心であった。この情況は近世に入っても変わらなかったが、内陸部に位置していたため、交通運輸の面で大きな隘路を抱えていた。これを打開するために開発されたのが、大量輸送を目的とした、伏見・二条間をつなぐ高瀬川水運であった。その計画と施工者は著名な嵯峨の豪商、角倉了以である。
 この交通大動脈の完成は、京都を大阪より直接水運で結ばせることになり、近世京都の経済発展を支える基となった。この高瀬川の全長は、5648間2尺(約11.1q)、川幅平均4間(約8m)をはかり、水路にそって9ヵ所の船入が設置された。総工費は7万5千両を要した。
角倉氏別邸跡 島津製作所創業の地
島津製作所創業の地の碑。背後の建物は明治中期の島津製作所の事業場 島津創業記念資料館
 高瀬川一之船入のすぐ先に、島津製作所創業の地の石碑がある。
創業碑
 この付近一帯は、わが国近代科学技術発祥の地の一つにあげられている。
 明治の初期ここ「一之船入」は高瀬舟の終着地として交通の要衝であり、二条通りを隔てて東北に京都舎密局(今でいう工業試験場)が、南には勧業場、栽培試験所、西には織殿(現日本銀行京都支店)と、当時最新の西欧文化を取り入れた理化学工芸を中心とする殖産施設が設けられ、近代科学技術の波紋を全国へ広げていった拠点である。
 明治8年(1875)島津製作所の創業者初代島津源蔵はこの地を選んで、わが国で初めて理化学器械製造の業を興し、2代目島津源蔵(蓄電池製造法の発明で十代発明家の一人に選ばれる)がこれを継いだ。父子は「科学立国」の情熱を燃やし、理化学器械の製造や、新技術、新製品の開発を通じてわが国科学技術の発展に尽くした。今日の島津製作所の始めである。
 碑は昭和13年(1938)初代源蔵生誕100年にあたり島津製作所ゆかりの人たちが先覚者への思慕と事業の発展を祈念してここ創業の地にこれを建てた。 
 
 ノーベル化学賞を受賞した田中耕一さんは島津製作所で仕事をしているんだと改めてこの碑文を読み返した。
木屋町通・納涼床 木屋町通の表示
 高瀬川を眺めながら歩いてきた木屋町通も二条通(二条大橋付近)で終わる。木屋町通の歴史もまさに高瀬川とともに進んできたんだなと実感した。歴史の悲哀、幕末の志士、開拓者たちなどずっしりと重い充実した木屋町通の散策であった。 

大きな地図で見る


Google
WWW を検索 京都「町家小路」 を検索

「京都「町家小路」写真紀行」の画像を利用したい場合は「」より連絡してください。

Copyright(c) 2004-2017 uchiyama.info All Rights Reserved.