京都「町家小路」写真紀行   京都「町家小路」を写真と文で紹介

東西路
・寺之内通
・上御霊前通
・鞍馬口通
・今宮通
・綾小路通
・一条通
・押小路通
・下立売通
・錦小路通
・元誓願寺通
・五辻通
・今出川通
・三条通
・姉小路通
・上立売通
・新橋通
・蛸薬師通
・二条通
・竹屋町通
・武者小路通
・仏光寺通
・六角通
・椹木町通
・八坂通
・花屋町通
・松原通
・正面通
・東寺通
南北路
・車屋町通
・御幸町通
・堺町通
・寺町通
・富小路通
・木屋町通
・柳馬場通
・麸屋町通
・智恵光院通
・間之町通
・高倉通
・東洞院通
・室町通
・花見小路通
・醒ヶ井通
・西洞院通
・小川通
・堀川通
・油小路通
・新町通
・御前通
・浄福寺通
・千本通
・大宮通
・衣棚通
・釜座通
・両替町通

・坊城通

暖簾(のれん)
南北路
・花見小路通
・寺町通
・麩屋町通
・柳馬場通
・車屋町通
・新町通
・小川通
・木屋町通
・御幸町通
・富小路通
・堺町通
・室町通
・西洞院通
管理人
リンク集 

武者小路通 無車小路通   京都市上京区
武者小路通
 小川通から烏丸通までの短い通りで、無車小路通とも呼ばれる。通りに掲げられている町の表示に西無車小路町とあった。小川通から東に向かって烏丸通まで歩く。茶道家元の武者小路千家、千家十職の中村宗哲の屋敷がある。
武者小路通・官休庵 武者小路通・官休庵
 武者小路通の中心的な官休庵がある。官休庵の名前の由来は、仕官を休むという意味だそうである。
官休庵庭園
 官休庵は三千家の一つ、武者小路千家の祖、一翁宗守が寛文7年(1667)に讃岐(香川県)高松藩松平家の茶堂を辞し、官を退いたときに建てたと伝えられる茶室である。創立後3度の火災に遭ったが、そのつど再建され、明治14年(1881)にほぼ現在見られる姿となった。
 敷地内には官休庵の他に半宝庵、環翠園、祖堂、弘道庵などの茶座敷があり、様々な方法で利用されている。
 露地は飛石やつくばいを巧みに配置し、各茶座敷をつなぐとともに、茶座敷からの鑑賞にも対応する造りとなっている。
 また内露地と外露地を結ぶ「編笠門」と、この門の雨落の仕切に並べてある池田炭は、斬新なアイディアで、本庭園の中でも特に著名なものである。本庭園は、創設以来の伝統的な手法と、斬新なデザインを合わせ持つ点で貴重なものである。 
武者小路通 武者小路通
武者小路通 武者小路通
 落ち着いた通りで、生け垣沿いに風情ある町家が建つ。
武者小路通 武者小路通
武者小路通 武者小路通
 狭い小路だが、道の脇にはお地蔵さんが祀られている。上の祠は乾向(いぬいむき)地蔵尊である。
武者小路通 武者小路通
 武者小路通は500mぐらいなのであっという間に烏丸通に出てしまう。茶道・千家に代表される通であった。 

大きな地図で見る


Google
WWW を検索 京都「町家小路」 を検索

「京都「町家小路」写真紀行」の画像を利用したい場合は「」より連絡してください。

Copyright(c) 2004-2017 uchiyama.info All Rights Reserved.