京都「町家小路」写真紀行   京都「町家小路」を写真と文で紹介

東西路
・寺之内通
・上御霊前通
・鞍馬口通
・今宮通
・綾小路通
・一条通
・押小路通
・下立売通
・錦小路通
・元誓願寺通
・五辻通
・今出川通
・三条通
・姉小路通
・上立売通
・新橋通
・蛸薬師通
・二条通
・竹屋町通
・武者小路通
・仏光寺通
・六角通
・椹木町通
・八坂通
・花屋町通
・松原通
・正面通
・東寺通
南北路
・車屋町通
・御幸町通
・堺町通
・寺町通
・富小路通
・木屋町通
・柳馬場通
・麸屋町通
・智恵光院通
・間之町通
・高倉通
・東洞院通
・室町通
・花見小路通
・醒ヶ井通
・西洞院通
・小川通
・堀川通
・油小路通
・新町通
・御前通
・浄福寺通
・千本通
・大宮通
・衣棚通
・釜座通
・両替町通

・坊城通

暖簾(のれん)
南北路
・花見小路通
・寺町通
・麩屋町通
・柳馬場通
・車屋町通
・新町通
・小川通
・堀川通
・木屋町通
・御幸町通
・富小路通
・堺町通
・室町通
・西洞院通
・醒ヶ井通
管理人
リンク集 

新橋通 祇園情緒   京都市東山区
新橋通
新橋通 新橋通
新橋通 新橋通
 祇園辺りで最も祇園情緒にあふれている通り。四条大橋から鴨川沿いに北に向かい、「せせらぎの道」の表示のあるところから右に折れ東に新橋通、白川南道を歩く。
 石畳の道、江戸から明治にかけてのお茶屋、旅館の建物、特に白川に架かる巽橋付近の景観に心惹かれる。 
新橋通 新橋通
新橋通 新橋通・祇園辰巳ネクサス
祇園新橋重要伝統的建造物保存地区 
 この界隈は京洛の文化史に欠かせない祇園発祥の地である。約340年前の寛文10年(1670)祇園社領の中の弁財天町等の外六町正徳2年(1712)元吉町、末吉町等の内六町が開かれ今日まで一貫して繁栄してきた。
 その間、江戸時代の町民の大衆文化の浮世草子、浄瑠璃、歌舞伎、音曲の舞台となり絢爛豪華を極め、今も伝統芸能として継承発展している。
 現在では、白川が流れ町家造りの軒を連ねる新橋地区に限られ建築学上からも重要な文化財とされている。
 この建物は元は井筒屋というお茶屋で幕末には長州藩士高杉晋作が芸妓小梨花と遊んだという口碑を伝えている。「なによくよくよ川端柳、水のながれを見て暮らす」などと三味線に合わして遊んだのでしょうか。
新橋通 新橋通
新橋通 新橋通
 平成元年(1989)11月14日、京都市長より市制百年を祝し、第1回京都市都市景観賞を受賞(地域の町並みと共存・共栄を最優先に考え文化の香り高い建造物としての評価)
 毎年6月第1日曜日正午、比叡山明王堂大阿闍梨が切廻りの途中「辰巳神社」に立ち寄り。「放生会」の行事を行う。(放生会とは日々殺生がごとが多い我々の供養)この建物は放生会の行事が行われる際の御旅所になる。(ネクサス)
白川 白川
白川 白川
 白川に沿って続く白川南道の一角に「かにかくの碑」がある。「かにかくに祇園は恋し寝るときも 枕の下を水の流るる」
新橋通 新橋通
 巽橋から西を見る。右手の通りが新橋通、左手の通りが白川南道、間に挟まっているのが辰巳神社になる。
智慧の道 智慧の道
知恩院 知恩院
 新橋通はやがて東大路道に出る。交差点を渡ると知恩院への道になる。祇園からはここで離れる。この道は「智慧の道」と命名されている。
智慧の道
 親しみ慕われる知恩院への道。それは法然さまに出会う道。そして、お念仏のみ教えをいただく仏さまの智慧をいただいて、老若男女すべての人が、明るく正しく仲よく生きることに通じる道。人生の疲れを癒し、生きる尊さ、喜びを素直にいただくことができる道。それがこの道。智慧の道。(説明文) 

大きな地図で見る


Google
WWW を検索 京都「町家小路」 を検索

「京都「町家小路」写真紀行」の画像を利用したい場合は「」より連絡してください。

Copyright(c) 2004-2017 uchiyama.info All Rights Reserved.