京都「町家小路」写真紀行   京都「町家小路」を写真と文で紹介

東西路
・寺之内通
・上御霊前通
・鞍馬口通
・今宮通
・綾小路通
・一条通
・押小路通
・下立売通
・錦小路通
・元誓願寺通
・五辻通
・今出川通
・三条通
・姉小路通
・上立売通
・新橋通
・蛸薬師通
・二条通
・竹屋町通
・武者小路通
・仏光寺通
・六角通
・椹木町通
・八坂通
・花屋町通
・松原通
・正面通
・東寺通
南北路
・車屋町通
・御幸町通
・堺町通
・寺町通
・富小路通
・木屋町通
・柳馬場通
・麸屋町通
・智恵光院通
・間之町通
・高倉通
・東洞院通
・室町通
・花見小路通
・醒ヶ井通
・西洞院通
・小川通
・堀川通
・油小路通
・新町通
・御前通
・浄福寺通
・千本通
・大宮通
・衣棚通
・釜座通
・両替町通

・坊城通

暖簾(のれん)
東西路
・押小路通new
南北路
・花見小路通
・寺町通
・麩屋町通
・柳馬場通
・車屋町通
・新町通
・小川通
・堀川通
・木屋町通
・御幸町通
・富小路通
・堺町通
・室町通
・西洞院通
・醒ヶ井通
管理人
リンク集 

寺町通 豊臣秀吉の京都大改造により修復・再生された通り   京都市中京区
寺町通
寺町通 寺町通
 寺町通りは、平安京のほぼ東京極大路に当たり、南北を通貫していた。中世には、戦乱によって衰退していたが、天正18年(1590)から始まる豊臣秀吉の京都大改造によって、道路が修復・再生された。主として、洛中に散在していた諸寺院が、この通りの東側に強制的に移転させられたので、「寺町」の名が付けられたが、西側には多くの商店が軒をつらねた。数珠屋、位牌屋、石塔屋、仏師、書店、筆屋、楽器屋、人形屋、紙表具屋、扇屋、白粉屋など、宗教・文具・装飾関係の店があり、多くの人々を誘った。
 京都御所北側を東に進み、交差点を右折して寺町通に入る。南北道路なので南下する。しばらく歩いていくと犬が道路の真ん中を悠然と歩きながら進んでくる。車もほとんど入ってこない。京都は大都会だが、こんな田舎的な光景に見とれてしまう。犬が通りすぎないうちに急いでシャターを押す。
盧山寺 盧山寺
 静かな通りを進んでいくと左手に盧山寺(ろさんじ)が見えてくる。ここには紫式部の邸宅があったことがわかった。境内には紫式部の石碑がある。節分会の鬼の法楽と呼ばれる悪疫退散の行事が有名である。日本盧山と号する円浄宗の大本山であり、正式には盧山天台講寺という。この寺の真向かいに梨木神社がある。
梨木神社 梨木神社・染井の井戸
 梨木神社は三条実萬とその子実美を祀る。境内にある「染井の井戸」は、京都三名水(醒ヶ井、県井、染井)の一つで、水を求める人が続く。散策中の身にはありがたい。さっそくいただく。口中が爽やかになる。水を飲んで一休みする。
清和院御門 新島襄旧邸・奥の2階建ての建物
 梨木神社を出るとすぐ右手に清和院御門が現れる。門の手前にやや広いスペースがあり、ジョッギングを始める人から終わった人が10人程度固まっている。いずれも中年以降の方々だった。
新島襄旧邸>京都市指定有形文化財
 新島襄旧邸は、同志社の創立者新島襄の自邸として建設されたもので、明治11年(1878)に竣工したと伝える。また、設計は宣教医テーラーの助言のもとに新島自身が行ったといわれている。
 建物は木造の2階建てで、北側に平家部分が付属する。外観はコロニアルスタイルを基本としているが、細部装飾がほとんどなく、真壁の白い壁面に配された茶褐色の木部が単純明快な美しさを見せている。 また、この建物はいわゆる洋風建築に属するものの、畳敷や箱階段などの伝統的手法も用いられている。日本人の設計により、日本人のために建てられた明治時代初期の洋風住宅として、さらに新島襄の住宅遺構として貴重である。
行願寺(革堂) 本能寺・織田信長の墓
 丸太町通を渡って進むと行願寺(革堂)が左手に見える。行願寺は天台宗の寺院で、一般には革堂の名で親しまれている。寛弘元年(1004)に皮聖行円が創建したと伝え、中世には町堂として上京の中心となっていたが、その後寺地は寺町荒神口の南へ移り、現在地へは宝永5年(1708)の大火後に移ってきた。行円上人が常に皮の衣をまとい、人々から皮聖(かわひじり)とも呼ばれていたところから皮堂と呼ばれるようになったといわれている。
 京都市役所横を進むと御池通りに出会う。そこを渡ると本能寺が現れる。織田信長が討たれた当時の本能寺ではないが、信長の墓などがある。当時の本能寺は四条西洞院にあったが、豊臣秀吉の京都大改造により現在地に移転している。
寺町通 寺町通
寺町通 寺町通
矢田寺 錦小路・錦市場
 本能寺あたりからアーケードの商店街・寺町専門店街になり、人の流れが急に多くなる。美術関係、古書店等々興味深い店が続く。季節の野菜なども店頭に並べられ、見ているだけで楽しい。紅提灯に飾られている矢田寺(矢田地蔵尊)は、アーケード街にあるが、ここだけは別世界という感じがする。錦小路(錦市場)の狭い通りの左右には店がずらりと立ち並び、お客さんで賑わっている。
錦天満宮 寺町通
 豊臣秀吉が、洛中の寺院をこの通りの東側に移転させたことから寺町通となった。寺町通の全てを歩いたわけではないが、過去と現代を融合させたような通りなのかなという感想を持って散策を終わる。 

大きな地図で見る


Google
WWW を検索 京都「町家小路」 を検索

「京都「町家小路」写真紀行」の画像を利用したい場合は「」より連絡してください。

Copyright(c) 2004-2017 uchiyama.info group All Rights Reserved.