京都「町家小路」写真紀行   京都「町家小路」を写真と文で紹介

東西路
・寺之内通
・上御霊前通
・鞍馬口通
・今宮通
・綾小路通
・一条通
・押小路通
・下立売通
・錦小路通
・元誓願寺通
・五辻通
・今出川通
・三条通
・姉小路通
・上立売通
・新橋通
・蛸薬師通
・二条通
・竹屋町通
・武者小路通
・仏光寺通
・六角通
・椹木町通
・八坂通
・花屋町通
・松原通
・正面通
・東寺通
南北路
・車屋町通
・御幸町通
・堺町通
・寺町通
・富小路通
・木屋町通
・柳馬場通
・麸屋町通
・智恵光院通
・間之町通
・高倉通
・東洞院通
・室町通
・花見小路通
・醒ヶ井通
・西洞院通
・小川通
・堀川通
・油小路通
・新町通
・御前通
・浄福寺通
・千本通
・大宮通
・衣棚通
・釜座通
・両替町通

・坊城通

暖簾(のれん)
東西路
・押小路通new
南北路
・花見小路通
・寺町通
・麩屋町通
・柳馬場通
・車屋町通
・新町通
・小川通
・堀川通
・木屋町通
・御幸町通
・富小路通
・堺町通
・室町通
・西洞院通
・醒ヶ井通
管理人
リンク集 

柳馬場通 柳の木と馬揃えから命名   京都市中京区
柳馬場通・蒲鉾「茨木屋」
 平安京開設時の万里小路に当たる通り。応仁・文明の乱で荒廃したが、1590年頃から大規模に進められた豊臣秀吉の京都大改造により再整備された。その名の由来は、当時二条通付近に作られた遊里のまわりにきれいな柳の並木があったとも、その後、豊国祭臨時祭礼の馬揃えが行われた際にこの付近に柳が植えられたことによるともいわれている。
 丸太町通から柳馬場通に入る。ここから五条通まで南下する。
柳馬場通・京都ハリストス正教会 柳馬場通・京都ハリストス正教会
京都ハリストス正教会> 
 京都ハリストス正教会生神女(しょうしんじょ)福音聖堂は、ギリシャ正教会の京都聖堂として、当時の京都府技師松室重光の設計・監督のもとに建てられた。建物は明治34年(1901)12月に完成していたが、ロシア正教会から寄附された聖障(イコノスタス)、教鐘、大燈明などの到着が明治36年(1903)3月であったため、聖堂成聖式は同年5月10日に行われた。
 建物は、木造平家建のロシア・ビザンチン様式教会堂で、正面より玄関、啓蒙所、聖所、至聖所が一列に並び、最も広い聖所を中心とする十字形の平面構成となっている。聖所と至聖所とを仕切っている聖障は、柱と梁で区画されて油彩聖人像のパネル30枚が嵌められており、見応えがある。
 この聖堂は、日本ハリストス正教会の聖堂のなかで、本格的なものとしては現在最古の遺構であり、以後に建築された木造聖堂の範例とされていたと考えられる。また、松室重光の日本における数少ない現存作品の一つとして貴重であり、意匠的にも、装飾が少なく簡素であるがその均斉のとれた外観は美しく、昭和61年(1986)6月2日、京都市指定有形文化財に指定された。
柳馬場通・茨木屋 柳馬場通・茨木屋
柳馬場通・茨木屋 柳馬場通・茨木屋
 蒲鉾の老舗「茨木屋」の昔ながらの堂々たる建物が目に入る。一文字瓦と格子、時代を感じさせる屋根の上の「蒲鉾」の看板、すっかり見入ってしまう。
柳馬場通・親鸞上人往生の地 柳馬場通
見真大師遷化之旧跡
 浄土真宗の開祖親鸞上人(見真大師)は弘長2年(1262)この地にあった善法院にて90歳で入滅された。いつしか親鸞ヶ原と呼ばれるようになった当地に聖人を偲び、門徒が法泉寺を建立し、その後柳池小学校拡張に伴い法泉寺は移転した。そのおり門前にあったこの石碑を残し、聖人の旧跡を今に伝えている。
 当地が虎石町と名付けられたのは伏せた虎のような姿の庭石と聖人が虎石と呼び親しまれていたことに由来する。聖人入滅のおり、虎石は涙を流したと伝えられている。虎石は現在東大谷に安置されている。
 「見真大師遷化之旧跡」の石碑の横に「日本最初小学校 蜥r校」の石碑もある。これらは京都御池中学校(複合施設)の前にある。  
柳馬場通・御池通にある表示 柳馬場通
 善法院跡は御池通と面しており、御池通の大きな交差点を渡り、三条通に向かって歩いていく。
柳馬場通・日本生命京都三条ビル外観 柳馬場通・日本生命京都三条ビル外観
日本生命京都三条ビル外観> 
 旧日本生命京都支店は、辰野金吾・片岡安の設計、山本鑑之進の施工により、大正3年(1914)7月に竣工した。この建物の外観は、辰野が「辰野式」と呼ばれる独自の様式で赤煉瓦造の建物を多く手がけており、一方、片岡安は石貼りを多用した直線的な細部意匠を用いていたことから、そうした両者の特色をよく示している。また、構造面においては、耐震性への配慮から、西欧の純粋な煉瓦造でなく、中に鉄筋を入れている点に特徴が見られる。
 現在の建物は、昭和58年(1983)に改築されたものの、塔屋を含む東側部分が鉄筋コンクリート造で補強した上でファサード保存され、建築当時の外観を残すと共に、近代洋風建築が建ち並ぶ三条通において、歴史的景観のポイントともなっている。
柳馬場通・鈴木松風堂 柳馬場通・鈴木松風堂
錦市場 錦市場
 紙小物の鈴木松風堂の特徴ある店が左手(東)に見えてくる。店先に飾られている動物たちがかわいい。それに引きずられるように店内に入る。この鈴木松風堂は明治26年(1893)創業で、オリジナル製品が数々あり、興味深かった。
 そこから少し歩くと錦市場の賑わいに出会う。
柳馬場通 柳馬場通
 大勢の人々が行き交う四条通交差点を越えると、万里(まり)小路町がある。この名前は平安京の万里小路とのことである。さらに進むと五条通に出会う。柳馬場通と五条通の角に扇屋・坂田文助商店がある。見事な扇子をしばし眺める。
 柳馬場通を散策してきたが、町家あり、洋風建築あり、手工業的なものありと多彩で興味深いひとときを過ごすことが出来た。 

大きな地図で見る


Google
WWW を検索 京都「町家小路」 を検索

「京都「町家小路」写真紀行」の画像を利用したい場合は「」より連絡してください。

Copyright(c) 2004-2017 uchiyama.info group All Rights Reserved.