京都「町家小路」写真紀行   京都「町家小路」を写真と文で紹介

町家小路・東西路
・寺之内通
・上御霊前通
・鞍馬口通
・今宮通
・綾小路通
・一条通
・押小路通
・下立売通
・錦小路通
・元誓願寺通
・五辻通
・今出川通
・三条通
・姉小路通
・上立売通
・新橋通
・蛸薬師通
・二条通
・竹屋町通
・武者小路通
・仏光寺通
・六角通
・椹木町通
・八坂通
・花屋町通
・松原通
・正面通
・東寺通
町家小路・南北路
・車屋町通
・御幸町通
・堺町通
・寺町通
・富小路通
・木屋町通
・柳馬場通
・麸屋町通
・智恵光院通
・間之町通
・高倉通
・東洞院通
・室町通
・花見小路通
・醒ヶ井通
・西洞院通
・小川通
・堀川通
・油小路通
・新町通
・御前通
・浄福寺通
・千本通
・大宮通
・衣棚通
・釜座通
・両替町通

・坊城通
暖簾(のれん)
リンク集 

御幸町通 新しい京   京都市中京区・下京区
御幸町通(暖簾)
御幸町通(暖簾) 御幸町通(暖簾)
御幸町通(暖簾) 御幸町通(暖簾)
御幸町通(暖簾) 御幸町通(暖簾)
御幸町通(暖簾) 御幸町通(暖簾)
 豊臣秀吉の京都大改造によって出来た道・通りです。
御幸町通(暖簾)・近又
近又の由来
 創業享和元年(1801)、初代は近江国の出身で近江屋又八を名乗る。元は麩屋町通六角下る、現在の生祥小学校の地に於て、Θ「近江屋」を開業。当時は近江の国からの薬の行商人たちの定宿であった。資料としては、享和2年壬戌三月付、寄宿仲ヶ間発行の「定」や、家紋入りの提灯などが残っており、それ以前から営業していたと思われる。
 明治31年(1898)7月25日、近江屋又八の名称から「近又」と屋号を改め、明治35年(1902)、現在の地に移った。
 懐石料理を中心に、木造2階建、紅殻作りの玄関、竹の穂垣(時雨の二段垣)の施された庭、傘天井による総檜造りの風呂など、京の典型的な町家造りの建物として営業している。
御幸町通(暖簾) 御幸町通(暖簾)
御幸町通(暖簾) 御幸町通(暖簾)
 御幸町通の名の由来は秀吉が禁裏御所に参内するときに利用したことからとも、天子が御幸になることからともいわれている。
東西路
押小路通 竹屋町通new
南北路
花見小路通 寺町通 麩屋町通 柳馬場通 車屋町通 新町通
小川通 堀川通 木屋町通 御幸町通 富小路通 堺町通
室町通 西洞院通 醒ヶ井通


Google
WWW を検索 京都「町家小路」 を検索

「京都「町家小路」写真紀行」の画像を利用したい場合は「」より連絡してください。

Copyright(c) 2004-2017 uchiyama.info group All Rights Reserved.