写真紀行・旅おりおり トップページへ 写真紀行・旅おりおり : 旅先で撮影した景色、建築、史跡、祭、風物等の写真と動画
 <街角の印象的な一こま、なつかしい景色などの写真紀行


 印象深い景色
坂道灯台横丁・小路街角通り温泉
 史 跡
街道史跡城・城跡人物奥の細道墓地・終焉地Play Back
 建築・構造物
伝統的建築先端建築神社漁港垣根
 自 然
池・沼海岸
 産業・交通
伝統・地場産業バスターミナル国内線自動車・バイク道風景
 四季の景色
棚田春景色夏景色秋景色冬景色
 歌の舞台・祭・他
歌の舞台祭・イベント夜景テ−マパ−ク釣り
 管理人
管理人備忘録リンク集

街角点描 長崎市街   長崎県長崎市
まよひ子志らせ石
「まよひ子志らせ石」由来> (迷い子知らせ石)
 この石柱は、明治十二年、当時の長崎県警察課、警察署に在勤する軽侮一同によって建立された。
 当時ここら一帯は氏神を詣でる庶民の往来で賑わったが、時には人ごみにもまれて親を見失う子等も少なくなく、不安に泣き叫ぶその姿が道行く人々の憐を誘った。
 この実情を見かねた数名の警部は互いに資金を寄せ合ってこの石柱を建て、親と子の安心を念願したのである。
 雑踏で子とはぐれた親は、北面の「たづぬる方」石面に住所と子の名を書き記し、迷い子を見かけた人はその子の手を引いて、子の名、年齢、特徴等と共に、わが名、住所を南面の「おしゆる方」石面にしたため、親の姿を待った。
 やがて子は再び親の懐に抱かれ、人びとの暖かい思いやりに涙を流して手を合わせしっかりと手を握り合って去るその姿は数知れなかったといわれる。
         昭和六十二年七月   長崎県警察 (諏訪神社にて)
長崎市街・銭湯 長崎市街・銭湯
 大浦天主堂付近を散策していたときに見かける。銭湯である。
運上所跡 我が国 鉄道発祥の地
運上所跡> (長崎市立市民病院(長崎市新地町)右側)
 運上所は、安政5年(1858)の開国により、税関の事務や外国船からの税金徴収や荷改めを行うために設置され、当初は湊会所と呼ばれていた。万延元年(1860)第一次居留地造成工事に伴ない、築町の表物役所内に移転した。
 文久3年(1873)に運上所と改められ、慶応2年(1866)この地に庁舎が新築された。
 明治6年(1873)、運上所は長崎税関と改称、明治24年(1891)、税関本庁舎に建て替えられた。長崎税関はその後昭和3年(1928)出島町に新庁舎が落成し、移転。現在に至っている。

坂本龍馬、ここ運上所にて、英イカルス号事件裁判に立会う
慶応2年(1866)6月に、俵物役所(現18銀行本店の地)にあった運上所は、この地の新庁舎に移り、明治6年(1873)に長崎税関と改称される。
 イカルス号事件は、慶応3年(1867)7月6日夜、英国艦隊イカルス号の水兵2人が丸山花街寄合町の道路に泥酔して寝ていたところを何者かに殺害された事件であって、土佐藩士が疑われたが高知談判で結論は出ず、長崎に戻って8月18日立山役所、翌8月19日にここ運上所での裁判となった。
※慶応3年7・8月時点で、各藩出先から長崎奉行所に事件当夜の動静報告が提出されたのは、土佐藩を含む47藩であった。
※殺された英水兵ロバート・フォード、ジョン・ホッチングス2人は大浦国際墓地に眠っている。
※事件犯人は、1年後に黒田藩士金子才吉と判明するが、金子本人は事件の翌々日、黒田藩水之浦屯営所で自刀し果てた。
※松ヶ枝岸壁の「長崎遊学の標」には、長崎海軍伝習生としての金子才吉の名札もある。

運上所における糺問
松平土佐守家来(横笛船)中島作太郎  
※坂本龍馬は、才谷梅太郎の名で立会っている。
梅太郎 横笛船の運転は、いつ聞いたか。
作太郎 横笛船を運転するということは、6日の朝聞かされまして、7日暁2時に出帆しました。
梅太郎 6日の夜、出帆するまでどこへいちょったか。
作太郎 その晩下宿におりよったところ、夕方、田中浩蔵来ましたが、いったん宿へ引き返し、再び五ツ半(21時)頃来ました。12時過ぎ、菅野覚兵衛・佐々木栄が門口から誘いましたので、連れこって出ました。大波止から通い船に乗り、横笛船へ行きました。船には土州船の船印が立っちょりました。
梅太郎 横笛船は何時に出港し、どこへ行ったか。またどこかへ、寄らざったか。
作太郎 2時ごろ出港して、港外の山のある島の近くまで行きよりましたが、どこへも寄りませざった。
梅太郎 イギリス人が殺害されたという話はいつ聞いたか。
作太郎 7日の8時頃帰港し、その日の夕方宿へ帰った時、寄合町に殺人があったという話を聞きました。(以下略)
(原文は「続通信全覧」、土佐弁は高知の下元正清氏に依頼)
 この長崎裁判の後、龍馬は芸州藩船震天丸を借り、慶応3年9月18日に出航する。
龍馬は2ヵ月後の京都・近江屋の悲劇を知るよしもなかったのであった。
我が国 鉄道発祥の地
 慶応元年(1865)英国人貿易商 トーマス・グラバー は、日本で初めて英国製の蒸気機関車アイアン・デューク(鉄の公爵)号をここから松ヶ枝橋の方向にレールを敷いて走らせた。集まった人々は驚きの喚声を上げて見物した。この試走は日本近代化の牽引車になった。
湊会所跡 湊会所跡
湊会所跡
 安政6年(1859)の安政の開国により、ロシア、フランス、イギリス、オランダ、アメリカなどの国と自由貿易ができるようになったため、この地に、貿易や外交などに関する事務を行う「湊会所」が長崎会所の一部として設置された。
 長崎会所は、1698年から明治初期まで上町に設置されていた。オランダや中国の貿易に関する業務や幕府の運上銀や市中への配分銀などを管轄する機関であった。
 湊会所は、文久3年(1868)に「運上所」と改められ、後に現在の市民病院の場所に移り、(3段目の画像)更に明治6年(1873)に「長崎税関」と改称された。湊会所は、現在の長崎税関の前身です。

大きな地図で見る
北海道
函館 函館の街角 トラピスチヌ修道院
札幌 サッポロファクトリー 札幌テレビ塔 札幌の街角
小樽 小樽運河 小樽の街角
アンパンマン
東北
八戸駅前 干した魚 雪の元旦 こけし館 秋田長屋酒場
ナマハゲ像
関東
東京 まちかど賞@ まちかど賞A 東京シティビュー 東京駅丸の内口
カフェ猫衛門 street painting 麻布十番 忠犬ハチ公
新宿歌舞伎町 広尾界隈 秋葉原歩行者天国 国会議事堂
東京タワー 渋谷スクランブル交差点 西郷隆盛銅像 国際フォーラム前
池之端児童遊園 旧初音町 ストリートパフォマンス 六本木交差点
アサヒビール 築地場外市場 両国 tokyobike
きびだんご売り
横浜 横浜スタジアム 動く歩道 横浜ポルタnew
鎌倉 極楽洞 鎌倉市街 玄関前線路
三浦 産直センター・うらり 駄菓子屋
江の島 江の島からの景観 たぬき
甲信越
長野 善光寺参道 長野駅前の時計
木地師の里のツバメ
東海
沼津 魚市場飲食店街 ギョ・魚
無くしてわかる トリックアート 焼津魚センター 濱納豆 ガンダム
ヤマハスタジアム タイヤランド 名古屋市街 願いのかなう鍵 岡崎の街角
看板
北陸
金沢市街 富山の薬売り 散居村 越前蟹の坊 若狭の魚介
近畿
京都 京都市街 くくり猿 解放運動戦士の碑 錦市場
池坊前 京都会館 川床料理 清水寺門前
上七軒 梅小路公園の塀 京都タワー 東福寺界隈
命が生きている 角庭 禁煙マーク 醒ヶ井水
近江八幡 玄米ポン菓子 古民具
大阪 大阪市焼却場 街頭パフォ−マ− 大阪ドーム 道頓堀
神戸 神戸市街 スカイマーク球場 異人館前 モザイク
奈良 奈良公園の鹿 ならまち
赤穂 赤穂の街角 床ヤ
宇治十帖 姫ちゃり 時の旅人 せいろミュージアム
中国
津和野 津和野カトリック教会 津和野遠景 鯉の米屋
魚をさばく 尾道市街 島根ワイナリー 人工地盤 吹屋郵便局
四国
ギリシャ風車 野良時計
九州
長崎 長崎市街 被爆50周年記念事業碑 街角点描 平和公園
鹿児島 同行二人 薩摩義士碑 若き薩摩の群像 時空の旅
知覧 天神屋台
全国
郵便ポスト@ 郵便ポストA


Google
WWW を検索 写真紀行・旅おりおり を検索

「写真紀行・旅おりおり」の画像を利用したい場合は、「」より連絡してください。

Copyright(c) 2002-2017 uchiyama.info group All Rights Reserved.