写真紀行・旅おりおり トップページへ 写真紀行・旅おりおり : 旅先で撮影した景色、建築、史跡、祭、風物等の写真と動画
 <街角の印象的な一こま、なつかしい景色などの写真紀行


 印象深い景色
坂道灯台横丁・小路街角通り温泉
 史 跡
街道史跡城・城跡人物奥の細道墓地・終焉地Play Back
 建築・構造物
伝統的建築先端建築神社漁港垣根
 自 然
池・沼海岸
 産業・交通
伝統・地場産業バスターミナル国内線自動車・バイク道風景
 四季の景色
棚田春景色夏景色秋景色冬景色
 歌の舞台・祭・他
歌の舞台祭・イベント夜景テ−マパ−ク釣り
 管理人
管理人備忘録リンク集

小樽運河 日本海航路   北海道小樽市
小樽運河
小樽運河 小樽運河
「おれの小樽」昭和57年(1982)唄 石原裕次郎
小樽運河 小樽運河 小樽運河 小樽運河 小樽運河 小樽運河
 小樽運河は、沖合を埋立てて出来た運河(水路)で、大正12年(1923)に完成した。
小樽と日本海航路
 日本海航路が本格的に開かれたのは、約180年前の文化、文政の頃で、1枚帆の弁財船が主役だった。明治期となり様式帆船が増え、しだいに大型の汽船も入港し、海陸の拠点として小樽の地位が高まってきたことから、港も本格的な整備が必要になり、明治41年(1908)には北防波堤が完成した。それ以後、船は港内のブイにもやうことができ、ハシケ荷役も安全に行われるようになった。
 港の整備はさらに進み、昭和7年(1932)には港町岸壁が完成、船は接岸して荷役ができるようになった。
 運河沿いの通りには「おれの小樽」昭和57年(1982)唄:石原裕次郎の歌碑がある。
 次は冬の小樽運河の景観です。 
冬の小樽運河
冬の小樽運河 冬の小樽運河 冬の小樽運河 冬の小樽運河 冬の小樽運河 冬の小樽運河
 船荷は、かってハシケに積まれ、運河沿いに並ぶ石造倉庫と、港内の船との間を運ばれていた。その荷を肩に積み下ろしをするのが仲仕で、沖仲仕、陸仲仕、倉仲仕、木材仲仕などに分かれていた。力のいる仕事で、米2俵をかついで、やっと一人前といわれていた。 
 港の貨物は、始めは石炭や木材が主で、右に描かれている手宮の石炭桟橋が大いに活用されたが、開拓が進むにつれ農産物も増え、仲仕の活躍する場も広がり、仲仕は小樽の働き手の代表といわれていた。 
小樽運河
 6月に再訪する(再々訪)。相変わらず観光客で賑わっている。雪に覆われていた前回とは雰囲気が変わっており、四季おりおりの情景を感じる。

大きな地図で見る
北海道
函館 函館の街角 トラピスチヌ修道院
札幌 サッポロファクトリー 札幌テレビ塔 札幌の街角
小樽 小樽運河 小樽の街角
アンパンマン
東北
八戸駅前 干した魚 雪の元旦 こけし館 秋田長屋酒場
ナマハゲ像
関東
東京 まちかど賞@ まちかど賞A 東京シティビュー 東京駅丸の内口
カフェ猫衛門 street painting 麻布十番 忠犬ハチ公
新宿歌舞伎町 広尾界隈 秋葉原歩行者天国 国会議事堂
東京タワー 渋谷スクランブル交差点 西郷隆盛銅像 国際フォーラム前
池之端児童遊園 旧初音町 ストリートパフォマンス 六本木交差点
アサヒビール 築地場外市場 両国 tokyobike
きびだんご売り
横浜 横浜スタジアム 動く歩道 横浜ポルタnew
鎌倉 極楽洞 鎌倉市街 玄関前線路
三浦 産直センター・うらり 駄菓子屋
江の島 江の島からの景観 たぬき
甲信越
長野 善光寺参道 長野駅前の時計
木地師の里のツバメ
東海
沼津 魚市場飲食店街 ギョ・魚
無くしてわかる トリックアート 焼津魚センター 濱納豆 ガンダム
ヤマハスタジアム タイヤランド 名古屋市街 願いのかなう鍵 岡崎の街角
看板
北陸
金沢市街 富山の薬売り 散居村 越前蟹の坊 若狭の魚介
近畿
京都 京都市街 くくり猿 解放運動戦士の碑 錦市場
池坊前 京都会館 川床料理 清水寺門前
上七軒 梅小路公園の塀 京都タワー 東福寺界隈
命が生きている 角庭 禁煙マーク 醒ヶ井水
近江八幡 玄米ポン菓子 古民具
大阪 大阪市焼却場 街頭パフォ−マ− 大阪ドーム 道頓堀
神戸 神戸市街 スカイマーク球場 異人館前 モザイク
奈良 奈良公園の鹿 ならまち
赤穂 赤穂の街角 床ヤ
宇治十帖 姫ちゃり 時の旅人 せいろミュージアム
中国
津和野 津和野カトリック教会 津和野遠景 鯉の米屋
魚をさばく 尾道市街 島根ワイナリー 人工地盤 吹屋郵便局
四国
ギリシャ風車 野良時計
九州
長崎 長崎市街 被爆50周年記念事業碑 街角点描 平和公園
鹿児島 同行二人 薩摩義士碑 若き薩摩の群像 時空の旅
知覧 天神屋台
全国
郵便ポスト@ 郵便ポストA


Google
WWW を検索 写真紀行・旅おりおり を検索

「写真紀行・旅おりおり」の画像を利用したい場合は、「」より連絡してください。

Copyright(c) 2002-2017 uchiyama.info group All Rights Reserved.