写真紀行・旅おりおり トップページへ 写真紀行・旅おりおり : 旅先で撮影した景色、建築、史跡、祭、風物等の写真と動画
 <山、高原、峠などを巡る写真紀行


 印象深い景色
坂道灯台横丁・小路街角通り温泉
 史 跡
街道史跡城・城跡人物奥の細道墓地・終焉地Play Back
 建築・構造物
伝統的建築先端建築神社漁港垣根
 自 然
池・沼海岸
 産業・交通
伝統・地場産業バスターミナル国内線自動車・バイク道風景
 四季の景色
棚田春景色夏景色秋景色冬景色
 歌の舞台・祭・他
歌の舞台祭・イベント夜景テ−マパ−ク釣り
 管理人
管理人備忘録リンク集

兵越峠 武田軍の進軍   長野県飯田市〜静岡県浜松市
兵越峠
兵越峠 兵越峠
兵越峠 兵越峠
 静岡県浜松市天竜区水窪町(旧磐田郡水窪町)から長野県飯田市(旧南信濃村)へ抜けるためには、この峠(兵越峠)を通らなければならない。地図上では青崩峠から抜けられるようだが、通行不能になっている。(地図から道が消えているのだ)幻の国道といっていいでしょう。
 ここはかつて戦国時代に、武田軍が遠江の徳川軍に向けて進軍した峠道ということだが、遠く故郷を離れてきた武田の兵士たちはこの峠道の景色を見て何を思ったのだろうか、この峠道を登りながら何を考えていたのだろうか。これから戦う徳川軍のことだろうか、それとも故郷に残してきた妻や子、父母のことだろうか。何か寂しい、悲しい気持ちになってくる。木立の間に見え隠れする信濃の山々はきれいだが。
兵越峠
 この峠を兵越峠と名づけたのは武田信玄が上洛を志ざし、元亀3年(1573)10月3日(新暦11月18日)約2万5千の大軍を率いて信濃国遠山領を通って、青崩峠の少し手前で分隊し、一隊はこの兵越峠も越したと言われている。
 信玄が上洛のため信濃国、遠江国の国境の峠を越すことに意を決めたのは信玄の家来秋山信友が永禄11年(1568)、遠江国奥山、天野の両氏を味方につけるためにこの峠を越し、探索ののち5年後、天野氏を道案内として天野氏居城へ向ったのである。
 この国境にある2つの峠は青崩峠方面奥領家の谷は距離が短いため信玄の本体が通ったとしているが、兵越峠方面地頭方の谷は、北遠の穀庫といわれる谷で戦力を増すため雑兵、荷運搬馬は勿論の事、馬の餌、馬の草履、兵の草履、乾食料などの徴発や、敵が潜んでいるのを予想してこの峠を越したもので両峠は10月10日(新暦11月25日)に越し南下したのである。
 この峠は信玄の兵が越したと言われるゆかりの峠である。
 世の中の進歩が歴史の道を、そして峠を忘却の彼方に押し流そうとしている。それがどんなに歴史的な意義があろうがなかろうが。。。
北海道
羅臼岳 羊蹄山 大雪山・黒岳 層雲峡 大雪山・旭岳
登別・地獄谷 昭和新山 函館山 天人峡
東北
磐梯山 中津川渓谷 安達太良山 涼風峠 岩手山
八甲田山 鳴子峡 鳥海山 仁賀保高原 岩木山
関東
茶臼岳 戦場ヶ原 筑波山 一の倉沢 大湧谷
塔ノ沢
甲信越
風穴 富士風穴 富岳風穴
治部坂高原 もみじ平 富士見高原 しらびそ高原 車山高原
忍野富士 平谷峠 兵越峠 駒ヶ岳ロープウェイ 千畳敷カール
高ボッチ高原 高ボッチ山 鉢伏山 小谷
東海
富士山 帆掛山 青崩峠 茶臼山高原 御在所岳
天城路 蔵王山 霧山 さった峠 宇津ノ谷峠
分水嶺 賤機山 乗鞍岳 竜ヶ岩洞new
北陸
白山
近畿
天保山 吉田山 大文字山 船岡山 天王山
香具山 耳成山 八幡山 須磨アルプス
中国
大山 秋吉台 秋芳洞
四国
寒霞渓 祖谷渓 祖谷峡の小便小僧 京柱峠
九州
由布岳 硫黄谷 阿蘇山 開聞岳 高千穂峡
国見ヶ丘 御岳(桜島) 稲佐山 城山


Google
WWW を検索 写真紀行・旅おりおり を検索

「写真紀行・旅おりおり」の画像を利用したい場合は、「」より連絡してください。

Copyright(c) 2002-2018 写真紀行 All Rights Reserved.