写真紀行・旅おりおり トップページへ 写真紀行・旅おりおり : 旅先で撮影した景色、建築、史跡、祭、風物等の写真と動画
 <山、高原、峠などを巡る写真紀行


 印象深い景色
坂道灯台横丁・小路街角通り温泉
 史 跡
街道史跡城・城跡人物奥の細道墓地・終焉地Play Back
 建築・構造物
伝統的建築先端建築神社漁港垣根
 自 然
池・沼海岸
 産業・交通
伝統・地場産業バスターミナル国内線自動車・バイク道風景
 四季の景色
棚田春景色夏景色秋景色冬景色
 歌の舞台・祭・他
歌の舞台祭・イベント夜景テ−マパ−ク釣り
 管理人
管理人備忘録リンク集

筑波山 ガマの油売り   茨城県つくば市
筑波山
筑波山頂駅 筑波山頂からの眺望
筑波山
 ガマの油売りの口上で有名な筑波山は標高877mの山である。その姿が富士山に例えられ東の富士の異名を持っている。筑波山は 男体山と女体山からなり、男体山及び女体山山頂には筑波山神社本殿がある。山腹には筑波山神社拝殿がある。男体山の山頂へはケーブルカーで行くことが出来る。写真は雪の山頂駅の様子である。
 筑波山は、万葉集にも詠まれた名山で、日本百名山の一つになっている。筑波山神社(左下写真)は、伊弉諾尊(いざなぎのみこと)と伊弉冉尊(いざなみのみこと)を祀る神社で、縁結びや夫婦和合に御利益がとのこと。本殿は男体山と女体山の山頂にあり、中腹の拝殿は遥拝所となっている。そこは筑波山登山の起点にもなっている。
筑波山神社 ガマの油売り
「がまの油売り」口上
 手前持ちいだしたるは、四六(しろく)のがまだ。四六、五六(ごろく)はどこでわかる。前足の指が四本(しほん)、あと足の指が六本(ろっぽん)、これを名付けて四六のがま。このがまの棲めるところは、これよりはるーか北にあたる、筑波山のふもとにて、おんばこというつゆ草を食らう。このがまのとれるのは、五月に八月に十月、これを名づて五八十(ごはつそう)は四六のがまだ、お立ちあい。このがまの油をとるには、四方に鏡を立て、下に金網をしき、そのなかにがまを追いこむ。がまは、おのれのすがたが鏡にうつるのをみておのれとおどろき、たらーり、たらりと油汗をながす。これを下の金網にてすきとり、柳の小枝をもって、三七二十一日(さんしちにじゅういちにち)のあいだ、とろーり、とろりと煮つめたるがこのがまの油だ。(Y.N さんより) 
北海道
羅臼岳 羊蹄山 大雪山・黒岳 層雲峡 大雪山・旭岳
登別・地獄谷 昭和新山 函館山 天人峡
東北
磐梯山 中津川渓谷 安達太良山 涼風峠 岩手山
八甲田山 鳴子峡 鳥海山 仁賀保高原 岩木山
関東
茶臼岳 戦場ヶ原 筑波山 一の倉沢 大湧谷
塔ノ沢
甲信越
風穴 富士風穴 富岳風穴
治部坂高原 もみじ平 富士見高原 しらびそ高原 車山高原
忍野富士 平谷峠 兵越峠 駒ヶ岳ロープウェイ 千畳敷カール
高ボッチ高原 高ボッチ山 鉢伏山 小谷
東海
富士山 帆掛山 青崩峠 茶臼山高原 御在所岳
天城路 蔵王山 霧山 さった峠 宇津ノ谷峠
分水嶺 賤機山 乗鞍岳 竜ヶ岩洞new
北陸
白山
近畿
天保山 吉田山 大文字山 船岡山 天王山
香具山 耳成山 八幡山 須磨アルプス
中国
大山 秋吉台 秋芳洞
四国
寒霞渓 祖谷渓 祖谷峡の小便小僧 京柱峠
九州
由布岳 硫黄谷 阿蘇山 開聞岳 高千穂峡
国見ヶ丘 御岳(桜島) 稲佐山 城山


Google
WWW を検索 写真紀行・旅おりおり を検索

「写真紀行・旅おりおり」の画像を利用したい場合は、「」より連絡してください。

Copyright(c) 2002-2018 写真紀行 All Rights Reserved.