写真紀行・旅おりおり トップページへ 写真紀行・旅おりおり : 旅先で撮影した景色、建築、史跡、祭、風物等の写真と動画


 印象深い景色
坂道灯台横丁・小路街角通り温泉
 史 跡
街道史跡城・城跡人物奥の細道墓地・終焉地Play Back
 建築・構造物
伝統的建築先端建築神社漁港垣根
 自 然
池・沼海岸
 産業・交通
伝統・地場産業バスターミナル国内線自動車・バイク道風景
 四季の景色
棚田春景色夏景色秋景色冬景色
 歌の舞台・祭・他
歌の舞台祭・イベント夜景テ−マパ−ク釣り
 管理人
管理人備忘録リンク集

チター 「第三の男」   静岡県浜松市
チター
チター チター
 ヨーロッパのアルプス山脈を頂く国々、ドイツ、スイス、オーストリア、そして北イタリアのチロル地方で150年以上前から弾かれてきた民俗楽器。木製の共鳴する箱の上に弦を張って指ではじいて弾くもので、世界中のこのような楽器を「チター属」という。日本の「琴」もこの「チター属」になる。
 ピアノとほぼ同じ音域を持ち、楽譜もピアノと同じように伴奏とメロディーを2段で書く。音階はクロマチック(半音階)で演奏できるものであらゆる「調」の演奏に対応できる。
チター
 5本のメロディー弦と30本以上の伴奏弦から成る。メロディー弦の音は、A(ラ) A(ラ) D(レ) G(ソ) C(ド)に調弦する。伴奏弦は和音で伴奏しやすい順番で並んでいる。これらの弦は右手と左手のそれぞれ4本の弦を使って演奏する。メロディー弦は指盤を左手の指でおさえ、右手の指にはめた金属の爪(リング)ではじいてひく。伴奏は右手の残った指で弾く。
 この楽器が世界的に有名になったのは、1950年頃イギリスの映画「第三の男」であった。この映画の全編を流れる音楽がチターで演奏された。ヨーロッパの人たちは当然ながら、アメリカでもチターを弾く人がたくさんいる。日本でも最近はチターの愛好家がどんどん増えている。
北海道
酒造会社の水
東北
正月パス 正月パス(2005) 正月パス(2006・往き) 正月パス(2006・帰り) 正月パス(2007・往き)
正月パス(2007・帰り)
充電より放電 金魚ねぷた
関東
三大珍獣 旅の魅力
甲信越
オニヤンマの産卵
東海
風力発電 草木塔 オオゴマダラチョウ 旧家 舞台の脇役
黄金バット 佐久間ダム 道具オブジェ 人力飛行機 ツマグロヒョウモン
夢追いかけて
北陸
呼鳥門
近畿
餅鏡 舞子体験 路傍の石像 こども歌舞伎 十日戎・福娘
ロックな詩人
四国
ゲストハウスUEDA 十家モノレール 出航 鏝絵@ 鏝絵A
へんろ小屋
九州
郷中教育
共通
永遠に生きる 「旅おりおり」の履歴 鳥の巣 自動車旅行 文字に託す
甲状腺癌闘病記@ 甲状腺癌闘病記A 甲状腺癌闘病記B さざれ石 こいのぼり
金属の像 ポスター 手形 野茂英雄 宇宙服
無人ヘリコプター@ 無人ヘリコプターA

趣味悠々
日曜画家 サーフィン 大道芸人 パラモーター ラジコン・グライダー
パラグライダー

楽器
ヨーロッパ サクソフォーン ヴァイリン オーボエ オクタヴィン
ギター クラヴィコード クラリネット オルガン
チェンバロ チター トランペット・マリーン トロンボーン
ハープ・リュート バグパイプnew
東南アジア ジャワ島のガムラン バリ島のガムラン サイン・ワイン ジュゴッグ
日本 チンドン ゴッタン


Google
WWW を検索 写真紀行・旅おりおり を検索

「写真紀行・旅おりおり」の画像を利用したい場合は、「」より連絡してください。

Copyright(c) 2002-2018 写真紀行 All Rights Reserved.