写真紀行・旅おりおり トップページへ 写真紀行・旅おりおり : 旅先で撮影した景色、建築、史跡、祭、風物等の写真と動画


 印象深い景色
坂道灯台横丁・小路街角通り温泉
 史 跡
街道史跡城・城跡人物奥の細道墓地・終焉地Play Back
 建築・構造物
伝統的建築先端建築神社漁港垣根
 自 然
池・沼海岸
 産業・交通
伝統・地場産業バスターミナル国内線自動車・バイク道風景
 四季の景色
棚田春景色夏景色秋景色冬景色
 歌の舞台・祭・他
歌の舞台祭・イベント夜景テ−マパ−ク釣り
 管理人
管理人備忘録リンク集

充電より放電 湯治   東北新幹線
東北新幹線 東北新幹線
東北新幹線 東北新幹線
東北新幹線 東北新幹線
湯治は「充電より、放電」
     大沼伸治(東鳴子温泉・旅館「大沼」5代目湯守)
 東鳴子温泉は、昔から湯治場として利用されてきました。宿ごとに源泉を持ち、泉質も違っています。昔からの常連客は好みの宿と湯がありますが、初めてのお客様はよく分からないのが当然です。当館の湯が合わなければ、ほかの宿を紹介しています。東鳴子は、湯治客と近所付き合いのように親しく接してきて、かつては町全体がひとつの温泉宿のようなものでした。温泉街の道が廊下、宿は部屋で、商店は売店です。
 最近は、関東近県から来られるお客様も増えてきました。仕事や生活を離れてゆっくりしたいという方が多いので、最初はこちらからあまり話しかけないようにしています。2日目ぐらいに少し退屈しているようにみえたら、さりげなく街に出るように話してみます。ほかの宿の湯に入るのもいいし、商店をのぞいてみるのも楽しいですよ。特別なものは置いていませんが、みんなが話しかけてくれます。パン屋でお茶をご馳走になって3時間も話しこんでしまうお客様もいます。晴れた日ならトライクで田園のなかを走り回ったり、農作業体験や、林業体験などの湯治イベントも行っています。
 温泉に充電に来るという人が多いのですが、私はむしろ放電が必要だと思っています。日常のなかでたくさん溜め込んでしまっているのに、さらに溜め込んだら疲れるでしょう。お湯に入って、自分の体と心が何を求めているのかを聞きながら、動いてみる。湯治とは、自分の体と心を許してあげることです。東鳴子では思い切り放電してください。(トランヴェール 2006・1)

 東北新幹線に乗る機会があった。座席前に雑誌がある。目的地までは時間があるので、その雑誌を読んでいた。雑誌は「感じる旅、考える旅 トランヴェール」、テーマは「現代湯治で、癒やしの旅へ」である。その中で、上に記載した「湯治は充電より、放電」が心にいつまでも残る。大沼伸治さんの了解を得て転載した。
 まとまった休みが取れる時には、ゆっくり休んで充電して来てください、と言ってきたし、若い時には上司から同じ事を言われたものだ。大沼さんの「充電より放電」を読んで、ハッと気づいた。今までは逆だったんだと。今回の東北地方の旅の最大の収穫であった。 
北海道
酒造会社の水
東北
正月パス 正月パス(2005) 正月パス(2006・往き) 正月パス(2006・帰り) 正月パス(2007・往き)
正月パス(2007・帰り)
充電より放電 金魚ねぷた
関東
三大珍獣 旅の魅力
甲信越
オニヤンマの産卵
東海
風力発電 草木塔 オオゴマダラチョウ 旧家 舞台の脇役
黄金バット 佐久間ダム 道具オブジェ 人力飛行機 ツマグロヒョウモン
夢追いかけて
北陸
呼鳥門
近畿
餅鏡 舞子体験 路傍の石像 こども歌舞伎 十日戎・福娘
ロックな詩人
四国
ゲストハウスUEDA 十家モノレール 出航 鏝絵@ 鏝絵A
へんろ小屋
九州
郷中教育
共通
永遠に生きる 「旅おりおり」の履歴 鳥の巣 自動車旅行 文字に託す
甲状腺癌闘病記@ 甲状腺癌闘病記A 甲状腺癌闘病記B さざれ石 こいのぼり
金属の像 ポスター 手形 野茂英雄 宇宙服
無人ヘリコプター@ 無人ヘリコプターA

趣味悠々
日曜画家 サーフィン 大道芸人 パラモーター ラジコン・グライダー
パラグライダー

楽器
ヨーロッパ サクソフォーン ヴァイリン オーボエ オクタヴィン
ギター クラヴィコード クラリネット オルガン
チェンバロ チター トランペット・マリーン トロンボーン
ハープ・リュート
東南アジア ジャワ島のガムラン バリ島のガムラン サイン・ワイン ジュゴッグ
日本 チンドン ゴッタンnew


Google
WWW を検索 写真紀行・旅おりおり を検索

「写真紀行・旅おりおり」の画像を利用したい場合は、「」より連絡してください。

Copyright(c) 2002-2018 写真紀行 All Rights Reserved.