写真紀行・旅おりおり トップページへ 写真紀行・旅おりおり : 旅先で撮影した景色、建築、史跡、祭、風物等の写真と動画


 印象深い景色
坂道灯台横丁・小路街角通り温泉
 史 跡
街道史跡城・城跡人物奥の細道墓地・終焉地Play Back
 建築・構造物
伝統的建築先端建築神社漁港垣根
 自 然
池・沼海岸
 産業・交通
伝統・地場産業バスターミナル国内線自動車・バイク道風景
 四季の景色
棚田春景色夏景色秋景色冬景色
 歌の舞台・祭・他
歌の舞台祭・イベント夜景テ−マパ−ク趣味悠々
 管理人
管理人備忘録リンク集

正月パス(2006) <帰り> JR東日本フリーパスの旅
青森駅 青森駅・特急白鳥
 青森からの帰り。特急白鳥に乗る。下り列車に乗って青森駅に着いた時には大勢の人々でごった返していた。上り列車に乗る人は少ない。落ち着いた静かなプラットフォーム風景である。
白鳥・車内風景 東北本線・車窓風景
東北本線・車窓風景
 下りの「白鳥」と比べたら問題にならないほど空いている車内。これなら車窓風景も楽しめる。浅虫温泉駅辺りで反対側に海が見えてくる。車内には空席があちらこちらにあるので急いで海が見える席に移る。青森湾だと思うがカメラを向ける。短い時間だが何とか撮れる。
八戸 八戸
八戸駅 八戸駅
 八戸駅に着く。駅周辺をしばらく散策する。駅右手に物産館があり、様々なお土産品等があり楽しめた。駅構内から東京方面につながる線路は雪で真っ白である。駅前にある海産物店ではホッキ貝などを焼いており、にいい匂いが漂っている。ビール片手にいっぱい飲んでいる若者もおり、食欲を誘う。
八戸駅 東北新幹線「八戸〜仙台」
 八戸から東北新幹線で仙台に向かう。八戸駅で子供を送りに来た夫婦に出会った。子供さんは車内に入っている。発車までは少々時間がある。母親が急いでバッグから携帯電話を取り出し、車内にいる子供に話しかけ始めた。携帯電話もこういう時にはいいなあと思う。子を思う親の気持ちが伝わってくる。
 仙台に近づくにしたがい曇ってくる。青森では晴天だった。運がよかった。夕刻という時間ではないがそのような雰囲気の車窓風景を眺めていた。 
仙台駅 仙台駅
Maxやまびこ Maxやまびこ
東北新幹線・車窓風景
 仙台に着く。曇っており薄暗い時間帯でもあるので市街地の明るさは望めないが、駅構内は元旦の華やかさがある。以前、ここで食べた「牛タン」の店も大勢のお客さんが列をつくっている。時間があれば食べたかったが、並ばなければいけないのであきらめる。
 正月パスの指定は4回までである。既に使い切ってしまったので、仙台から東京までは自由席で行く。「はやて」は全車指定席なので乗ることはできない。仙台始発の「Maxやまびこ」で東京に向かうことにする。この列車は2階建てである。2階に行く。
Maxやまびこ車内 上野駅
 「Maxやまびこ」は3人掛け2列の席である。昨年も乗ったはずだが記憶になかった。1車両に数人しか乗っていない。元旦の夜に東京に向かう人など珍しいということだろう。
 この日は、上越新幹線で停電事故があり、3時間ほど不通になったそうである。したがって上野〜東京間が混雑しているとのアナウンスがある。東京駅から下り列車が出ないと上り列車は東京駅に入れないというわけ。私が乗っている「Maxやまびこ」は上野駅手前で10分間ほど停車する。こんなことなら東京駅まで行くのをやめようと思い上野駅で降りる。
 正月パスの旅もこれで終わった。天気にも恵まれ、思い出に残る旅になった。
 前に戻る→正月パス(2006)<往き> 
北海道
酒造会社の水
東北
正月パス 正月パス(2005) 正月パス(2006・往き) 正月パス(2006・帰り) 正月パス(2007・往き)
正月パス(2007・帰り)
充電より放電 金魚ねぷた
関東
三大珍獣 旅の魅力
甲信越
オニヤンマの産卵
東海
風力発電 草木塔 オオゴマダラチョウ 旧家 舞台の脇役
黄金バット 佐久間ダム 道具オブジェ 人力飛行機 ツマグロヒョウモン
夢追いかけて
北陸
呼鳥門
近畿
餅鏡 舞子体験 路傍の石像 こども歌舞伎 十日戎・福娘
ロックな詩人
四国
ゲストハウスUEDA 十家モノレール 出航 鏝絵@ 鏝絵A
へんろ小屋
九州
郷中教育
共通
永遠に生きる 「旅おりおり」の履歴new 鳥の巣 自動車旅行 文字に託す
甲状腺癌闘病記@ 甲状腺癌闘病記A 甲状腺癌闘病記B さざれ石 こいのぼり
金属の像 ポスター 手形 野茂英雄 宇宙服
無人ヘリコプター@ 無人ヘリコプターA


Google
WWW を検索 写真紀行・旅おりおり を検索

「写真紀行・旅おりおり」の画像を利用したい場合は、「」より連絡してください。

Copyright(c) 2002-2018 写真紀行 All Rights Reserved.