写真紀行・旅おりおり トップページへ 写真紀行・旅おりおり : 旅先で撮影した景色、建築、史跡、祭、風物等の写真と動画
 <小舟から大型船までを巡る写真紀行


 印象深い景色
坂道灯台横丁・小路街角通り温泉
 史 跡
街道史跡城・城跡人物奥の細道墓地・終焉地Play Back
 建築・構造物
伝統的建築先端建築神社漁港垣根
 自 然
池・沼海岸
 産業・交通
伝統・地場産業バスターミナル国内線自動車・バイク道風景
 四季の景色
棚田春景色夏景色秋景色冬景色
 歌の舞台・祭・他
歌の舞台祭・イベント夜景テ−マパ−ク釣り
 管理人
管理人備忘録リンク集

氷川丸 シアトル航路   横浜市中区
氷川丸
氷川丸 氷川丸
氷川丸 氷川丸
 氷川丸は、日本郵船のシアトル航路の新鋭船として昭和5年(1930)4月三菱重工業横浜造船所で建造された。太平洋戦争中は病院船、戦後は引き揚げ船等として従事の後、我国唯一の外航客船としてシアトル航路に再びデビューした。本船は戦前戦後を通じて248回太平洋を横断している。
 昭和36年(1961)5月、横浜開港100年記念事業の一つとしてこの地に係留されて以来、マリンタワーと共に山下公園のそして横浜港のシンボルとして市民に親しまれている。総トン数11,625t、全長163.3m。
 なお、このあたりから、伊藤博文、井上馨、大久保利通らがヨーロッパに向けて出発している。 
氷川丸
白灯台 氷川丸・タラップ
白灯台
 横浜港山下ふ頭側の内防波堤に明治29年(1896)に設立された。明治38年(1905)、現在の位置に移設されるまで船舶の通行標識をつとめていた灯台です。現在使われている、氷川丸前方に見える赤灯台(横浜港北水堤灯台)とペアーで活躍していた。
タラップ
 このタラップは、船の乗降時、桟橋と船をつなぐはしごです。潮の干満の差に対しても、桟橋と船の上下の変化に支障なく上下船できるように工夫がされている。
氷川丸のプロペラ
 氷川丸にはエンジンが2基搭載されているので、プロペラも2基あった。最後の航海を終えた後、係留改装工事に際してプロペラは取り外されたので、現在はないが、就航当時は舵の下に2基ついていた。
客船
サファイア・プリンセス ぱしふぃっくびーなす 飛鳥U 氷川丸 十石舟・三十石船
帆船
海王丸 浪華丸 日本丸 明治丸 初代日本丸
観光船
隅田川の船 水上バス シーバス
貨物船
コンテナ船 小鵜飼船 丸子船
渡船
天保山渡船 矢切の渡し
連絡船
羊蹄丸 八甲田丸 摩周丸 かめりあ丸 伊勢湾フェリー
本島汽船 さんふらわあnew
漁船
イカ釣り船(浜田) イカ釣り船(函館) しらす船 イカ釣り船(美保関) イカ釣り船(女川)
観測・調査船
ふじ しんかい2000 潜水調査船たんかい 宗谷
軍艦
潜水艦 護衛艦・はたかぜ 戦艦・三笠 北朝鮮工作船
模型
昇平丸 帆船模型 手漕ぎ木造和船


Google
WWW を検索 写真紀行・旅おりおり を検索

「写真紀行・旅おりおり」の画像を利用したい場合は、「」より連絡してください。

Copyright(c) 2002-2018 写真紀行 All Rights Reserved.