写真紀行・旅おりおり トップページへ 写真紀行・旅おりおり : 旅先で撮影した景色、建築、史跡、祭、風物等の写真と動画
 <小舟から大型船までを巡る写真紀行


 印象深い景色
坂道灯台横丁・小路街角通り温泉
 史 跡
街道史跡城・城跡人物奥の細道墓地・終焉地Play Back
 建築・構造物
伝統的建築先端建築神社漁港垣根
 自 然
池・沼海岸
 産業・交通
伝統・地場産業バスターミナル国内線自動車・バイク道風景
 四季の景色
棚田春景色夏景色秋景色冬景色
 歌の舞台・祭・他
歌の舞台祭・イベント夜景テ−マパ−ク趣味悠々
 管理人
管理人備忘録リンク集

帆船模型 メモリアルシップ   京都市
サン・フェリーペ
サン・フェリーペ
 この船は全長が約63mで、三層甲板に大砲108門を搭載するスペインにおける第1級戦列艦として1693年に建造された。その姿が美しく、特に船尾の回廊彫刻が豪華です。当時17世紀末スペインはイギリス、フランスとの間でカリブ海、南アメリカにおける領土について絶え間ない争いが続いていた。
 サン・フェリーペはこれら植民地の保護と財宝輸送の海上保護等の任務を帯びていた。しかし、1705年イギリスとの間でスペイン船12隻、イギリス艦隊40隻の大海戦でスペインは敗れ、サン・フェリーペは多くの財宝と共に沈没した。船籍:スペイン。年代:1693年。
ハーフムーン ハーフムーン
ハーフムーン
 北アメリカ大陸のハドソン川、ハドソン海峡、ハドソン湾地方にその名を残すイギリス人の探検家ヘンリー・ハドソンが乗船したオランダの帆船。船籍:オランダ。年代:1609年。
ロイヤル・キャロライン ロイヤル・キャロライン
ロイヤル・キャロライン
 英国王室のヨットとして1749年に建造された。一般的にジョージ二世のヨットとして知られている。王室が公式行事やプライベートクルージングを楽しむ船だけあって全体が豪華で美しい装飾がなされている。1801年には世界一周の航海も果たしている。船籍:イギリス。年代17世紀。
千石船 千石船
千石船
 菱垣廻船は元和5年泉州堺の商人が紀州より250石積みの船を借り受け、大阪と江戸との日常物資を運搬したのが始まりです。江戸時代(19世紀)には帆船の大型化が進み千(1000)石積の帆船が数多く製作され通称千石船と呼ばれるようになった。
カティサーク
カティサーク カティサーク
カティサーク
 第2次世界大戦中のロンドン爆撃にも生き残り、19世紀から現存する唯一の「クリツパー型」帆船で、その速度と美しさにおいて帆船時代最後を飾る帆船であるといわれている。中国の紅茶をロンドン市場に運ぶ好敵手のサーモピレー号と快速を競ったことでも有名です。
 英国・グルニッジの乾ドッグに保存されていたが、残念なことに2007年補修中の火災により全焼した。その後復元され、2012年から再公開された。船籍:イギリス。年代1869年。
初代日本丸
初代日本丸 初代日本丸
初代日本丸
 旧・日本丸は、昭和5年(1930)3月神戸の川崎造船所で建造された。船体は鋼製、帆船形式は4本マストのバーク型で補助機関として600馬力のディーゼル機関2基を装備している。現在は横浜メモリアルパークで余生を送っている。(船模型はいずれも京都帆船模型倶楽部員の作品です。撮影許可済み)
客船
サファイア・プリンセス ぱしふぃっくびーなす 飛鳥U 氷川丸 十石舟・三十石船
帆船
海王丸 浪華丸 日本丸 明治丸 初代日本丸
観光船
隅田川の船 水上バス シーバス
貨物船
コンテナ船 小鵜飼船 丸子船
渡船
天保山渡船 矢切の渡し
連絡船
羊蹄丸 八甲田丸 摩周丸 かめりあ丸 伊勢湾フェリー
本島汽船 さんふらわあnew
漁船
イカ釣り船(浜田) イカ釣り船(函館) しらす船 イカ釣り船(美保関) イカ釣り船(女川)
観測・調査船
ふじ しんかい2000 潜水調査船たんかい 宗谷
軍艦
潜水艦 護衛艦・はたかぜ 戦艦・三笠 北朝鮮工作船
模型
昇平丸 帆船模型 手漕ぎ木造和船


Google
WWW を検索 写真紀行・旅おりおり を検索

「写真紀行・旅おりおり」の画像を利用したい場合は、「」より連絡してください。

Copyright(c) 2002-2018 写真紀行 All Rights Reserved.