写真紀行・旅おりおり トップページへ 写真紀行・旅おりおり : 旅先で撮影した景色、建築、史跡、祭、風物等の写真と動画
 <小舟から大型船までを巡る写真紀行


 印象深い景色
坂道灯台横丁・小路街角通り温泉
 史 跡
街道史跡城・城跡人物奥の細道墓地・終焉地Play Back
 建築・構造物
伝統的建築先端建築神社漁港垣根
 自 然
池・沼海岸
 産業・交通
伝統・地場産業バスターミナル国内線自動車・バイク道風景
 四季の景色
棚田春景色夏景色秋景色冬景色
 歌の舞台・祭・他
歌の舞台祭・イベント夜景テ−マパ−ク釣り
 管理人
管理人備忘録リンク集

小鵜飼船 最上川舟運   山形県酒田市
小鵜飼船
小鵜飼船 小鵜飼船
小鵜飼船
 小鵜飼船は最上川舟運において物資の輸送をするために作られた船です。
 慶長6年(1601)山形藩主となった最上義光は、難所の開削や河岸の設置によって最上川舟運の整備を図った。最上川本流に就航する250俵積み4人乗りの「ひらた船」に対し、この小鵜飼船は支流や船着場間の近距離輸送に使われ、積載量は50俵程度でした。
 最上川上流松川(現在の米沢市の流域)に小鵜飼船が登場した時代は元禄年間といわれている。長さは約13〜15m、幅は約2mで、前方に帆をかけて風を利用し、舳先がとがった流線型をしているためスピードもあり、川幅の狭い支流では重宝がられた。
 上り船では、塩、砂糖、海産物、木綿、茶など、下り船では米、紅花、青苧、大豆などが運ばれた。上りには2週間程度、下りは4〜5日かかったと伝えられている。
 この舟は、最上川・川舟保存会の熱意により製作(舟大工:大石田町木村成雄氏)され、往年の舟運で活躍して当時をしのび、この地に展示した。 
山居倉庫
 近代化産業遺産である山居倉庫周辺の景観。往時はこの辺りに小鵜飼船が往来していたことだろう。
客船
サファイア・プリンセス ぱしふぃっくびーなす 飛鳥U 氷川丸 十石舟・三十石船
帆船
海王丸 浪華丸 日本丸 明治丸 初代日本丸
観光船
隅田川の船 水上バス シーバス
貨物船
コンテナ船 小鵜飼船 丸子船
渡船
天保山渡船 矢切の渡し
連絡船
羊蹄丸 八甲田丸 摩周丸 かめりあ丸 伊勢湾フェリー
本島汽船 さんふらわあnew
漁船
イカ釣り船(浜田) イカ釣り船(函館) しらす船 イカ釣り船(美保関) イカ釣り船(女川)
観測・調査船
ふじ しんかい2000 潜水調査船たんかい 宗谷
軍艦
潜水艦 護衛艦・はたかぜ 戦艦・三笠 北朝鮮工作船
模型
昇平丸 帆船模型 手漕ぎ木造和船


Google
WWW を検索 写真紀行・旅おりおり を検索

「写真紀行・旅おりおり」の画像を利用したい場合は、「」より連絡してください。

Copyright(c) 2002-2018 写真紀行 All Rights Reserved.