写真紀行・旅おりおり トップページへ 写真紀行・旅おりおり : 旅先で撮影した景色、建築、史跡、祭、風物等の写真と動画
 <寺を巡る写真紀行


 印象深い景色
坂道灯台横丁・小路街角通り温泉
 史 跡
街道史跡城・城跡人物奥の細道墓地・終焉地Play Back
 建築・構造物
伝統的建築先端建築神社漁港垣根
 自 然
池・沼海岸
 産業・交通
伝統・地場産業バスターミナル国内線自動車・バイク道風景
 四季の景色
棚田春景色夏景色秋景色冬景色
 歌の舞台・祭・他
歌の舞台祭・イベント夜景テ−マパ−ク釣り
 管理人
管理人備忘録リンク集

百済寺 湖東三山   滋賀県東近江市
百済寺
百済寺 百済寺
釈迦山 百済寺> 
 聖徳太子の御願によって創建されたと伝えられている。 白鳳期と推定される布目の瓦の破片が出土していることからすでにこの時代に瓦を用いた寺院が建築されていたことが推定され、愛知郡誌によると近江国最古の寺院である。
 天台宗となったのは後のことである。東寺勧智院年代記に天養元年(1144)百済寺天台別院と号すと書かれており、源平盛衰記に寿永2年(1183)木曽義仲に百済寺より500石の兵米を送ると記されている。
 室町時代明応7年に自火によって本堂付近を焼失し、古記録などの焼失によって寺歴を物語るものがなくなっている。
 その後文亀3年の兵火、天正元年信長の焼き討ちにより更に衰徴し、現本堂は慶安3年の建立である。(現地案内文参照)
百済寺 百済寺
国史跡 百済寺の概歴
 百済寺は、606年に聖徳太子と渡来僧恵慈により「百済人」のために創建され、当時の先進国家である「百済国」の国名を日本で初めて寺院名に冠した貴重かつ希少な名刹です。
 本尊の秘仏十一面観音(3.2m)は、古来より「植木観音」と呼ばれ、百済国「龍雲寺」の本尊とは「同木二体」で日韓両国交流の原点・象徴であった。
 しかし、残念なことに660年の百済の滅亡とともに龍雲寺も焼滅し、日本側の植木観音のみが両国関係の命脈を辛うじて維持してきた。
 この「植木」には、深い意味が込められている。
 一つには聖徳太子が根の着いたままの杉の巨木に観音像を彫られたこと。二つには百済からの先進文化・技術・諸制度・仏典等がほぼ移植し終わったことです。
 一方、百済寺の位置は北緯35.1度線上にあり、その西に向かっては太郎坊…比叡山…次郎坊(鞍馬山)を経て880qの彼方には渡来人の母国百済があり、その東に向かっては、熱田神宮が控えている。
 この配置関係は日本に暦を伝えた僧観勒(天文・地理・方位術の大家)が百済寺に数年間在寺したことからも必然の配置といえよう。
百済寺・鐘楼 百済寺・石垣遺構
最後の山城の偉容
 前方の石垣遺構は城砦化された「百済寺城」の一部です。小石を積み上げた石垣であったため、信長も安土への「石曳」をせず、破壊されずに残った。
 安土城の礎石の一部は、信長百済寺城の石垣(湖東流紋岩)を引き抜いて築城したものです。石曳の道を経由して搬出された。
百済寺・喜見院の庭園 百済寺・喜見院の庭園
喜見院の庭園別称「天下遠望の名園
 百済寺一山、本坊の喜見院は、もと千手坊と称していたが、寛永11年(1634)山門三院執行探題大僧正天海の高弟、・亮算が千手坊仙重の後任として入寺するや、千手坊を喜見院と改めた。
 その後、元文元年、喜見院は自火により焼し、元文2年、仁王門の側に移転改築された。現在の建物は、昭和15年(1940)、仁王門側よりに再度移転改築されたもので、これに伴い庭園も拡大移築したものである。
 池泉廻遊式且つ鑑賞式で旧庭園と同様に、山上眺望の見事なパノラマ庭園です。
 東方の山々を借景とし、その山林から自然に開けた山水で、庭石は旧庭園のものを移し、更に山内の谷川から運んだ巨石を組み合わせて作庭されたもので、書院正面中央の池畔に置かれた平な石を「拝石」とし、その正面の渓流の源に見える巨石が「不動石」である。東の山の谷水が、この石間から流れ出て渓流となり、池に落ちて池畔の巨石や山影を写し、この池泉を廻って歩を運び、高台の「遠望台」に達すると、湖東の平野が眼下に展開し、西方55qには「比叡の御山」に連なる湖西の山並みを眺望でき、さらに西方880q先には、渡来人の母国「百済国」を偲ぶことが出来る。
百済寺・仁王門と大草鞋 百済寺・仁王門と大草鞋
百済寺・仁王門と大草鞋
仁王門と大草鞋(わらじ)
 仁王門と大草鞋は、百済寺のシンボルの一つです。作家の五木寛之さんが「百寺巡礼」の第35番目に百済寺を参拝した時に、年齢と体力の点で65寺院の巡拝・訪問を大変心配して、この大草鞋に「満願成就」の願掛けをされて行かれた。その御利益あってか1年半後に見事、百寺満願を達成された。
 以来、この仁王門は全国的に有名になり、参拝の方々が通門時に必ず大草鞋に触れて行く慣わしになった。その後、五木さんは韓国、中国、インド、チベット、ネパール等の寺院を次々と踏破・巡拝される活躍・健脚ぶりです。
百済寺 百済寺
 戦国時代に入って宣教師ルイス・フロイスにより「地上の天国一千坊」と絶賛された百済寺は、1573年に織田信長の焼討に遭い壊滅的打撃を受けたが、江戸期に再建された本堂(重文)を中心に、石垣で覆われた中核部の境内地(81ヘクタール)は国史跡に、「天下遠望の庭園」は「日本の名園百選」に、秘仏植木観音は「NHKにっぽん心の仏像百選」に、秋の光景は「日本紅葉百選」に指定され、四季を通じて別名「美の百彩寺」と称えられている。

大きな地図で見る
北海道
函館 称名寺 高龍寺
東北
山形 光禅寺 専称寺 国分寺薬師堂
円蔵寺 義経寺
関東
木更津 證誠寺 選擇寺
東京 新宿区 善国寺
中央区 築地本願寺 地蔵寺
葛飾区 柴又帝釈天
荒川区 経王寺 浄光寺 養福寺
目黒区 目黒不動
豊島区 高岩寺
港区 赤坂不動尊 賢崇寺 泉岳寺 赤坂豊川稲荷
中野区 新井薬師
台東区 浅草寺 弁天堂 伝法院 源空寺 入谷鬼子母神
観音寺 かっぱ寺 大円寺 清水観音堂 築地本願寺
文京区 伝通院 護国寺 吉祥寺 源覚寺 講安寺
麟祥院 慈眼院 善光寺 昌清寺new
墨田区 回向院
足立区 源長寺
江東区 深川不動堂
鎌倉 建長寺 円覚寺 鎌倉大仏 東慶寺 長谷寺
浄妙寺 杉本寺 報国寺 海蔵寺 覚園寺
常栄寺 瑞泉寺 宝戒寺 本覚寺 妙本寺
妙骼 極楽寺 成就院 星の井寺 満福寺
浄智寺 鎌倉半僧坊 薬王寺
總持寺 龍口寺 成田山新勝寺
甲信越
広拯院月見堂 光前寺 善光寺 久遠寺 天宗寺 温泉寺
梅翁寺
東海
名古屋 大須観音 高徳院 子守地蔵尊
豊田 廣圓寺 松月寺 西運寺 嶺雲寺
静岡 臨済寺 清見寺
浜松 安寧寺 鴨江寺 瑞雲院 妙恩寺 地蔵院
普済寺 清瀧寺
湖北五山 龍潭寺@ 龍潭寺A 摩訶耶寺 宝林寺 大福寺
方広寺
袋井 油山寺 可睡斎
湖西 本興寺 蔵法寺
森町 大洞院 全生寺
稲沢 善光寺東海別院 祐専寺
西尾 円融寺 華蔵寺 源徳寺
岡崎 大樹寺 大泉寺 妙源寺 隋念寺
新城 大通寺 医王寺
豊川 浄泉寺 正法寺 長福寺 豊川稲荷
修禅寺 長誓寺 了仙寺 大御堂寺
北陸
高岡大仏
近畿
京都 左京区 南禅寺@ 南禅寺A 銀閣寺 寂光院 金地院
鞍馬寺 曼殊院 常林寺 詩仙堂 勝林院
宝泉院 実光院 三千院 金戒光明寺 光雲寺
天授庵 南禅院 妙満寺 圓通寺 峰定寺
金福寺 蓮華寺 妙満寺 永観堂
右京区 化野念仏寺 祇王寺 神護寺 妙心寺 仁和寺
二尊院 龍安寺 西明寺 清涼寺 滝口寺
天龍寺 慈眼堂 常寂光寺 常照皇寺 大覚寺
宝筐院 衡梅院 妙光寺
中京区 本能寺 六角堂 矢田寺 こぬか薬師 行願寺(革堂)
空也堂 正運寺 壬生寺 大福寺 瑞泉寺
善導寺 法雲寺
上京区 相国寺 廬山寺 法輪寺(達磨寺) 妙覚寺 竹林寺
導故寺 大法恩寺 本骼 茶くれん寺 宝鏡寺
妙顕寺 妙蓮寺 大應寺 本法寺 西林寺
雨宝院 石像寺 称念寺 浄福寺 智恵光院
下京区 東本願寺 西本願寺 平等寺 明王院不動寺 光圓寺
仏光寺 北来地蔵菩薩 粟嶋堂 本山興正寺
西京区 西芳寺(苔寺) 地蔵院 淨住寺 善峯寺
東山区 方広寺 建仁寺 清水寺 高台寺 八坂庚申堂
六波羅蜜寺 三十三間堂 退耕庵 知恩院 東福寺
泉涌寺 今熊野観音寺 八坂の塔 大雲院 安養寺
東大谷 仲源寺 なすあり地蔵菩薩 六道珍皇寺 烏寺
摩利支尊天堂 興正寺本廟 雪舟寺
北区 大仙院 大徳寺 源光庵 金閣寺 正伝寺
等持院 神光院 常照寺 光悦寺 西方寺
芳春院 閑臥庵 上善寺
南区 東寺
山科区 勧修寺
伏見区 西岸寺
宇治 平等院 恵心院 興聖寺
奈良 唐招提寺 興福寺 東大寺 薬師寺 般若寺
元興寺 十輪院 淨教寺 法徳寺 法華寺
飛鳥 岡寺 橘寺 法然寺 飛鳥寺
近江八幡 瑞龍寺 長命寺
京田辺 一休寺 観音寺
木津川 蟹満寺 神童寺 岩船寺 浄瑠璃寺
大山崎 観音寺 宝積寺
赤穂 花岳寺 萬福寺
室生寺 長谷寺 善福寺 西明寺 正法寺 法善寺
宗安寺 延命地蔵尊 金峯山寺 深専寺 神蔵寺 百済寺
法隆寺 地蔵禅院 石山寺
中国
尾道 西国寺 天寧寺塔婆 浄土寺 信行寺
山口 龍福寺 瑠璃光寺
永明寺(津和野) 東光寺(下関) 大寧寺 東光寺(萩) 向月寺(高梁)
四国
円福寺 高昌寺 金剛福寺
九州
興福寺 承天寺


Google
WWW を検索 写真紀行・旅おりおり を検索

「写真紀行・旅おりおり」の画像を利用したい場合は、「」より連絡してください。

Copyright(c) 2002-2017 uchiyama.info group All Rights Reserved.