写真紀行・旅おりおり トップページへ 写真紀行・旅おりおり : 旅先で撮影した景色、建築、史跡、祭、風物等の写真と動画
 <寺を巡る写真紀行


 印象深い景色
坂道灯台横丁・小路街角通り温泉
 史 跡
街道史跡城・城跡人物奥の細道墓地・終焉地Play Back
 建築・構造物
伝統的建築先端建築神社漁港垣根
 自 然
池・沼海岸
 産業・交通
伝統・地場産業バスターミナル国内線自動車・バイク道風景
 四季の景色
棚田春景色夏景色秋景色冬景色
 歌の舞台・祭・他
歌の舞台祭・イベント夜景テ−マパ−ク釣り
 管理人
管理人備忘録リンク集

金地院 南禅寺塔頭   京都市左京区
金地院
金地院 金地院
金地院 金地院
 金地院は、南禅寺塔頭で臨済宗南禅寺派に属する。応永年間(1400年頃)、南禅寺六十八世大業徳基が北区鷹峯に開いたのが当寺の起こりであるが、江戸時代の初め、以心崇伝がこの地に移して再興した。崇伝は徳川家康の信任を受けて政治外交の顧問として活躍し、寛永4年(1627)に当寺の大改築に着手して現在の寺観を整えた。崇伝はまた僧録司となって宗教界全体の取締りに当たり、以後幕末まで当寺は僧録司の地位にあった。
 方丈(重要文化財)は伏見城の遺構と伝えられ、柿葺き(こけらぶき)入母屋造り、書院造りの代表建築で、内部は狩野派諸家のふすま絵で飾られている。茶室八窓席は小堀遠州の設計で、三畳台目の遠州流茶席として有名である。「鶴亀の庭」と称される方丈庭園(特別名勝)もまた、小堀遠州が直接指揮して作庭した確実な証拠を有する唯一の庭園で、寛永9年(1632)に完成した名園である。境内の東照宮(重要文化財)は寛永5年(1628)の建築で、地方の東照宮の代表的なものである。このほか、寺宝として水墨画の名品など多くの文化財を蔵している。
鶴亀庭園
 寛永9年(1632)小堀遠州作庭。江戸時代初期の最も著名な造園家小堀遠州が数多く作庭した中で「鶴亀庭園」のみが確実な資料が現存する唯一の庭園で、造園史上極めて重要な遺跡とされている。庭の構成は方丈の前面に白砂を敷いて海洋を表し、前方の丘陵を巧みに利用して蓬莱連山を表す三尊石組を配し其の手前の東と西に亀島と鶴島を対峙させた祝儀の庭である。因みに中央の巨大な平面石を遙拝石というのであるが、其れは方丈(本堂)から東照宮を遙拝するにあたり、この庭が中間に設けた祭壇的役割を成すように設計されている為で、他に類例のないこの庭の特徴とされている。
金地院 金地院
東照宮
 重要文化財。金地院崇伝長老が徳川家康の遺命により寛永5年に創建し、家康の遺髪と念持仏とを奉祭す。建築様式は本殿・石之間・拝殿からなりいわゆる権現造り様式である。
 拝殿天井の龍は、狩野探幽之筆、欄間に掲げられた三十六歌仙は青蓮院尊純法親王の筆である。(現在の額は画家黒田正夕氏の謹写したものである)
金地院 金地院
金地院 金地院
本堂の屋根材
 本堂の屋根は柿葺きです。「かきぶき」ではなく「こけらぶき」と読む。材料はヒノキによく似た「さわら」という材料を使用する。最近はあまり見かけないが「おひつ」とか「桶」にも使用される。この材料を、厚み3o、長さ30p、幅8〜15p程に手割して使う。なぜ手割にするかというと、手割にすると断面がでこぼこしていて、重ねて葺いても隙間が出来て、雨に濡れてもすぐに乾くのと、のこぎりで挽くとのこぎりの歯の厚みだけロスが出るが、手割だと材料んぽロスがない。この材料を葺足3pで竹釘を使用して止める。竹釘は油抜きしたもので、鉄釘のように錆びない。竹釘を一握り程口の中に入れ、舌で1本ずつ送って止めていく。瓦屋根と違い、こけらの屋根は軽快で、柔らかな曲線の屋根となる。
 このほかの植物性の屋根としては、御所などで見られるヒノキの皮で葺く桧皮葺(ひわだぶき)、民家等の屋根に見られる茅葺(かやぶき)がある。 
北海道
函館 称名寺 高龍寺
東北
山形 光禅寺 専称寺 国分寺薬師堂
円蔵寺 義経寺
関東
木更津 證誠寺 選擇寺
東京 新宿区 善国寺
中央区 地蔵寺
葛飾区 柴又帝釈天
荒川区 経王寺 浄光寺 養福寺
目黒区 目黒不動
豊島区 高岩寺
港区 赤坂不動尊 賢崇寺 泉岳寺 赤坂豊川稲荷
中野区 新井薬師
台東区 浅草寺 弁天堂 伝法院 源空寺 入谷鬼子母神
観音寺 かっぱ寺 大円寺 清水観音堂 築地本願寺
文京区 伝通院 護国寺 吉祥寺 源覚寺 講安寺
麟祥院 慈眼院 善光寺 昌清寺new
墨田区 回向院
足立区 源長寺
江東区 深川不動堂
鎌倉 建長寺 円覚寺 鎌倉大仏 東慶寺 長谷寺
浄妙寺 杉本寺 報国寺 海蔵寺 覚園寺
常栄寺 瑞泉寺 宝戒寺 本覚寺 妙本寺
妙骼 極楽寺 成就院 星の井寺 満福寺
浄智寺 鎌倉半僧坊 薬王寺
總持寺 龍口寺 成田山新勝寺
甲信越
広拯院月見堂 光前寺 善光寺 久遠寺 天宗寺 温泉寺
梅翁寺
東海
名古屋 大須観音 高徳院 子守地蔵尊
豊田 廣圓寺 松月寺 西運寺 嶺雲寺
静岡 臨済寺 清見寺
浜松 安寧寺 鴨江寺 瑞雲院 妙恩寺 地蔵院
普済寺 清瀧寺
湖北五山(浜松) 龍潭寺@ 龍潭寺A 摩訶耶寺 宝林寺 大福寺
方広寺
袋井 油山寺 可睡斎
湖西 本興寺 蔵法寺
森町 大洞院 全生寺
稲沢 善光寺東海別院 祐専寺
西尾 円融寺 華蔵寺 源徳寺
岡崎 大樹寺 大泉寺 妙源寺 隋念寺
新城 大通寺 医王寺
豊川 浄泉寺 正法寺 長福寺 豊川稲荷
修禅寺 長誓寺 了仙寺 大御堂寺
北陸
高岡大仏
近畿
京都 左京区 南禅寺@ 南禅寺A 銀閣寺 寂光院 金地院
鞍馬寺 曼殊院 常林寺 詩仙堂 勝林院
宝泉院 実光院 三千院 金戒光明寺 光雲寺
天授庵 南禅院 永観堂 圓通寺 峰定寺
金福寺 蓮華寺 妙満寺@ 妙満寺A
右京区 化野念仏寺 祇王寺 神護寺 妙心寺 仁和寺
二尊院 龍安寺 西明寺 清涼寺 滝口寺
天龍寺 慈眼堂 常寂光寺 常照皇寺 大覚寺
宝筐院 衡梅院 妙光寺
中京区 本能寺 六角堂 矢田寺 こぬか薬師 行願寺(革堂)
空也堂 正運寺 壬生寺 大福寺 瑞泉寺
善導寺 法雲寺
上京区 相国寺 廬山寺 法輪寺(達磨寺) 妙覚寺 竹林寺
導故寺 大法恩寺 本骼 茶くれん寺 宝鏡寺
妙顕寺 妙蓮寺 大應寺 本法寺 西林寺
雨宝院 石像寺 称念寺 浄福寺 智恵光院
下京区 東本願寺 西本願寺 平等寺 明王院不動寺 光圓寺
仏光寺 北来地蔵菩薩 粟嶋堂 本山興正寺
西京区 西芳寺(苔寺) 地蔵院 淨住寺 善峯寺
東山区 方広寺 建仁寺 清水寺 高台寺 八坂庚申堂
六波羅蜜寺 三十三間堂 退耕庵 知恩院 東福寺
泉涌寺 今熊野観音寺 八坂の塔 大雲院 安養寺
東大谷 仲源寺 なすあり地蔵菩薩 六道珍皇寺 烏寺
摩利支尊天堂 興正寺本廟 雪舟寺
北区 大仙院 大徳寺 源光庵 金閣寺 正伝寺
等持院 神光院 常照寺 光悦寺 西方寺
芳春院 閑臥庵 上善寺
南区 東寺
山科区 勧修寺
伏見区 西岸寺
宇治 平等院 恵心院 興聖寺
奈良 唐招提寺 興福寺 東大寺 薬師寺 般若寺
元興寺 十輪院 淨教寺 法徳寺 法華寺
飛鳥 岡寺 橘寺 法然寺 飛鳥寺
近江八幡 瑞龍寺 長命寺
京田辺 一休寺 観音寺
木津川 蟹満寺 神童寺 岩船寺 浄瑠璃寺
大山崎 観音寺 宝積寺
赤穂 花岳寺 萬福寺
室生寺 長谷寺 善福寺 西明寺 正法寺 法善寺
宗安寺 延命地蔵尊 金峯山寺 深専寺 神蔵寺 百済寺
法隆寺 地蔵禅院 石山寺
中国
尾道 西国寺 天寧寺塔婆 浄土寺 信行寺
山口 龍福寺 瑠璃光寺
永明寺(津和野) 東光寺(下関) 大寧寺 東光寺(萩) 向月寺(高梁)
四国
円福寺 高昌寺 金剛福寺
九州
興福寺 承天寺


Google
WWW を検索 写真紀行・旅おりおり を検索

「写真紀行・旅おりおり」の画像を利用したい場合は、「」より連絡してください。

Copyright(c) 2002-2017 写真紀行 All Rights Reserved.