写真紀行・旅おりおり トップページへ 写真紀行・旅おりおり : 旅先で撮影した景色、建築、史跡、祭、風物等の写真と動画
 <寺を巡る写真紀行


 印象深い景色
坂道灯台横丁・小路街角通り温泉
 史 跡
街道史跡城・城跡人物奥の細道墓地・終焉地Play Back
 建築・構造物
伝統的建築先端建築神社漁港垣根
 自 然
池・沼海岸
 産業・交通
伝統・地場産業バスターミナル国内線自動車・バイク道風景
 四季の景色
棚田春景色夏景色秋景色冬景色
 歌の舞台・祭・他
歌の舞台祭・イベント夜景テ−マパ−ク釣り
 管理人
管理人備忘録リンク集

仁和寺 御室御所   京都市右京区
仁和寺・金堂
仁和寺・金堂 仁和寺・金堂
仁和寺・金堂 仁和寺・金堂
 仁和寺は、真言宗御室派の総本山で、平成6年(1994)、ユネスコ(国際連合教育科学文化機関)に採択された世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約に基づき、「古都京都の文化財」のひとつとして世界遺産に登録された。このことは、人類全体の利益のために保護する価値のある文化遺産として、とくに優れて普遍的価値をもっていることを国際的に認められたことになる。
 仁和寺は、仁和4年(888)に宇多天皇により完成した勅願寺で、皇子・皇孫が門跡を務めたことから門跡寺院の筆頭とされて、「御室御所」といわれている。
 応仁の乱(1467〜77)により全伽藍を焼失したが、寛永18〜正保元年(1641〜44)に再興され、このとき当時御所にあった紫宸殿と常御殿が移築されて、それぞれ金堂と仁和寺御殿(明治20年(1887)焼失)に転用された。また清涼殿の古材を用いて御影堂が造営」されたほか、仁王門・中門・五重塔などが建てられ、境内の整備が進められた。現在見られる伽藍は、主としてこのときのものです。 
金堂
 金堂は正面七軒7間、側面5間の大規模な建物で、屋根が檜皮葺から本瓦葺へと改められているものの、蔀戸をめぐらせるなど桃山時代の宮殿建築の趣をよく伝えている。
 慶長18年に造営された京都御所の紫宸殿を寛永再興の際に移築して、寛永21年に仁和寺の金堂(本堂として)完成した現存する最古の紫宸殿の遺構である。本尊は阿弥陀如来・勢至菩薩・左に観世音菩薩が脇侍として安置されている。
仁和寺・五重塔 仁和寺・五重塔
 平安時代前期に光孝天皇が創建に着手した後、仁和4年(888)に宇多天皇が完成させ、仁和寺と名付けた。宇多天皇は退位の後、出家して、仁和寺内に僧坊を営み、三十余念間修行に専心したため、法皇が御座する室(僧坊)ということから、「御室」が後に仁和寺周辺の地名となった。
 以後、明治維新まで約千年間、皇子皇孫が門跡として法燈を伝えたが、その間、応仁の乱の戦火で全伽藍を焼失し、双岡西麓に仮御所を設けた時期もあった。
 現在の伽藍は、江戸時代初期に徳川家光の協力を得て再建されたもので、御所の紫宸殿を移した金堂(国宝)をはじめ、御影堂・観音堂・鐘楼・五重塔・経蔵・仁王門(いずれも重要文化財)などは当時の建物である。仁和寺境内は仁和寺御所跡として史跡に指定されている。
 西門から成就山の麓にかけて、四国の八十八カ所霊場を縮小した「御室八十八カ所巡りの霊場」があり、中門の左手には、遅咲きの桜の名所として有名な「御室桜」(名勝)が見られる。
五重塔>重要文化財)
 総高36.18m、塔身高さ32.7m。寛永21年造営の「三間五重塔姿」である。近世の五重塔のなかでも、古寺の塔としての貫禄をしめしている。
仁和寺・鐘楼 仁和寺・境内
 紅葉に包まれた鐘楼と境内。
仁和寺・仁和寺の鎮守 仁和寺・御影堂
 上左画像は仁和寺の鎮守である九所明神。寛永の再興である。上右画像は御影堂である。
御影堂>(重要文化財)
 寛永再興の時に、慶長年間造営の京都御所の清涼殿の材の一部を賜り、これを再用して現在の姿にしたものである。真言宗の祖、弘法大師ご開山宇多法皇仁和寺第二世大御室性信親王の影像を安置している。
仁和寺・済信塚 仁和寺
済信塚
 仁和寺第二世性信親王の出家の師である済信大僧正(954〜1030)の聖徳をしのび追恩謝徳の浄域として定められたところである。仁和寺北院済信大僧正は左大臣源雅信の賢子で時の仏教界の聖僧として朝廷より僧侶として初めて牛車の使用を許された。後世故大僧正追恩遙拝のあといわれている。
謡曲「経正」と仁和寺
 謡曲「経正」は、生前琵琶に堪能であった平経正の妄執を描いた修羅物である。
 平経正は幼少の時から仁和寺御所の御寵遇を蒙り、青山という琵琶の名器を拝借したが西海の合戦で討死したので御所では僧都行慶に仰せつけてこの琵琶を手向け、管絃講を催して、その跡を弔われた。
 すると経正の幽霊が夢幻の如く現れ出でて琵琶を弾き、又修羅の苦患を示した。という曲である。
仁和寺・御室御所 仁和寺・御室御所
 旧御室御所は、二王門を入るとすぐ左手にある。
仁和寺・二王門 仁和寺・二王門
仁和寺・二王門 仁和寺・二王門
 仁和寺の正門「二王門」。寛永の再興の際、徳川家光の寄進により建造されたといわれている。この「二王門」は京都の三大門の一つで重要文化財でもある。
仁和寺 仁和寺
仁和寺 仁和寺
 「必殺 仕事人」の撮影準備。これから撮影が始まるところだが、時間の都合で見ることができなかった。 
北海道
函館 称名寺 高龍寺
東北
山形 光禅寺 専称寺 国分寺薬師堂
円蔵寺 義経寺
関東
木更津 證誠寺 選擇寺
東京 新宿区 善国寺
中央区 地蔵寺
葛飾区 柴又帝釈天
荒川区 経王寺 浄光寺 養福寺
目黒区 目黒不動
豊島区 高岩寺
港区 赤坂不動尊 賢崇寺 泉岳寺 赤坂豊川稲荷
中野区 新井薬師
台東区 浅草寺 弁天堂 伝法院 源空寺 入谷鬼子母神
観音寺 かっぱ寺 大円寺 清水観音堂 築地本願寺
文京区 伝通院 護国寺 吉祥寺 源覚寺 講安寺
麟祥院 慈眼院 善光寺 昌清寺new
墨田区 回向院
足立区 源長寺
江東区 深川不動堂
鎌倉 建長寺 円覚寺 鎌倉大仏 東慶寺 長谷寺
浄妙寺 杉本寺 報国寺 海蔵寺 覚園寺
常栄寺 瑞泉寺 宝戒寺 本覚寺 妙本寺
妙骼 極楽寺 成就院 星の井寺 満福寺
浄智寺 鎌倉半僧坊 薬王寺
總持寺 龍口寺 成田山新勝寺
甲信越
広拯院月見堂 光前寺 善光寺 久遠寺 天宗寺 温泉寺
梅翁寺
東海
名古屋 大須観音 高徳院 子守地蔵尊
豊田 廣圓寺 松月寺 西運寺 嶺雲寺
静岡 臨済寺 清見寺
浜松 安寧寺 鴨江寺 瑞雲院 妙恩寺 地蔵院
普済寺 清瀧寺
湖北五山(浜松) 龍潭寺@ 龍潭寺A 摩訶耶寺 宝林寺 大福寺
方広寺
袋井 油山寺 可睡斎
湖西 本興寺 蔵法寺
森町 大洞院 全生寺
稲沢 善光寺東海別院 祐専寺
西尾 円融寺 華蔵寺 源徳寺
岡崎 大樹寺 大泉寺 妙源寺 隋念寺
新城 大通寺 医王寺
豊川 浄泉寺 正法寺 長福寺 豊川稲荷
修禅寺 長誓寺 了仙寺 大御堂寺
北陸
高岡大仏
近畿
京都 左京区 南禅寺@ 南禅寺A 銀閣寺 寂光院 金地院
鞍馬寺 曼殊院 常林寺 詩仙堂 勝林院
宝泉院 実光院 三千院 金戒光明寺 光雲寺
天授庵 南禅院 永観堂 圓通寺 峰定寺
金福寺 蓮華寺 妙満寺@ 妙満寺A
右京区 化野念仏寺 祇王寺 神護寺 妙心寺 仁和寺
二尊院 龍安寺 西明寺 清涼寺 滝口寺
天龍寺 慈眼堂 常寂光寺 常照皇寺 大覚寺
宝筐院 衡梅院 妙光寺
中京区 本能寺 六角堂 矢田寺 こぬか薬師 行願寺(革堂)
空也堂 正運寺 壬生寺 大福寺 瑞泉寺
善導寺 法雲寺
上京区 相国寺 廬山寺 法輪寺(達磨寺) 妙覚寺 竹林寺
導故寺 大法恩寺 本骼 茶くれん寺 宝鏡寺
妙顕寺 妙蓮寺 大應寺 本法寺 西林寺
雨宝院 石像寺 称念寺 浄福寺 智恵光院
下京区 東本願寺 西本願寺 平等寺 明王院不動寺 光圓寺
仏光寺 北来地蔵菩薩 粟嶋堂 本山興正寺
西京区 西芳寺(苔寺) 地蔵院 淨住寺 善峯寺
東山区 方広寺 建仁寺 清水寺 高台寺 八坂庚申堂
六波羅蜜寺 三十三間堂 退耕庵 知恩院 東福寺
泉涌寺 今熊野観音寺 八坂の塔 大雲院 安養寺
東大谷 仲源寺 なすあり地蔵菩薩 六道珍皇寺 烏寺
摩利支尊天堂 興正寺本廟 雪舟寺
北区 大仙院 大徳寺 源光庵 金閣寺 正伝寺
等持院 神光院 常照寺 光悦寺 西方寺
芳春院 閑臥庵 上善寺
南区 東寺
山科区 勧修寺
伏見区 西岸寺
宇治 平等院 恵心院 興聖寺
奈良 唐招提寺 興福寺 東大寺 薬師寺 般若寺
元興寺 十輪院 淨教寺 法徳寺 法華寺
飛鳥 岡寺 橘寺 法然寺 飛鳥寺
近江八幡 瑞龍寺 長命寺
京田辺 一休寺 観音寺
木津川 蟹満寺 神童寺 岩船寺 浄瑠璃寺
大山崎 観音寺 宝積寺
赤穂 花岳寺 萬福寺
室生寺 長谷寺 善福寺 西明寺 正法寺 法善寺
宗安寺 延命地蔵尊 金峯山寺 深専寺 神蔵寺 百済寺
法隆寺 地蔵禅院 石山寺
中国
尾道 西国寺 天寧寺塔婆 浄土寺 信行寺
山口 龍福寺 瑠璃光寺
永明寺(津和野) 東光寺(下関) 大寧寺 東光寺(萩) 向月寺(高梁)
四国
円福寺 高昌寺 金剛福寺
九州
興福寺 承天寺


Google
WWW を検索 写真紀行・旅おりおり を検索

「写真紀行・旅おりおり」の画像を利用したい場合は、「」より連絡してください。

Copyright(c) 2002-2017 写真紀行 All Rights Reserved.