写真紀行・旅おりおり トップページへ 写真紀行・旅おりおり : 旅先で撮影した景色、建築、史跡、祭、風物等の写真と動画
 <寺を巡る写真紀行


 印象深い景色
坂道灯台横丁・小路街角通り温泉
 史 跡
街道史跡城・城跡人物奥の細道墓地・終焉地Play Back
 建築・構造物
伝統的建築先端建築神社漁港垣根
 自 然
池・沼海岸
 産業・交通
伝統・地場産業バスターミナル国内線自動車・バイク道風景
 四季の景色
棚田春景色夏景色秋景色冬景色
 歌の舞台・祭・他
歌の舞台祭・イベント夜景テ−マパ−ク釣り
 管理人
管理人備忘録リンク集

滝口寺 滝口入道と横笛の悲恋の寺   京都市右京区
滝口寺
滝口寺 滝口寺
滝口寺 滝口寺
滝口寺史跡
 当所は、もと良鎮上人の開祖にかかる往生院の子院で、三宝寺と称し浄土宗に属したが、明治維新の際、廃絶してしまった。
 かつて三宝寺には、滝口入道と横笛の悲恋物語が伝えられていたところから、滝口寺と呼ばれていた。近年、有志によって庵室が建てられ、清凉寺内の史跡となって甦った。本堂には、三宝寺遺物である滝口入道と横笛の木像を安置している。
 滝口入道は、名を斎藤時頼といい宮中の警衛に当たる滝口の武士であったが、建礼門院の雑仕女横笛を見そめて恋に陥った。しかし、彼の父はその恋を許さず、そのため時頼はわずか19歳にして往生院に入り出家したのである。横笛は、これを聞き往生院を訪ねるが、滝口入道は修業の妨げと合わず、そのため、横笛は悲しみのあまり大堰川に身を沈めたとも、奈良・法華寺に出家したともいう。
 滝口入道は、のち、高野山清浄院に入って高野聖となり、元禄元年(1184)紀伊勝浦での平維盛入水に立ち合っている。
滝口寺 滝口寺
滝口寺 滝口寺
滝口寺(旧往生院三宝寺)
 滝口入道と横笛の悲恋の寺。滝口寺は、もと往生院三宝寺といった。念仏房によって創建された「往生院」は、念仏の道場として栄えその境内地も山上から広い地域に渡って数々の坊があったと伝えられる。その後、応仁の乱等の数々の戦乱により変遷を経て、後、祇王寺と三宝寺とが浄土宗の寺として残った。
 明治維新、廃寺となり、祇王寺の再建に続いて当寺も再建され、故佐佐木信綱博士が、小説「滝口入道」にちなんで「滝口寺」と命名された。「平家物語」維盛高野の巻で滝口入道と横笛の悲恋物語が挿入されている。滝口入道はもと重盛の侍でその名を斎藤滝口時頼。
 清盛の西八条殿での花見の宴に於いて建礼門院つきの女官の横笛の舞姿を見て、恋しく思うようになり恋文を送るようになった。すると時頼の父がこの事を聞いて「おまえは名門の出にして、将来は平家一門に入る身上でありながら、なぜあんな横笛ごときを思いそめるのか」と厳しく叱ったため、時頼は、主君(小松内大臣重盛)の信頼に背いて恋に迷う己を自責したが、「これこそ仏道に入らしめる尊い手引きである」として嵯峨の往生院で出家してしまう。
 滝口寺の裏手の山を小倉山と云い、その小倉山の眼下一望を嵯峨野と呼ぶ。小倉山は、小倉百人一首で知られる藤原定家の時雨亭があった所であり、平家物語に出てくる小督局、祇王、祇女、仏御前らが世を捨てて隠棲したのも。後、新田義貞の妻匂当内侍が三条河原でさらし首になっている義貞の首を盗んで庵をむすんだ所も小倉山や嵯峨野である。平安期の貴族の遊び場所でもあった嵯峨野の風景を、わずかにとどめている小倉山は、春は桜、夏は緑、秋には紅葉、そして冬には葉の落ちてしまった小枝に積もる雪と美しく、山から湧き出る水は八百年の昔と変わりなく流れ出ている。
 横笛は、都で滝口入道が出家したということを伝え聞いて恨めしく思い、自分の心を打つ明けたいと、都を出てあちらこちらと尋ねて嵯峨の往生院へやって来た時は、もう日も暮れた夕闇の中であった。住み荒らしたる僧坊念誦の声がしたので、滝口入道の声と聞きすまして真の心を打ち明けたく、女子の身でやってきたことを言った。滝口入道は、胸がどきどきして、驚き呆れたあまり、襖の隙間から覗いて横笛をみると、裾は露でぬれ、袖は涙でぬれ、痩せこけた顔つきは、本当に尋ねかねた様子に如何なる大道心者も心弱うなるに違いない。ところが、滝口入道は、同宿の僧を遣して、「全くここにはそのような人は居りません。お門違いではないでしょうか」と言わせた。
 横笛泣く泣く帰るわけですが、真の心を伝えたく、近くにあった石に歌を書いて帰った。 山深み思い入りぬる柴の戸のまことの道に我れを導け
 滝口入道は未練が残ったまま別れた女性に住まいを見つけられたからには修行の妨げと思い高野山に移った。横笛もその後すぐ法華寺で尼になったと聞いたので滝口入道は一首の歌を横笛に送った。
 そるまでは恨みしかとも梓弓 
 まことの道に入るぞ嬉しき
横笛返して
 そるとても何か恨みを梓弓
 引きとどむべき心ならねば
 横笛はまもなく法華寺で死んだ。滝口入道はこの事を伝え聞いてますます仏道修行をして高野の聖といわれる高僧になったという。(滝口寺解説文より) 
滝口寺
新田義貞の首塚と匂当内侍の供養塔
 歴史文学「太平記」に出てくる。明治の文豪高山樗牛は、平家物語の悲恋物語から取材して、歴史小説「滝口入道」を読売新聞の懸賞小説に投じ当選、明治文学の代表作として高く評価されている。
 参道の中途にあるのが、横笛歌石。横笛が指を切って血で歌をかいて帰った石、深くおおい茂った竹藪の中にあるのは、平家供養塔。滝口入道と平家一門の供養塔。小松道、平重盛(小松内大臣)を祀る。本堂にあるのが、滝口入道と横笛の木像。鎌倉後期の作で眼が水晶(玉顔)往生院遺物の一つである。 
北海道
函館 称名寺 高龍寺
東北
山形 光禅寺 専称寺 国分寺薬師堂
円蔵寺 義経寺
関東
木更津 證誠寺 選擇寺
東京 新宿区 善国寺
中央区 地蔵寺
葛飾区 柴又帝釈天
荒川区 経王寺 浄光寺 養福寺
目黒区 目黒不動
豊島区 高岩寺
港区 赤坂不動尊 賢崇寺 泉岳寺 赤坂豊川稲荷
中野区 新井薬師
台東区 浅草寺 弁天堂 伝法院 源空寺 入谷鬼子母神
観音寺 かっぱ寺 大円寺 清水観音堂 築地本願寺
文京区 伝通院 護国寺 吉祥寺 源覚寺 講安寺
麟祥院 慈眼院 善光寺 昌清寺new
墨田区 回向院
足立区 源長寺
江東区 深川不動堂
鎌倉 建長寺 円覚寺 鎌倉大仏 東慶寺 長谷寺
浄妙寺 杉本寺 報国寺 海蔵寺 覚園寺
常栄寺 瑞泉寺 宝戒寺 本覚寺 妙本寺
妙骼 極楽寺 成就院 星の井寺 満福寺
浄智寺 鎌倉半僧坊 薬王寺
總持寺 龍口寺 成田山新勝寺
甲信越
広拯院月見堂 光前寺 善光寺 久遠寺 天宗寺 温泉寺
梅翁寺
東海
名古屋 大須観音 高徳院 子守地蔵尊
豊田 廣圓寺 松月寺 西運寺 嶺雲寺
静岡 臨済寺 清見寺
浜松 安寧寺 鴨江寺 瑞雲院 妙恩寺 地蔵院
普済寺 清瀧寺
湖北五山(浜松) 龍潭寺@ 龍潭寺A 摩訶耶寺 宝林寺 大福寺
方広寺
袋井 油山寺 可睡斎
湖西 本興寺 蔵法寺
森町 大洞院 全生寺
稲沢 善光寺東海別院 祐専寺
西尾 円融寺 華蔵寺 源徳寺
岡崎 大樹寺 大泉寺 妙源寺 隋念寺
新城 大通寺 医王寺
豊川 浄泉寺 正法寺 長福寺 豊川稲荷
修禅寺 長誓寺 了仙寺 大御堂寺
北陸
高岡大仏
近畿
京都 左京区 南禅寺@ 南禅寺A 銀閣寺 寂光院 金地院
鞍馬寺 曼殊院 常林寺 詩仙堂 勝林院
宝泉院 実光院 三千院 金戒光明寺 光雲寺
天授庵 南禅院 永観堂 圓通寺 峰定寺
金福寺 蓮華寺 妙満寺@ 妙満寺A
右京区 化野念仏寺 祇王寺 神護寺 妙心寺 仁和寺
二尊院 龍安寺 西明寺 清涼寺 滝口寺
天龍寺 慈眼堂 常寂光寺 常照皇寺 大覚寺
宝筐院 衡梅院 妙光寺
中京区 本能寺 六角堂 矢田寺 こぬか薬師 行願寺(革堂)
空也堂 正運寺 壬生寺 大福寺 瑞泉寺
善導寺 法雲寺
上京区 相国寺 廬山寺 法輪寺(達磨寺) 妙覚寺 竹林寺
導故寺 大法恩寺 本骼 茶くれん寺 宝鏡寺
妙顕寺 妙蓮寺 大應寺 本法寺 西林寺
雨宝院 石像寺 称念寺 浄福寺 智恵光院
下京区 東本願寺 西本願寺 平等寺 明王院不動寺 光圓寺
仏光寺 北来地蔵菩薩 粟嶋堂 本山興正寺
西京区 西芳寺(苔寺) 地蔵院 淨住寺 善峯寺
東山区 方広寺 建仁寺 清水寺 高台寺 八坂庚申堂
六波羅蜜寺 三十三間堂 退耕庵 知恩院 東福寺
泉涌寺 今熊野観音寺 八坂の塔 大雲院 安養寺
東大谷 仲源寺 なすあり地蔵菩薩 六道珍皇寺 烏寺
摩利支尊天堂 興正寺本廟 雪舟寺
北区 大仙院 大徳寺 源光庵 金閣寺 正伝寺
等持院 神光院 常照寺 光悦寺 西方寺
芳春院 閑臥庵 上善寺
南区 東寺
山科区 勧修寺
伏見区 西岸寺
宇治 平等院 恵心院 興聖寺
奈良 唐招提寺 興福寺 東大寺 薬師寺 般若寺
元興寺 十輪院 淨教寺 法徳寺 法華寺
飛鳥 岡寺 橘寺 法然寺 飛鳥寺
近江八幡 瑞龍寺 長命寺
京田辺 一休寺 観音寺
木津川 蟹満寺 神童寺 岩船寺 浄瑠璃寺
大山崎 観音寺 宝積寺
赤穂 花岳寺 萬福寺
室生寺 長谷寺 善福寺 西明寺 正法寺 法善寺
宗安寺 延命地蔵尊 金峯山寺 深専寺 神蔵寺 百済寺
法隆寺 地蔵禅院 石山寺
中国
尾道 西国寺 天寧寺塔婆 浄土寺 信行寺
山口 龍福寺 瑠璃光寺
永明寺(津和野) 東光寺(下関) 大寧寺 東光寺(萩) 向月寺(高梁)
四国
円福寺 高昌寺 金剛福寺
九州
興福寺 承天寺


Google
WWW を検索 写真紀行・旅おりおり を検索

「写真紀行・旅おりおり」の画像を利用したい場合は、「」より連絡してください。

Copyright(c) 2002-2017 写真紀行 All Rights Reserved.