写真紀行・旅おりおり トップページへ 写真紀行・旅おりおり : 旅先で撮影した景色、建築、史跡、祭、風物等の写真と動画
 <神社を巡る写真紀行


 印象深い景色
坂道灯台横丁・小路街角通り温泉
 史 跡
街道史跡城・城跡人物奥の細道墓地・終焉地Play Back
 建築・構造物
伝統的建築先端建築神社漁港垣根
 自 然
池・沼海岸
 産業・交通
伝統・地場産業バスターミナル国内線自動車・バイク道風景
 四季の景色
棚田春景色夏景色秋景色冬景色
 歌の舞台・祭・他
歌の舞台祭・イベント夜景テ−マパ−ク釣り
 管理人
管理人備忘録リンク集

今宮神社 疫神を祀る神社   京都市北区
今宮神社
今宮神社 今宮神社
今宮神社 今宮神社
 大己貴命(おおなむちのみこと)、事代主命(ことしろぬしのみこと)、奇稲田姫命(くしいなだひめのみこと)の三柱を祀る神社で正歴5年(994)に船岡の上に創立されたといわれ、疫病の神として信仰が厚い。一条天皇は疫病鎮めのために御霊会を修せられ、長保3年(1001)に初めてこの三柱を現地に勧請せられた。
 本殿は明治35年(1902)の再建で、その西にある疫神社は本社が鎮座される以前からあったといわれ、素盞嗚尊(すさのおのみこと)を祀る。
 今宮の名は、この古い疫神社に対し、新しい宮を意味する名称である。
 なお、4月第2日曜、当社で行う「安良居祭」(やすらいまつり)は桜の開花の頃に行う病鎮めの祭事であり、京都の奇祭の一つとして知られている。
今宮神社・阿呆賢 今宮神社・阿呆賢
今宮の奇石
 此の阿呆賢(あほかし)さんは古くから神占石とも云われ、病弱な者はこの石に心を込めて病気平癒を祈り軽く手の平で石を撫で身体の悪きところを摩れば、健康の回復を早める。又、重軽石とも云われ、先ず軽く手のひらで三度石を打ち、持ち上げるに、たいそう重くなり、再度願い事を込めて三度手のひらで撫でて持ち上げる。
 軽くなれば願いが成就すると言い伝えられている。
今宮神社・東門 今宮神社・東門前景観
あぶり餅 あぶり餅
 東門から眺める景観も、離れて東門方面を眺める景観も落ち着いた穏やかな雰囲気を漂わせている。思わずカメラを向ける。
 東門を出た所には、名物「あぶり餅」を売る店がある。あぶり餅は、餅を親指大にちぎって、きな粉をまぶしそれを竹串にさしあぶったものです。今宮神社参拝の帰りに「あぶり餅」を食べ、疫病除けをする習わしとなって伝わっている。 
今宮神社 今宮神社
今宮神社 今宮神社
 別の日(年)に再び訪れる。赤子のご祈祷をしている光景に出会う。青空の下、すがすがしい日和であった。
桂昌院(お玉の方)
 桂昌院は、寛永5年(1628)、西陣で八百屋の次女に生まれ、名を玉といった。その後公家二条家に出入りの本庄宗利の娘となり、関白家の鷹司孝子に仕えたが、やがて孝子が将軍家光に入嫁するのに伴われて江戸城に入り大奥で仕えているうち、春日の局に認められて家光の側室となり、後に五代将軍となる綱吉を生んでその生母となり、晩年には従一位に除せられ、世に畏敬されつつ、至福のうちに、宝永2年(1705)79歳で没した。
 桂昌院は、終生神仏を敬うこと深く、報恩感謝の心厚かったが、とりわけ西陣の産土(うぶすな)の神の座す今宮社が、当時荒れているのを嘆き、元禄7年(1694)から、時の奉行に命じて、社殿を造営・神領を寄進。そのため神域は面目を一新したという。
 また祭礼も、途絶えていた「やすらい祭」を復活させ、「今宮祭」には、御牛車・鉾などを寄進、また御幸道を改修し、氏子地域を拡げるなど、大いに復興に努めたので、祭りは往時を凌ぐほどの盛況を取り戻した。
 更に元禄12年(1699)には、江戸護国寺の地に今宮の神を分祀して今宮神社とし、毎年今宮祭を祭行したと伝えられている。(東京都文京区音羽町に現存)
 こうした桂昌院の業績は、没後三百余年を経た今日でも、神社中興の祖として、その遺徳を讃える産子が多い。また、一面、一介の市井人から、身を起こし乍ら、所謂「玉の輿」を昇りつめた類い希な女性として、その生涯を偲慕する人々も少なくない。 
東北
秋田 八幡秋田神社 彌高神社
塩竈神社 櫻山神社 愛宕神社 赤神神社 五社堂
関東
東京    千代田区 靖国神社 神田明神
文京区 妻恋神社 湯島天神 根津神社 北野神社 金刀比羅宮東京分社
江東区 富岡八幡宮
渋谷区 明治神宮 御嶽神社
台東区 浅草神社 上野東照宮
港区 乃木神社 氷川神社 十番稲荷神社 愛宕神社
新宿区 穴八幡神社 熊野神社 赤城神社
中央区 水天宮 住吉神社
目黒区 大鳥神社
世田谷区 松陰神社
荒川区 諏方神社
葛飾区 氷川神社new
鎌倉 鶴岡八幡宮 銭洗弁財天 荏柄天神社 鎌倉宮 第六天
八雲神社 御霊神社 小動神社
日光東照宮 筑波山神社 那須温泉神社 氷川神社 白滝不動尊 八剱八幡神社
江島神社
甲信越
弁財天堂 稲荷大明神 駒ヶ岳神社 鉢伏神社
東海
浜松 賀茂神社 秋葉神社総社 縣居神社 足神神社 山住神社
井伊谷宮 五社神社 熊野神社 二宮神社
掛川 龍尾神社 事任八幡宮
豊川 大社神社 牛久保八幡社 関川神社 杉森八幡社
名古屋 熱田神宮 浅間神社 屋根神
牟呂八幡社 来宮神社 小国神社 池宮神社 富士山本宮浅間大社 三嶋大社
静岡浅間神社 湊神社 治水神社
北陸
氣比神社
近畿
京都    左京区 八大神社 平安神宮 貴船神社 熊野若王子神社 下鴨神社
吉田神社
右京区 野宮神社 梅宮大社 車折神社
上京区 北野天満宮 梨木神社 島原住吉神社 白峯神宮 上御霊神社
水火天満宮 岩上神社 霊光殿天満宮 首途八幡宮 晴明神社
下京区 大政所御旅所 冠者殿社 八坂神社御旅所 神明神社 五條天神宮
住吉神社 道祖神社 菅大臣神社
中京区 錦天満宮 御所八幡宮 越後神社 土佐稲荷・岬神社 薬祖神祠
元祇園梛神社 武信稲荷神社 白山神社 下御霊神社
西京区 松尾大社
東山区 豊国神社 八坂神社 京都霊山護国神社 粟田神社 新日吉神宮
伏見区 伏見稲荷大社 御香宮神社
北区 今宮神社 上賀茂神社 大将軍神社 建勲神社
南区 六孫王神社 伏見稲荷大社御旅所
宇治 宇治上神社 宇治神社
奈良 春日大社 御霊神社
熊野三山 熊野速玉大社 熊野那智大社 熊野本宮大社 大斎原
大阪 今宮戎神社 大国主神社
神戸 生田神社 北野天満神社
多治神社 白川神社 姫宮神社 多賀大社 日牟禮八幡宮 出雲大神宮
酒解神社 橿原神宮 治田神社 大石神社
中国
下関 櫻山神社 赤間神宮 厳島神社
出雲大社 美保神社 松陰神社 稲成神社 住吉神社
九州
諏訪神社 太宰府天満宮 陶山神社 枚聞神社 照國神社 筥崎宮
八坂神社 霧島神宮


Google
WWW を検索 写真紀行・旅おりおり を検索

「写真紀行・旅おりおり」の画像を利用したい場合は、「」より連絡してください。

Copyright(c) 2002-2018 写真紀行 All Rights Reserved.