写真紀行・旅おりおり トップページへ 写真紀行・旅おりおり : 旅先で撮影した景色、建築、史跡、祭、風物等の写真と動画
 <神社を巡る写真紀行


 印象深い景色
坂道灯台横丁・小路街角通り温泉
 史 跡
街道史跡城・城跡人物奥の細道墓地・終焉地Play Back
 建築・構造物
伝統的建築先端建築神社漁港垣根
 自 然
池・沼海岸
 産業・交通
伝統・地場産業バスターミナル国内線自動車・バイク道風景
 四季の景色
棚田春景色夏景色秋景色冬景色
 歌の舞台・祭・他
歌の舞台祭・イベント夜景テ−マパ−ク釣り
 管理人
管理人備忘録リンク集

照國神社 薩摩島津氏   鹿児島県鹿児島市
照國神社
照國神社 照國神社
照國神社 照國神社
 祭神(斉彬)は、文化6年(1809)薩摩藩主島津斉興(なりおき)嫡男として江戸で誕生する。幼少の頃、曾祖父母島津重豪や母、賢章院の薫陶を受けられ、学問を好まれ、広く世界に眼を向けた開明的な考え方と科学的な知識を身につけた。
 斉彬は、嘉永4年(1851)、43歳で藩主に就任するや、幕末の内外多事多難な状況に対応して国事に奔走、欧米諸国のアジア進出の情勢を踏まえて、日本を強く豊かな国にするため、積極的に西洋の科学技術の導入に努めた。さらに、その核となった日本初の西洋式工場群「集成館」を鹿児島に設置され、「富国強兵」「殖産興業」という理念のもとに、近代日本の礎を築いた。
 また、斉彬の発案による日章旗(日の丸)の制定は、まさに日本が国際社会にその一歩をしるした象徴である。
 斉彬は安政5年(1858)50歳で薨去された。治世僅か7年であったが、この間、明治維新に活躍した多くの人材を育成している。文久3年(1863)には生前の幾多の事蹟を称えて、勅命により照国大明神の神号授けられた。そして一社を南泉院の郭内に創建し、翌元治元年照國神社と称した。当社は明治6年県社、同15年別格官幣社に列格せされ、今日鹿児島県の総守護神・氏神様として崇拝されている。
照國神社・保存樹
保存樹
 この樹木は、鹿児島市保存樹及び自然環境保護地区に関する条例により指定された保存樹です。
●樹種名:イヌマキ(幹周り1.82m、木の高さ3.0m)
●樹 齢:約170年 
照國神社・島津斉彬像 照國神社・島津斉彬像
島津斉彬>(1809〜1858)薩摩藩28代当主
 島津斉彬は、文化6年(1809)薩摩藩主の27代島津斉興(なりおき)の嫡男として誕生する。母は鳥取藩主池田治道娘賢章院です。海外の文化に強い関心を示した曽祖父島津重豪に可愛がられ育てられたため、斉彬も海外の情報・文化に精通されるようになった。
 そして、アヘン戦争(1840〜1842)で、アジアの大国・清国がイギリスに敗れたことから、西欧諸国の植民地化政策を恐れ、斉彬は、日本がひとつにまとまり、強く豊かな国づくりを目指すべきだと考えた。
 そして、嘉永4年(1851)藩主になると、鹿児島の磯に「集成館」と言う工場群を築き、ここを中心に、造船・製鉄・紡績・電信・ガラスなどの様々な事業に取り組んだ。また、人材育成のため教育にも力を注ぎ、西郷隆盛や大久保利通など有能な人材も育て上げた。
 斉彬は、安政5年(1858)、世を去ったが、日本を強く豊かな国に生まれ変わらせるという夢は、弟の島津久光やその長男忠義、さらに西郷隆盛や大久保利通ら多くの家臣の手で実現された。
 この斉彬の銅像と、隣接の探勝園内にある久光・忠義の銅像は、大正6年(1917)彫刻家の朝倉文夫(1883〜1964)によって作製されたものです。
照國神社・島津久光像 照國神社・島津久光像
島津久光
 島津久光は島津家第27代島津斉興の第5子として、文化14年(1817)、鹿児島城(鶴丸城)に生まれた。第28代島津斉彬の異母弟にあたり、斉彬の遺言で久光の子の忠義が藩主となると、その求めに応じて「国父」として藩政の実権を握り、忠義を後見した。
 文久2年(1862)、斉彬の遺志を継ぎ、朝廷を奉り、幕政改革を志して千人の兵を率いて上京。江戸から帰る際には薩英戦争へとつながる生麦事件が起こった。その後、公武合体運動を進めるが思うように進まず、ついに倒幕へと向かう。
 明治以降になると、明治6年(1873)には内閣顧問、翌年には左大臣となるが、政府首脳との対立もあり、明治8年(1875)には辞任して鹿児島へ帰郷し鶴丸城二の丸に入った。しかし、西南戦争が起こると、中立を守って桜島に移居。西南戦争後は、二の丸も焼けたため、第27代斉興が建てた玉里邸を再建して隠居。晩年は歴史書編纂に努めた。明治20年(1887)に70歳で病没し、国葬により福昌寺墓地に葬られた。この際に玉里邸の黒門から国道まで新しい道路がつくられたが、この道は「国葬道路」と呼ばれている。
照國神社・島津忠義像 照國神社・島津忠義像
島津忠義
 島津忠義は天保11年(1840)、島津久光の長男として生まれた。島津家第28代斉彬の遺言によって斉彬の娘と結婚、薩摩藩主となり、祖父の斉興、父の久光の補佐を受けながら、藩政改革と陸海軍の充実に努めた。
 文久2年(1862)の久光の挙兵上京、幕政改革、生麦事件、薩英戦争には藩をあげて行動するとともに、薩英戦争後イギリスとの関係改善を図り、五代友厚などの使節団や留学生を派遣して人材育成を図るとともに、日本最初の紡績工場をつくるなど、集成館事業の充実に努めた。
 明治維新後には、長州藩、土佐藩、佐賀藩などとともに、進んで版籍奉還を行い、鹿児島藩の知事、後に貴族院議員となった。幕末から明治維新の真っただ中に生きた忠義は律儀な性格で、父・久光の遺言で死ぬまでマゲを切らなかったといわれている。明治30年(1897)、58歳で没するが、父・久光と同様に国葬が行われた。 
東北
秋田 八幡秋田神社 彌高神社
塩竈神社 櫻山神社 愛宕神社 赤神神社 五社堂
関東
東京    千代田区 靖国神社 神田明神
文京区 妻恋神社 湯島天神 根津神社 北野神社 金刀比羅宮東京分社
江東区 富岡八幡宮
渋谷区 明治神宮 御嶽神社
台東区 浅草神社 上野東照宮
港区 乃木神社 氷川神社 十番稲荷神社 愛宕神社
新宿区 穴八幡神社 熊野神社 赤城神社
中央区 水天宮 住吉神社
目黒区 大鳥神社
世田谷区 松陰神社
荒川区 諏方神社
葛飾区 氷川神社new
鎌倉 鶴岡八幡宮 銭洗弁財天 荏柄天神社 鎌倉宮 第六天
八雲神社 御霊神社 小動神社
日光東照宮 筑波山神社 那須温泉神社 氷川神社 白滝不動尊 八剱八幡神社
江島神社
甲信越
弁財天堂 稲荷大明神 駒ヶ岳神社 鉢伏神社
東海
浜松 賀茂神社 秋葉神社総社 縣居神社 足神神社 山住神社
井伊谷宮 五社神社 熊野神社 二宮神社
掛川 龍尾神社 事任八幡宮
豊川 大社神社 牛久保八幡社 関川神社 杉森八幡社
名古屋 熱田神宮 浅間神社 屋根神
牟呂八幡社 来宮神社 小国神社 池宮神社 富士山本宮浅間大社 三嶋大社
静岡浅間神社 湊神社 治水神社
北陸
氣比神社
近畿
京都    左京区 八大神社 平安神宮 貴船神社 熊野若王子神社 下鴨神社
吉田神社
右京区 野宮神社 梅宮大社 車折神社
上京区 北野天満宮 梨木神社 島原住吉神社 白峯神宮 上御霊神社
水火天満宮 岩上神社 霊光殿天満宮 首途八幡宮 晴明神社
下京区 大政所御旅所 冠者殿社 八坂神社御旅所 神明神社 五條天神宮
住吉神社 道祖神社 菅大臣神社
中京区 錦天満宮 御所八幡宮 越後神社 土佐稲荷・岬神社 薬祖神祠
元祇園梛神社 武信稲荷神社 白山神社 下御霊神社
西京区 松尾大社
東山区 豊国神社 八坂神社 京都霊山護国神社 粟田神社 新日吉神宮
伏見区 伏見稲荷大社 御香宮神社
北区 今宮神社 上賀茂神社 大将軍神社 建勲神社
南区 六孫王神社 伏見稲荷大社御旅所
宇治 宇治上神社 宇治神社
奈良 春日大社 御霊神社
熊野三山 熊野速玉大社 熊野那智大社 熊野本宮大社 大斎原
大阪 今宮戎神社 大国主神社
神戸 生田神社 北野天満神社
多治神社 白川神社 姫宮神社 多賀大社 日牟禮八幡宮 出雲大神宮
酒解神社 橿原神宮 治田神社 大石神社
中国
下関 櫻山神社 赤間神宮 厳島神社
出雲大社 美保神社 松陰神社 稲成神社 住吉神社
九州
諏訪神社 太宰府天満宮 陶山神社 枚聞神社 照國神社 筥崎宮
八坂神社 霧島神宮


Google
WWW を検索 写真紀行・旅おりおり を検索

「写真紀行・旅おりおり」の画像を利用したい場合は、「」より連絡してください。

Copyright(c) 2002-2018 写真紀行 All Rights Reserved.