写真紀行・旅おりおり トップページへ 写真紀行・旅おりおり : 旅先で撮影した景色、建築、史跡、祭、風物等の写真と動画
 <秋の風景写真


 印象深い景色
坂道灯台横丁・小路街角通り温泉
 史 跡
街道史跡城・城跡人物奥の細道墓地・終焉地Play Back
 建築・構造物
伝統的建築先端建築神社漁港垣根
 自 然
池・沼海岸
 産業・交通
伝統・地場産業バスターミナル国内線自動車・バイク道風景
 四季の景色
棚田春景色夏景色秋景色冬景色
 歌の舞台・祭・他
歌の舞台祭・イベント夜景テ−マパ−ク釣り
 管理人
管理人備忘録リンク集

粟田神社 粟田口   京都市東山区
粟田神社
粟田神社 粟田神社
粟田神社 粟田神社
 粟田神社は、「京の七口」(京と各地を結ぶ主要な出入り口)の一つである粟田口にある神社で、古くから旅立ち守護の神として崇敬を集めている。祭神は素戔鳴命(スサノオノミコト)。
創建由緒
 平安時代 清和天皇貞観18年(876)春に神祇官並びに陰陽寮より「この年隣境に兵災ありて、秋には疫病多いに民を悩ます」と天皇に奏上されました。そこで直ちに勅が発せられ、全国の諸神に御供えをして国家と民の安全を祈願されました。その際、従五位上出羽守藤原興世は勅使として感神院祇園社(今の八坂神社)に七日七晩丹精を込めて祈願されました。
 その満願の夜、興世の枕元に一人の老翁が立ち、「汝すぐ天皇に伝えよ。叡慮を痛められること天に通じたる。我を祀れば、必ず国家と民は安全なり。」と告げられました。
 興世が「このように云われる神は、如何なる神ですか?」と尋ねられると、老翁は「我は大己貴神なり。祇園の東北に清き処あり。其の地は昔、牛頭天王(ゴズテンノウ=スサノオノミコト)に縁ある地である。其処に我を祀れ。」と言われて消えられました。興世は夢とは思わず神意なりと朝廷に奏上し、勅命により直ちに此の地に社を建てて御神霊をお祀りしました。  
 また一説には、孝昭天皇の分かれである粟田氏が此の地を治めていた時に氏神として当社を創建したとも云われています。
 旧社名は、感神院新宮(カンジンインシングウ)、粟田天王宮と称されていましたが、明治になり粟田神社と改称されました。
 当社の石段下の道は旧東海道・東山道であり、この辺りは京の七口(京都の七つの出入口)の一つである粟田口であり、京都を行き来する旅人は旅の安全を祈り感謝し、このお社に参拝されました。何時しか当社は旅立ち守護の神として崇敬を集めております。(粟田神社のHPより引用)
北海道
北大キャンパス 四季彩の丘 フラワーランド上富良野 神仙沼 層雲峡
東北
裏磐梯 五色沼 秋元湖 小野川湖 曽原湖
中瀬沼 堂場 磐梯山 桧原湖
涼風峠
達沢不動滝 中津川渓谷 白糸の滝 入畑ダム湖 鬼首
山居倉庫 鳴子ダム 烏帽子山公園
関東
鎌倉 杉本寺 浄妙寺 報国寺
箱根 芦ノ湖 仙石原 早川 塔ノ沢
塔ノ沢駅 箱根美術館
十月桜
甲信越
清内路 平谷川 平谷峠 富士見高原 松川渓谷
東海
豊田 市場城址の秋 松月寺 西運寺 廣圓寺
四季桜 稲武の紅葉
伊豆 修禅寺 修善寺自然公園 天城路
浜松 春野の秋 ガーデンクルーズ コスモス ガーデンパークの滝
ブルーボネット 富士山 油山寺 祖父江の銀杏 熱海梅園
小国神社 上野城 稲刈り後点描
近畿
京都 案山子 金閣寺 常寂光寺 仁和寺
天龍寺 等持院 南禅寺 曼殊院
西芳寺(苔寺) しょうざん庭園 金福寺 実行院
宝泉院 蓮華寺 寂光院 光悦寺
上御霊神社 常照寺 宝筐院 勧修寺
西本願寺 越畑古民家 嵯峨樒原 二尊院
慈眼寺 銀閣寺 神光院 善峯寺
水路閣(琵琶湖疏水) 天授庵 南禅院 妙覚寺
落柿舎 圓通寺 新日吉神宮 神泉苑
円山公園 大雲院 東大谷 廬山寺
渉成園(枳殻邸) 粟田神社 芳春院 松茸
南丹 美山の秋 多治神社 日吉の茅葺き民家
亀岡 出雲大神宮 神蔵寺
木津川 岩船寺 浄瑠璃寺
京田辺 一休寺 観音寺
甲良 西明寺 西明寺・不断桜
地蔵禅院 松柏美術館 石山寺
四国
高越大権現 三社神社new


Google
WWW を検索 写真紀行・旅おりおり を検索

「写真紀行・旅おりおり」の画像を利用したい場合は、「」より連絡してください。

Copyright(c) 2002-2018 写真紀行 All Rights Reserved.