写真紀行・旅おりおり トップページへ 写真紀行・旅おりおり : 旅先で撮影した景色、建築、史跡、祭、風物等の写真と動画
 <秋の風景写真


 印象深い景色
坂道灯台横丁・小路街角通り温泉
 史 跡
街道史跡城・城跡人物奥の細道墓地・終焉地Play Back
 建築・構造物
伝統的建築先端建築神社漁港垣根
 自 然
池・沼海岸
 産業・交通
伝統・地場産業バスターミナル国内線自動車・バイク道風景
 四季の景色
棚田春景色夏景色秋景色冬景色
 歌の舞台・祭・他
歌の舞台祭・イベント夜景テ−マパ−ク釣り
 管理人
管理人備忘録リンク集

金閣寺 鹿苑寺   京都市北区
金閣寺
金閣寺 金閣寺
金閣寺 金閣寺
金閣寺
 釈迦の骨をまつった舎利殿「金閣」が特に有名なため、金閣寺と呼ばれているが、正しくは「鹿苑寺」と言い、臨済宗相国寺派の禅寺です。世界文化遺産に平成6年(1994)に登録されている。
 この地は、鎌倉時代に西園寺公経の別荘北山第が在ったが、足利3代将軍義満が大変気に入り、応永4年(1397)に西園寺家から譲り受け、山荘北山殿を造った。金閣を中心とした庭園・建築は極楽浄土をこの世に現したと言われ、後小松天皇(一休禅師の父)を招いたり、又、中国(明)との交易を盛んにして文化の発展に貢献した所で、この時代の文化を特に北山文化と言う。
 義満の死後、遺言通り夢窓国師を開山とし義満の法号鹿苑院殿から二字をとり、鹿苑寺と名付けられた。 
金閣寺 金閣寺
金閣寺
舎利殿(金閣)
 2層と3層は、漆の上から純金の箔が張ってあり、屋根は椹(さわら)の薄い板を何枚も重ねたこけら葺きで、上には中国ではめでたい鳥といわれる鳳凰が輝いている。1層は寝殿造で法水院、2層は武家造で潮音洞と呼ばれている。3層は、中国風の禅宗仏殿造で究竟頂(くっきょうちょう)と呼ばれ、3つの様式を見事に調和させた室町時代のの代表的な建物と言える。
 昭和62年(1987)秋、漆の塗り替えや金箔の張り替え、更に天井画と義満像の復元を行った。又、平成15年(2003)春、屋根の葺き替えを行った。
庭園
 金閣の前にある鏡湖池を中心とし、葦原島など大小の島々や、当時の諸大名がきそって石を献納してその名が付けられた畠山石や赤松石・細川石などの名石が配されている。西の衣笠山を借景としたこの庭園は室町時代の代表的な池泉(ちせん)回遊式庭園で、国の特別史跡及び特別名勝に指定されている。
 方丈の北側には京都三松の一つで舟の形をした「陸舟の松」があり、義満が自分で植えたと言われている。金閣の後を進むと、義満がお茶に使ったと伝えられる「銀河泉」、手を清めた「巌下水」(がんかすい)があり、その次の「龍門の滝」は、鯉が滝を登ると龍になると言われる中国の故事「登竜門」に因んだ「鯉魚石」(りぎょせき)が置かれている。「安民沢」は昔からある滝の名前で、中の島には「白蛇の塚」がある。
北海道
北大キャンパス 四季彩の丘 フラワーランド上富良野 神仙沼 層雲峡
東北
裏磐梯 五色沼 秋元湖 小野川湖 曽原湖
中瀬沼 堂場 磐梯山 桧原湖
涼風峠
達沢不動滝 中津川渓谷 白糸の滝 入畑ダム湖 鬼首
山居倉庫 鳴子ダム 烏帽子山公園
関東
鎌倉 杉本寺 浄妙寺 報国寺
箱根 芦ノ湖 仙石原 早川 塔ノ沢
塔ノ沢駅 箱根美術館
十月桜
甲信越
清内路 平谷川 平谷峠 富士見高原 松川渓谷
東海
豊田 市場城址の秋 松月寺 西運寺 廣圓寺
四季桜 稲武の紅葉
伊豆 修禅寺 修善寺自然公園 天城路
浜松 春野の秋 ガーデンクルーズ コスモス ガーデンパークの滝
ブルーボネット 富士山 油山寺 祖父江の銀杏 熱海梅園
小国神社 上野城 稲刈り後点描
近畿
京都 案山子 金閣寺 常寂光寺 仁和寺
天龍寺 等持院 南禅寺 曼殊院
西芳寺(苔寺) しょうざん庭園 金福寺 実行院
宝泉院 蓮華寺 寂光院 光悦寺
上御霊神社 常照寺 宝筐院 勧修寺
西本願寺 越畑古民家 嵯峨樒原 二尊院
慈眼寺 銀閣寺 神光院 善峯寺
水路閣(琵琶湖疏水) 天授庵 南禅院 妙覚寺
落柿舎 圓通寺 新日吉神宮 神泉苑
円山公園 大雲院 東大谷 廬山寺
渉成園(枳殻邸) 粟田神社 芳春院 松茸
南丹 美山の秋 多治神社 日吉の茅葺き民家
亀岡 出雲大神宮 神蔵寺
木津川 岩船寺 浄瑠璃寺
京田辺 一休寺 観音寺
甲良 西明寺 西明寺・不断桜
地蔵禅院 松柏美術館 石山寺
四国
高越大権現 三社神社new


Google
WWW を検索 写真紀行・旅おりおり を検索

「写真紀行・旅おりおり」の画像を利用したい場合は、「」より連絡してください。

Copyright(c) 2002-2018 写真紀行 All Rights Reserved.