写真紀行・旅おりおり トップページへ 写真紀行・旅おりおり : 旅先で撮影した景色、建築、史跡、祭、風物等の写真と動画
 <墓地や終焉の地を巡る写真紀行


 印象深い景色
坂道灯台横丁・小路街角通り温泉
 史 跡
街道史跡城・城跡人物奥の細道墓地・終焉地Play Back
 建築・構造物
伝統的建築先端建築神社漁港垣根
 自 然
池・沼海岸
 産業・交通
伝統・地場産業バスターミナル国内線自動車・バイク道風景
 四季の景色
棚田春景色夏景色秋景色冬景色
 歌の舞台・祭・他
歌の舞台祭・イベント夜景テ−マパ−ク釣り
 管理人
管理人備忘録リンク集

樋口一葉・終焉地 「たけくらべ」「にごりえ」  東京都文京区
樋口一葉終焉の地
樋口一葉終焉の地 樋口一葉終焉の地
 樋口一葉の本名は奈津。なつ、夏子とも称した。明治5年(1872)東京府内幸町(現・千代田区内幸町)に生まれ、明治29年(1896)この地で、短い生涯を閉じた。文京区在住は十余年をかぞえる。明治9年(1876)4歳からの5年間は、東京大学赤門前(法真寺隣)の家で恵まれた幼児期を過ごした。一葉はこの家を懐かしみ”桜木の宿”と呼んだ。父の死後戸主になった一葉は、明治23年(1890)9月本郷菊坂町(現・本郷4丁目31・32)に母と妹の3人で移り住んだ。作家半井桃水に師事し「文学界」同人と交流のあった時期であり、菊坂の家は一葉文学発祥の地といえる。
 終焉の地ここ丸山福山町に居を移したのは、明治27年(1894)5月のことである。守喜(もりき)という鰻屋の離れで、家は六畳と四畳半一間、庭には三坪ほどの池があった。この時期「たけくらべ」「にごりえ」「十三夜」「ゆく雲」など珠玉の名作を一気に書き上げ、”奇跡の二年”と呼ばれている。「水の上日記」「水の上」等の日記から丸山福山町での生活を偲ぶことができる。
樋口一葉夏子の碑
 花ははやく咲て散(ちり)がたはやかりけり あやにくに雨風のミつゞきたるに かぢ町の方上都合ならず からくして十五円持参 いよいよ転居の事定まる 家は本郷の丸山福山町とて阿部邸の山にそひてさゝやかなる池の上にたてたるが有けり 守喜といひしうなぎやのはなれ座敷成(なり)しとて さのみふるくもあらず 家賃は月三円也 たかけれどもこゝとさだむ 店をうりて引移るほどのくだくだ敷(しき)おもひ出すもわづらハしく心うき事多ければ得かゝぬ也 五月一日 小雨成しかど転宅 手伝は伊三郎を呼ぶ
 右一葉女史の明治二七年四月二八日五月一日の日記より筆跡を写"して記念とす

 この文学碑は、昭和二十七年九月七日に建てられた。日記以外の表面の文字と裏面の文字は平塚らいてうの書。 裏面には、岡田八千代の撰文による一葉の業績の概要と興陽社社長笹田誠一氏の篤志によってこの碑が建てられことが記されている。 昭和二十七年八月上旬世話人、岡田八千代、平塚らいてう、幸田文、野田宇太郎 (日記文選定) 井形卓三 (文京区長) とある。
一葉碑について>         野田宇太郎
 樋口一葉が下谷龍泉寺町(大音寺前)から本郷丸山福山町に移ったのは明治27年(1894)5月1日であった。「たけくらべ」「にごりえ」「十三夜」その他一葉の名を後世にのこした名作小説がこの丸山福山町の家で書かれたように、一葉の本当の文学生活はその時から始まったと云ってもよい。
 一葉が下谷竜泉寺町に移って小さな雑貨商を営むことになるまで住み、洗濯物とか縫い物などをしながら母たき、妹くにと共に細々と暮らしていたのは本郷菊坂町の長屋だったが、その忘れ難い菊坂町も程近い丸山福山町に移ったことは、偶然とは云え一葉にとっては故郷にでも戻る気持であったろう。
 しかし、ようやく作家生活の希望にもえたのも束の間で、丸山福山町に落ち着いて1年もすぎた頃からは胸を患う身となり、明治29年(1896)11月23日には、もう此の世を去る結果となった。24歳の匂ほやかな処女のままあえなくも散ったのである。その家にはその後森田草平も住んで、小説「煤煙」のなかにもちょっと出て来る。しかし明治43年8月の颱風のために家は裏側の西片町(阿部屋敷)の崖崩れにあって遂に跡形もとどめぬようになった。
 それ以来時は流れて、たまたま昭和27年(1952)に同地の所有者であった笹田誠一氏が一葉の生涯を永く後世に伝えたいとの念願から、同番地の一角に私費を投じて碑を建てることとなり、それは9月7日に竣工した。すでに石材を選んでいた笹田氏から刻文や碑面の配置などの相談を受けた私は、碑文に移転当時の日記を選び、旧青鞜社の人々をわずらわして撰文は岡田八千代女史により、揮亳は平塚らいてう女史によって閨秀作家一葉の終焉の地にふさわしい文学碑が、出現したのである。(文学碑パンフより) 
墓地・終焉の地
赤穂浪士 織田信長 織田信孝 梅田雲浜 沖田総司
榎本武揚 於大 伊能忠敬 伊豆長八 太田道灌
石出掃部亮吉胤 岡村昭彦 大隈重信 芥川龍之介 石川啄木
岡倉天心 岡本綺堂 大久保利通 緒方竹虎 石原裕次郎
尾ア士郎 上田秋成 青木昆陽 明智光秀 足利尊氏
伊藤仁斎 池大雅 池禅尼 緒方洪庵 一色刑部
今川義元 小栗忠順 鬼あざみ清吉 泉鏡花 井伊氏歴代墓所
井伊直虎 井伊家武将
春日の局 桂小五郎 祇王 葛飾北斎 紀伊国屋文左衛門
清河八郎 木村重成 上山草人・山川浦路 黒田清隆 加藤友三郎
小村壽太郎 後藤新平 紀州徳川家 狩野芳崖 蒲生君平
吉良仁吉 吉三郎 グラバー家 木地師墓石群 古泉千樫
久野久子 小泉八雲 こうもり安 近藤勇 鎌田政家
金子みすゞ
坂本龍馬 佐久間象山 寂光土 彰義隊 薩摩浄雲
曾我兄弟 司馬江漢 蜀山人 島田虎之助 三条実美new
杉浦重剛 三遊亭円朝 佐藤春夫 斎藤茂吉 志賀直哉
鹿都部真顔 清水次郎長 清水一学 斎藤鶴磯 千姫
角倉了以 十七烈士 蘇我入鹿 雪舟 沢宣嘉
榊原鍵吉 西郷隆盛 佐賀藩鍋島家 サトウハチロー 島村抱月
酒井抱一
豊臣秀吉 豊臣秀次 遠山金四郎
田沼意次 千葉周作 平将門 高村光太郎 田中芳男
高島鞆之助 忠犬ハチ公 田中久重 高峰譲吉 孝子
谷文晁 高橋至時 武市瑞山 信玄塚 辰巳屋惣兵衛
築山御前 天誅組 長州藩士の墓 徳川信康 竹久夢二
太宰春台 寺田屋殉難九烈士
中岡慎太郎 二宮尊徳 乃木希典 那須与一宗高 中原悌二郎
新田義貞 中村憲吉 永井隆 二・二六事件 永井荷風
夏目漱石 鼠小僧次郎吉 中濱(ジョン)万次郎
幡随院長兵衛 林芙美子 樋口一葉(終焉地) 浜口雄幸 北条時政
本阿弥光悦 保科正重 比企能員 羽仁もと子 間 新六
福田半香 弘田龍太郎
向井去来 間宮林蔵 松平定信 松本幸四郎 身禄行者
明珍本家 源頼朝 松本楓湖 源範頼 源頼家
万平塚 毛利家 森鴎外 源清麿 源義朝
松平康俊 森の石松 村山知義 三浦梧楼
山岡鉄舟 八百屋於七 山本勘助 山路愛山 山縣有朋
与謝蕪村 吉野太夫 有無両縁塔 与三郎
雷電為右衛門
吉田松陰 終焉地 墓-(萩) 墓-(東京)
高杉晋作 終焉地 墓-(萩) 墓-(下関)
徳川慶喜 終焉地 墓-(東京)
吉良家 墓所-(東京) 墓所-(西尾)
外国人墓地 墓地-(横浜) 墓地-(函館) 墓地-(東京) 坂本国際墓地-(長崎)


Google
WWW を検索 写真紀行・旅おりおり を検索

「写真紀行・旅おりおり」の画像を利用したい場合は、「」より連絡してください。

Copyright(c) 2002-2018 写真紀行 All Rights Reserved.