写真紀行・旅おりおり トップページへ 写真紀行・旅おりおり : 旅先で撮影した景色、建築、史跡、祭、風物等の写真と動画
 <松尾芭蕉の足跡を巡る写真紀行


 印象深い景色
坂道灯台横丁・小路街角通り温泉
 史 跡
街道史跡城・城跡人物奥の細道墓地・終焉地Play Back
 建築・構造物
伝統的建築先端建築神社漁港垣根
 自 然
池・沼海岸
 産業・交通
伝統・地場産業バスターミナル国内線自動車・バイク道風景
 四季の景色
棚田春景色夏景色秋景色冬景色
 歌の舞台・祭・他
歌の舞台祭・イベント夜景テ−マパ−ク釣り
 管理人
管理人備忘録リンク集

矢立の初 千住   東京都足立区
矢立初めの地
矢立初めの碑 深川芭蕉像
 彌生も末の七日、明ぼのゝ空朧々として、月は在明にて光おさまれる物から、不二の峰幽かにみえて、上野・谷中の花の梢、又いつかはと心ぼそし。むつましきかぎりは宵よりつどひて、舟に乗て送る。千じゆと云所にて船をあがれば、前途三千里のおもひ胸にふさがりて、幻のちまたに離別の泪をそゝぐ。 
 行春や鳥啼魚の目は泪(ゆくはるや とりなきうおの めはなみだ)
 是を矢立の初として、行道なをすゝまず。人々は途中に立ならびて、後かげのみゆる迄はと、見送なるべし。
奥の細道行程図 現在の千住大橋
 旧暦元禄2年(1689)3月27日、深川を舟でたった芭蕉は、千住で上陸し、多数の門人らに見送られて、関東より奥州・北陸を経て大垣に至る長途の旅に出立した。行程600余里、日数凡そ150日という大旅行であった。この紀行が、元禄7年4月「おくのほそ道」として完成し、以後我が国を代表する古典文学作品となって内外に親しまれている。
 古典の多くがそうであるように、この紀行文も謎に包まれた部分がかなりあり、学究の筆を休むことがない。当時の芭蕉を偲びこの地に佇む人もまた少なくない。
 時あたかも平成元年(1989)、曾良を伴い芭蕉が旅立って300年にあたる。それを記念して「おくのほそ道行程図」を矢立初めの地に建てた。(標示文より)
東北
立石寺 塩竈神社 象潟
関東
深川芭蕉庵跡 採茶庵跡 関口芭蕉庵 殺生石 発句也松尾桃青宿の春
矢立の初
東海
松尾芭蕉生家 むすびの地
北陸
氣比神社new


Google
WWW を検索 写真紀行・旅おりおり を検索

「写真紀行・旅おりおり」の画像を利用したい場合は、「」より連絡してください。

Copyright(c) 2002-2018 写真紀行 All Rights Reserved.