写真紀行・旅おりおり トップページへ 写真紀行・旅おりおり : 旅先で撮影した景色、建築、史跡、祭、風物等の写真と動画
 <街道を巡る写真紀行


 印象深い景色
坂道灯台横丁・小路街角通り温泉
 史 跡
街道史跡城・城跡人物奥の細道墓地・終焉地Play Back
 建築・構造物
伝統的建築先端建築神社漁港垣根
 自 然
池・沼海岸
 産業・交通
伝統・地場産業バスターミナル国内線自動車・バイク道風景
 四季の景色
棚田春景色夏景色秋景色冬景色
 歌の舞台・祭・他
歌の舞台祭・イベント夜景テ−マパ−ク釣り
 管理人
管理人備忘録リンク集

馬籠宿 木曽11宿最南端  岐阜県中津川市
馬籠宿
馬籠宿 馬籠宿
馬籠宿 馬籠宿
 中山道69宿のうち、木曽谷には11の宿場が置かれていた。馬籠は板橋を1番目とすると43番目の宿場になり、江戸からの距離は83里6町余りとなっていた。街道が山の尾根に沿った急斜面を通っているので、その両側に石を積んで屋敷を造る「坂のある宿場」が特徴となっている。
 宿場の中央には高貴な人の宿泊に備えた「本陣」や「脇本陣」、荷物運搬の差配をする「問屋」が置かれ、旅人の利用する「旅籠」が18軒、このほか「飯屋」や「馬宿」があって、行き交う旅人で賑わった。
 参勤交代の際、ここを通る大名は34家と定められていた。江戸幕府にとっては西日本にある諸大名の動向対策と、これらの諸国を支配していくうえに極めて重要な性格をもつ道路であった。
 明治25年(1892)に、木曽川沿いに国道が開設され、さらに明治45年(1912)には国鉄中央線が全線開通することにより、宿場としての使命を終えた。明治28年(1895)と大正4年(1915)の2度の大火で江戸時代の遺構の殆どを消失した。
桝形
 馬籠宿の街道の南端は直角に2度曲げてありこの部分の山手側は切り土になっている。これは城郭建築の桝形を模したもので、ここを「桝形」といった。本来宿場が軍事的な目的をもって造られたことを示している。
 明治38年(1905)の道路改修により当時の原形を消失したが、その後昭和60年代になって復元された。
陣場
 ここらあたり一帯の地名を「陣場」という。天正12年(1584)に徳川家康と豊臣秀吉が戦った小牧山の決戦のとき、木曽路を防衛する豊臣方は、馬籠城を島崎重通に固めさせていた。
 家康方は兵7千をもって木曽に攻め入り、その一部は馬籠城を攻略すべくこの地に陣を敷いた。故にここを「陣場」と呼ぶようになった。
馬籠宿 馬籠宿
馬籠宿 馬籠宿
馬籠宿
島崎藤村「夜明け前」
 「お民、来て御覧、きょうは恵那山がよく見えますよ。妻籠の方はどうかねえ、木曽川の音が聞えるかねえ」
 「ええ、日によってよく聞えます。わたしどもの家は河の直ぐ側でもありませんけれど」
 「妻籠じゃそうだろうねね。ここでは河の音は聞えない。そのかわり、恵那山の方で鳴る風の音が手に取るように聞えますよ」
 「それでも、まあ好い眺めですこと」
 「そりゃ馬籠はこんな峠の上ですから、隣の国まで見えます。どうかするとお天気の好い日には、遠い伊吹山まで見えることがありますよ−」
 林も深く谷も深い方に住み慣れたお民は、この馬籠に来て、西の方に明るく開けた空を見た。何もかもお民にはめずらしかった。僅かに二里を隔てた妻籠と馬籠とでも、言葉の訛り(なまり)からしていくらか違っていた。この村へ来て味うことの出来る紅い「ずいき」の漬物なぞも、妻籠の本陣では造らないものであった。(「夜明け前」第1部第1章第3節) 

大きな地図で見る
関東
東京 日本橋 江戸六地蔵 庚申塚 千住宿
高輪大木戸 札の辻
箱根 箱根杉並木 箱根関所 箱根旧街道
日光杉並木
甲信越
和田宿 妻籠宿 東山道 奈良井宿
東海・北陸
浜松 舞坂宿 塩の道 姫街道 気賀関所
二つ御堂
静岡 鞠子宿(丸子宿) 由比宿
島田 金谷坂の石畳 大井川川越遺跡町並
湖西 白須賀宿 新居関所
豊川 御油宿 御油の松並木 赤坂宿
岡崎 藤川宿 藤川宿の松並木
名古屋 四間道 有松宿
知立の松並木 七里の渡し 三島の松並木 二川宿 関宿
馬籠宿 日坂宿 琵琶峠石畳 細久手宿 野麦街道
大井宿
近畿
熊野古道 松本峠 馬越峠 大門坂 熊野参詣道
熊野道
草津 草津宿本陣 草津宿・道標
醒井宿 土山宿 愛宕街道 朝鮮人街道
四国
吉良川町 枡形new
九州
長崎 龍馬通り 浦上街道
各地
宿場名物


Google
WWW を検索 写真紀行・旅おりおり を検索

「写真紀行・旅おりおり」の画像を利用したい場合は、「」より連絡してください。

Copyright(c) 2002-2017 uchiyama.info group All Rights Reserved.