写真紀行・旅おりおり トップページへ 写真紀行・旅おりおり : 旅先で撮影した景色、建築、史跡、祭、風物等の写真と動画
 <街道を巡る写真紀行


 印象深い景色
坂道灯台横丁・小路街角通り温泉
 史 跡
街道史跡城・城跡人物奥の細道墓地・終焉地Play Back
 建築・構造物
伝統的建築先端建築神社漁港垣根
 自 然
池・沼海岸
 産業・交通
伝統・地場産業バスターミナル国内線自動車・バイク道風景
 四季の景色
棚田春景色夏景色秋景色冬景色
 歌の舞台・祭・他
歌の舞台祭・イベント夜景テ−マパ−ク釣り
 管理人
管理人備忘録リンク集

朝鮮人街道 朝鮮通信使   滋賀県近江八幡市
朝鮮人街道
朝鮮人街道 朝鮮人街道
朝鮮人街道
朝鮮人街道(京街道)
 江戸時代、将軍が交代するたびに朝鮮国より国王の親書をもって来日する「朝鮮通信使」は、役人の他にも文人や学者など、多い時には500人規模で組織され、往復で約1年もの歳月を費やしたと言われている。 
 行程は、ソウルから江戸までの約2,000qにもなるが、近江八幡を含む、彦根から野洲までの一部の地域で「朝鮮人街道」と今も呼ばれている。
 本願寺八幡別院(市内北元町)では正使、そして京街道(当地域)一帯で随員の昼食や休憩場所として使われ、当時の町人はまちを挙げて歓迎し、文化交流がさかんに行われた。 
朝鮮人街道 朝鮮人街道
朝鮮通信使
 文禄元年(1592)豊臣秀吉の大陸出兵によって朝鮮と日本の国交は断絶したが、慶長12年(1607)徳川政権が対馬の宗氏の尽力を得て国交を回復し、以来文化8年(1811)まで12回にわたって使節団を迎えた。
 一行は、三使(正使、副使、従事官)、上々官(通訳)、上判事、学士、上官から下官など、毎回五百人を超える多くの人々が、宗氏の案内で来日し、国際交流の役割を果たしてきた。
 早朝宿泊地の守山を出発、野洲行畑で中山道と分岐する、いわゆる朝鮮人街道に入り、江頭、加茂を通り、小船木を経て八幡別院で昼食、やがて京街道から鍵之手、音羽、西之庄を経て鳥居本摺針峠の望湖堂の景色を楽しみ、美濃路、東海道を経て江戸へ向かった。
 12回に及ぶ訪日の間、近江八幡では往路、復路ともに本願寺八幡別院(金台寺)で正使、副使など主だった人々が昼食をとり、他の随行員は京都街道筋の家々で食事をしたとの記録から、町中を上げての一大行事であったようです。
 饗応料理の準備もさることながら、道の整備、並木の植樹、宿となる寺や家の修理、茶屋やトイレの設置、人や馬の手配など、受け入れにあたっての労苦は並大抵のことではなかったでしょう。
 先駆けとしてまず国王から将軍への贈り物である馬・鷹が到着する・こうして徐々に緊張が高まってゆく中、いよいよ本隊がやってくる。前の休憩所の担当者からの見送りと、迎える側の役人、荷物や輿を運ぶ人たち。これらの人や馬が一挙に町になだれこむ様は、現在では想像を巡らすしかありません。
朝鮮通信使正使饗応再現料理・熨斗 朝鮮通信使正使饗応再現料理・二の膳
朝鮮通信使正使饗応再現料理・三の膳 朝鮮通信使正使饗応再現料理・本膳
八幡山の宴
 朝鮮通信使とは、朝鮮国王が江戸幕府に派遣した使節のことで、将軍襲職などの祝いに慶長12年(1607)から文化8年(1811)まで12回来日している。
 慶長12年第一次として、我が国を訪れた朝鮮通信使は、元和3年(1617)の京都への来訪と、文化8年の対馬での2回を除き、実に10回に及び通信使の来訪を見ることができる。この間通信使の来訪は、彦根、野洲の間は朝鮮人街道(別名、下街道、唐人街道、京街道、佐和山街道、浜街道とも呼ばれている)を通り江戸まで行ったが、近江八幡を昼食の場として八幡山での宴のひと時を過ごした。
 当時、近江八幡は「八幡」と呼ばれ天正13年(1585)羽柴秀次(後の豊臣秀次)が城下町として町を開いたとき、その掟書に「八幡山下町中」と記されている。このことはとりもなおさず八幡山は、近江八幡の昔日の呼び名でもあったことを物語っている。
 天和2年(1682)8月8日、早朝守山を発出した朝鮮通信使の一行は、朝鮮人街道を次の宿泊地の彦根を目指して昼頃に八幡山に到着、一行約500名は、正使、副使、従事官の三使を金台寺に、他は街道沿いの寺院、大店にそれぞれ朝食を取り、また警護や使役等々、1000人余りの人々も、それぞれ近くの家々にて昼食、正に「八幡山の宴」の賑々しさを呈したものと思われる。
朝鮮通信使饗応膳の復原
三之膳 二之膳 本膳
客人からみて、上部の盛付台の継ぎ目が奥に、脚部の継ぎ目は盛付台で隠されるので手前側にきている。
熨斗>(のし)
 本膳が出される前に、まず第一番目に三方に「熨斗」を乗せて出てくる。「熨斗」とは「のしアワビ」のことで、アワビの肉を薄く剥ぎ引き伸ばし、紐のようにして乾かしたものです。これは永続の意味をもち、祝事にはなくてはならない物で、「のしをつける」「のしを添える」と現在でも使われている。
二の膳
1 蛸(たこ)
2 鮎鮨(あゆすし)
3 貝盛り(かいも)
4 ふくめ
5 小桶(こおけ:うるか)
6 汁(しる:すまし・鯛・青昆布)
三の膳
1 羽盛り(はもり)
2 舟盛り(ふなもり)
3 辛螺(にし)
3 汁(ふくさ・いりこ)・いも・ごぼう・大根・しいたけ
五々三 本膳
1 唐墨(からすみ)
2 香物(こうのもの)
3 和交(あえもの)
4 焼物(やきもの)
5 蒲鉾(かまぼこ)
6 汁(ふくさ・雁・ごぼう・大根・塩松茸・焼麩)
7 食(飯)
8 丸塩(まるじお)
9 金箸臺(きんはしだい)
関東
東京 日本橋 江戸六地蔵 庚申塚 千住宿
高輪大木戸 札の辻
箱根 箱根杉並木 箱根関所 箱根旧街道
日光杉並木
甲信越
和田宿 妻籠宿 東山道 奈良井宿
東海・北陸
浜松 舞坂宿 塩の道 姫街道 気賀関所
二つ御堂
静岡 鞠子宿(丸子宿) 由比宿
島田 金谷坂の石畳 大井川川越遺跡町並
湖西 白須賀宿 新居関所
豊川 御油宿 御油の松並木 赤坂宿
岡崎 藤川宿 藤川宿の松並木
名古屋 四間道 有松宿
知立の松並木 七里の渡し 三島の松並木 二川宿 関宿
馬籠宿 日坂宿 琵琶峠石畳 細久手宿 野麦街道
大井宿
近畿
熊野古道 松本峠 馬越峠 大門坂 熊野参詣道
熊野道
草津 草津宿本陣 草津宿・道標
醒井宿 土山宿 愛宕街道 朝鮮人街道
四国
吉良川町 枡形new
九州
長崎 龍馬通り 浦上街道
各地
宿場名物


Google
WWW を検索 写真紀行・旅おりおり を検索

「写真紀行・旅おりおり」の画像を利用したい場合は、「」より連絡してください。

Copyright(c) 2002-2017 写真紀行 All Rights Reserved.