写真紀行・旅おりおり トップページへ 写真紀行・旅おりおり : 旅先で撮影した景色、建築、史跡、祭、風物等の写真と動画
 <城と城跡を巡る写真紀行


 印象深い景色
坂道灯台横丁・小路街角通り温泉
 史 跡
街道史跡城・城跡人物奥の細道墓地・終焉地Play Back
 建築・構造物
伝統的建築先端建築神社漁港垣根
 自 然
池・沼海岸
 産業・交通
伝統・地場産業バスターミナル国内線自動車・バイク道風景
 四季の景色
棚田春景色夏景色秋景色冬景色
 歌の舞台・祭・他
歌の舞台祭・イベント夜景テ−マパ−ク釣り
 管理人
管理人備忘録リンク集

江戸城跡 天守台   東京都千代田区
江戸城・天守台
江戸城・天守台 江戸城・天守台
特別史跡 江戸城跡
 江戸城は長禄元年(1457)に太田道灌によって創築されたが、天正18年(1590)に北条氏が滅亡し、徳川家康が居城をここに定めた。
 以来、家康、秀忠、家光の三代にわたって西の丸、北の丸の増設や外郭の整備が行われ江戸城の総構が完成した。
 明治維新後江戸城は皇居となり、昭和24年(1949)に西の丸下及び皇居を取りまくお濠の地域が「国民公園皇居外苑」として一般に開放され、昭和44年(1969)から北の丸の地域が加えられ広く国民に親しまれている。
 この江戸城跡は、300年近くにわたる将軍の居所として、また政治の中心としての史的価値が極めて大きく、その規模はわが国随一のものであることから、昭和38年(1963)年5月30日に文化財保護法による「特別史跡」に指定された。 
天守台
 最初の天守閣は、1607年、二代将軍秀忠の代に完成したが、その後大修築され、1638年、三代将軍家光の代に、江戸幕府の権威を象徴する国内で最も大きな天守閣が完成した。外観5層、内部6階で、地上からの高さは58mあった。しかし、わずか19年後の1657年、明暦の大火(振り袖火事)で、飛び火により全焼し、以降は再建されなかった。
江戸城・遠方が本丸御殿跡
江戸城・大奥跡
江戸城本丸御殿
 この天守台から見える大芝生とその周辺には、江戸城本丸御殿の建物が立ち並んでいた。本丸御殿は、表、中奥、大奥という三つの空間に分かれていた。
 表には、将軍の謁見など公的な儀式・行事、幕府諸役人の執務の場で、中奥は将軍の日常生活、政務を執る場、大奥は御台所と呼ばれた将軍の正妻をはじめ家族や女性たちの生活の場であった。
江戸城・石垣 江戸城・石垣
江戸城・中之門跡 江戸城・中之門跡
江戸城・石垣
石垣
 皇居内の石垣は、特別史跡「江戸城跡」に指定されている。「本丸中之門石垣」修復工事は平成17年(2005)から平成19年(2007)3月にかけて行った。修復は、文化財調査を行いながら、石垣を変形前の形状に復元することを目標にした。
 石垣には、江戸城の中でも最大級の巨石が使われ、布積みという技法で積まれている。また、この中之門石垣には、本丸御殿への登城口として渡櫓門が配置されていた。 
江戸城・松之大廊下
松之大廊下
 赤穂浪士討ち入りにつながったことで知られる、浅野内匠頭長矩の吉良上野介義央への刃傷事件(1701年「元禄14年」)のあったところです。廊下に沿った襖戸に松と千鳥が描かれていたのが名前の由来といわれている。江戸城中で2番目に長い廊下で、畳敷きの立派なものであった。
江戸城・富士見櫓 江戸城・旧大手門渡櫓の鯱
富士見櫓
 櫓とは、倉庫や防御の役割をもった建物で、かって江戸城には19の櫓があった。今は、伏見櫓、桜田二重櫓と、この富士見櫓の3つが残っている。その中で、富士見櫓は唯一の三重櫓です。明暦の大火(1657年)で消失した天守閣の代用としても使われ、将軍が両国の花火や品川の海を眺めたといわれている。
旧大手門渡櫓の鯱
 昭和20年(1945)4月、戦災で消失した旧大手門渡櫓の屋根に飾られていた鯱です。頭部に「明暦三丁酉」と刻んであることから、明暦の大火(1657)で消失した後、再建されたものと推定される。今の大手門渡櫓は、昭和43年(1968)に再建されたものです。
江戸城・大番所 江戸城・同心番所
大番所
 「番所」とは警備の詰所のことで、百人番所、同心番所とこの大番所の3つが残っている。中之門の側に設けられ、他の番所よりも位の高い与力・同心によって警備されていた。前の坂を上がったところが本丸の入口で、中雀門があった。
同心番所
 城の奥の番所ほど、位の上の役人が詰めていた。ここには同心が詰め、主として、登城する大名の供の監視に当たっていた。
江戸城・百人番所
百人番所
 本丸と二の丸へ通じる要所である大手三之門の前に設けられた番所です。鉄砲百人組と呼ばれた、甲賀組、伊賀組、根来組、二十五騎組の4組が昼夜交替で詰めていた。各組には同心が100人ずつ配置されていた。
江戸城・和田倉橋 江戸城・和田倉橋
和田倉橋
 ここには、かつて江戸城の守衛のために築かれた内郭門の一つ和田倉門があった。橋を渡った皇居外苑側には枡形石垣があり、橋と一体で門を構成していた。
 慶長7年(1602)頃といわれる「別本慶長江戸図」には橋が描かれ、「蔵の御門と云、士衆通行の橋」と記述がる。また、「御府内備考」には、橋の由来が「慶長12年(1607)の頃の図に、ここに和田蔵と称せし大なる御蔵二棟を図せり。是御門の名の起る処なり。(後略)」と記され、蔵があったため門が名付けられたとしている。なお、徳川家康が江戸に入った時、この辺は和田倉という村落であったという説もある。
 和田倉門には、鉄砲十挺・弓五張・長柄槍十筋・持筒二挺・持弓一組が常備されている。警備は、譜代大名で二万石から三万石の者が担当していた。
 この橋は、昔そのままに復興されたものだが、江戸城の門と橋を偲ぶのにふさわしい景観をみせている。
北海道
五稜郭 四稜郭
東北
山形城 新庄城 久保田城 盛岡城 若松城 二本松城
弘前城
関東
江戸城 小田原城 牛込城 大多喜城
甲信越
松本城 高遠城 荻町城 和田城
東海
浜松 浜松城 二俣城 犬居城 水巻城 井伊谷城
高根城
掛川 掛川城 横須賀城 高天神城
新城 長篠城 亀山城
駿府城 山中城 大垣城 名古屋城 上野城 市場城
岐阜城 田原城 東条城 韮山城 岡崎城 諏訪原城
清洲城 清洲古城跡
北陸
富山城 阿尾城 金沢城
近畿
安土城 彦根城 和歌山城 大阪城 姫路城@ 姫路城A
竹田城 二条城 長浜城 赤穂城 妙顕寺城
中国
松江城 福山城 津和野城 岩国城 萩城
四国
松山城 湯築城 安芸城 高知城 宇和島城
九州
熊本城 島原城 唐津城 原城跡 平戸城 玖島城
鶴丸城 福岡城 小倉城 岡城new


Google
WWW を検索 写真紀行・旅おりおり を検索

「写真紀行・旅おりおり」の画像を利用したい場合は、「」より連絡してください。

Copyright(c) 2002-2018 写真紀行 All Rights Reserved.