写真紀行・旅おりおり トップページへ 写真紀行・旅おりおり : 旅先で撮影した景色、建築、史跡、祭、風物等の写真と動画
 <城と城跡を巡る写真紀行


 印象深い景色
坂道灯台横丁・小路街角通り温泉
 史 跡
街道史跡城・城跡人物奥の細道墓地・終焉地Play Back
 建築・構造物
伝統的建築先端建築神社漁港垣根
 自 然
池・沼海岸
 産業・交通
伝統・地場産業バスターミナル国内線自動車・バイク道風景
 四季の景色
棚田春景色夏景色秋景色冬景色
 歌の舞台・祭・他
歌の舞台祭・イベント夜景テ−マパ−ク釣り
 管理人
管理人備忘録リンク集

水巻城址 奥山氏   静岡県浜松市
水巻城址
水巻城址 水巻城址
水巻城址
 水巻城は天龍川の作った河岸段丘上にあり、天然の要塞をもった城である。この城には、奥山氏の一族、奥山美濃守定茂が在城した。奥山氏は奥山郷(現浜松市水窪町及び佐久間町の一部)を領し、その本城を高根城(水窪町)に置き、支城をここ水巻城をはじめ大洞若子城(佐久間町城西)、小川城(佐久間町大井)と置き、領域を治めると共に、南北に通じる信州街道、天龍川を抑えるなど地域性に即した役割を果たした。
 奥山氏由緒によれば、奥山氏は南北朝期からこの地に入り、戦国期の動乱の中で、ある時は今川氏に、またある時は武田氏に属していた。
 城址は平沢台地の宥泉寺とされるが、城を示す遺構等が発見されていないので定かではないが、築城年代は戦国期とみられている。(宥泉寺は居館跡なのだろうか?)
 武田氏に属し設楽原合戦に臨んだ奥山氏であったが、織田・徳川連合軍による武田軍の総崩れにともない水巻城も落城していった。
 頃は天正4年〜8年(1576〜1680)城主、奥平美濃守定茂は信濃に落ちる。
北海道
五稜郭 四稜郭
東北
山形城 新庄城 久保田城 盛岡城 若松城 二本松城
弘前城
関東
江戸城 小田原城 牛込城 大多喜城
甲信越
松本城 高遠城 荻町城 和田城
東海
浜松 浜松城 二俣城 犬居城 水巻城 井伊谷城
高根城
掛川 掛川城 横須賀城 高天神城
新城 長篠城 亀山城
駿府城 山中城 大垣城 名古屋城 上野城 市場城
岐阜城 田原城 東条城 韮山城 岡崎城 諏訪原城
清洲城 清洲古城跡
北陸
富山城 阿尾城 金沢城
近畿
安土城 彦根城 和歌山城 大阪城 姫路城@ 姫路城A
竹田城 二条城 長浜城 赤穂城 妙顕寺城
中国
松江城 福山城 津和野城 岩国城 萩城
四国
松山城 湯築城 安芸城 高知城 宇和島城
九州
熊本城 島原城 唐津城 原城跡 平戸城 玖島城
鶴丸城 福岡城 小倉城 岡城new


Google
WWW を検索 写真紀行・旅おりおり を検索

「写真紀行・旅おりおり」の画像を利用したい場合は、「」より連絡してください。

Copyright(c) 2002-2018 写真紀行 All Rights Reserved.