写真紀行・旅おりおり トップページへ 写真紀行・旅おりおり : 旅先で撮影した景色、建築、史跡、祭、風物等の写真と動画
 <城と城跡を巡る写真紀行


 印象深い景色
坂道灯台横丁・小路街角通り温泉
 史 跡
街道史跡城・城跡人物奥の細道墓地・終焉地Play Back
 建築・構造物
伝統的建築先端建築神社漁港垣根
 自 然
池・沼海岸
 産業・交通
伝統・地場産業バスターミナル国内線自動車・バイク道風景
 四季の景色
棚田春景色夏景色秋景色冬景色
 歌の舞台・祭・他
歌の舞台祭・イベント夜景テ−マパ−ク釣り
 管理人
管理人備忘録リンク集

弘前城 現存する天守   青森県弘前市
弘前城
弘前城 弘前城
弘前城
弘前城天守>重要文化財
 弘前城は、津軽を統一した津軽為信が計画し、二代藩主信枚が慶長16年(1611)の完成させた。最初の天守は五層で本丸西南隅に構築されていたが、建城から16年後の寛永4年(1627)に落雷により焼失した。
 現在の天守は、江戸時代末期の文化7年(1810)九代藩主寧親により、本丸辰巳櫓を解体新造したものである。
 建築年代は新しいが、濠側の東・南両面には鉄扉窓をつけず、矢狭間だけとし、一二層にはその中央に張りをつけ切妻破風、石落としを設けるなど古形式になっている。 
弘前城 弘前城
 江戸時代に建築され、現存する天守としては、東北地方唯一のものであり、小規模ではあるが、全国の城郭天守の中でも代表的なものである。棟高:16m。
弘前城天守内部 弘前城天守内部
弘前城天守からの眺望 弘前城天守からの眺望
弘前城本丸模型
 弘前城天守は、現在、弘前城史料館として、藩政時代の史史料を展示している。本丸は、約14,200uあり、四方に石垣が築かれ、藩政時代には御殿や能舞台が建てられていた。
弘前城北門(亀甲門) 弘前城北門(亀甲門)
北門(亀甲門)>重要文化財 
 弘前城には、現在五棟の城門が残されているが、この北門は、これらの中でも時に規模が大きく、また形状も異なり最古の形式を呈する城門である。
 北門は、もと大光寺城(現在の南津軽郡平賀町)の城門を、慶長16年二代藩主信枚が築城にあたり、弘前城追手門として移築再建したもので、昭和33年(1958)の保存修理工事に当たって、柱などから多数の矢傷跡が発見されている。
 弘前城は、築城以来実戦の経験がないため、この北門が城郭内で唯一の実戦の痕跡をとどめる貴重な城門である。
 また、棟の両端にある鯱も他の門のものより古い形式のものである点、矢狭間、鉄砲狭間のない点など、見るべきところが多い門である。棟高:12.7m。
弘前城・弘前市古木名木:ネズコ 弘前城・弘前市古木名木:ネズコ
弘前市古木名木:ネズコ> 
 青森県が自生の北限であり、築城以前かrさ自生しているものと思われる。ネズコの大木は全国的にも珍しく、この樹はわが国でも最大級である。
 この樹の皮は、昔、火縄銃の火縄として利用されていたということから、築城後も大切にされていたものと思われる。成木になると、上部でたくさん枝分かれするのが特徴である。
 幹周:558p。樹高:約17.5m。推定樹齢:500年以上。別名:クロベ。ヒノキ科。
弘前城・弘前市古木名木:スギ 弘前城・弘前市古木名木:スギ
弘前市古木名木:スギ
 スギは青森県津軽地方が自生の北限である。この樹は鷹揚園内に現存するスギでは最古であり、築城以前から自生しているものと思われる。
 市内では厳鬼山神社に樹齢推定1000年以上、大沢の堂ヶ平に700年以上の古木があり、いずれも青森県天然記念物に指定されている。
 幹周:518p。樹高:約26m。推定樹齢:500年以上。 
北海道
五稜郭 四稜郭
東北
山形城 新庄城 久保田城 盛岡城 若松城 二本松城
弘前城
関東
江戸城 小田原城 牛込城 大多喜城
甲信越
松本城 高遠城 荻町城 和田城
東海
浜松 浜松城 二俣城 犬居城 水巻城 井伊谷城
高根城
掛川 掛川城 横須賀城 高天神城
新城 長篠城 亀山城
駿府城 山中城 大垣城 名古屋城 上野城 市場城
岐阜城 田原城 東条城 韮山城 岡崎城 諏訪原城
清洲城 清洲古城跡
北陸
富山城 阿尾城 金沢城
近畿
安土城 彦根城 和歌山城 大阪城 姫路城@ 姫路城A
竹田城 二条城 長浜城 赤穂城 妙顕寺城
中国
松江城 福山城 津和野城 岩国城 萩城
四国
松山城 湯築城 安芸城 高知城 宇和島城
九州
熊本城 島原城 唐津城 原城跡 平戸城 玖島城
鶴丸城 福岡城 小倉城 岡城new


Google
WWW を検索 写真紀行・旅おりおり を検索

「写真紀行・旅おりおり」の画像を利用したい場合は、「」より連絡してください。

Copyright(c) 2002-2018 写真紀行 All Rights Reserved.