写真紀行・旅おりおり トップページへ 写真紀行・旅おりおり : 旅先で撮影した景色、建築、史跡、祭、風物等の写真と動画
 <城と城跡を巡る写真紀行


 印象深い景色
坂道灯台横丁・小路街角通り温泉
 史 跡
街道史跡城・城跡人物奥の細道墓地・終焉地Play Back
 建築・構造物
伝統的建築先端建築神社漁港垣根
 自 然
池・沼海岸
 産業・交通
伝統・地場産業バスターミナル国内線自動車・バイク道風景
 四季の景色
棚田春景色夏景色秋景色冬景色
 歌の舞台・祭・他
歌の舞台祭・イベント夜景テ−マパ−ク釣り
 管理人
管理人備忘録リンク集

湯築城 河野氏居城   愛媛県松山市
湯築城跡
湯築城跡 湯築城跡
湯築城跡 頂上からの眺望(松山市内)
 湯築城は、二重の堀と土塁を巡らせ、その中に居住空間を持つ先駆的な平山城の形態をなす。中世伊予国(現在の愛媛県)の守護河野氏の居城として、約250年間存続した。南北朝時代の初め頃(14世紀前半)、河野通盛(みちもり)によって築かれたと言われている。通盛の祖先には、12世紀末の源平合戦の際、水軍を率いて活躍した通信(みちのぶ)、13世紀後半の蒙古襲来の際活躍した通有(みちあり)がいる。
 通盛は、それまでの河野氏の拠点であった風早郡河野郷(現在の松山市・合併前は北条市)からこの道後の地に移った。築城に関する文献は残っていないが、河野氏の居館が寺(善応寺)になった時期や、忽那家文書の記述などから遅くとも建武の時代(1334〜1338)には築城されたと推定されている。
 河野氏は、その後讃岐から攻め入った細川氏との戦いに敗れ、湯築城は一時占領されたが、また奪い返した。しかし、近隣諸国から幾度となく攻撃を受けたり、お家騒動(惣領職の継承をめぐる分裂)や内紛(家臣の反乱)を繰り返し、その地位は決して安泰ではなかった。天正13年(1585)、全国統一を目指す羽柴(豊臣)秀吉の命を受けた小早川隆景に湯築城は包囲され、河野通有は降伏し、やがて湯築城は廃城となった。
 現在、湯築城跡は道後公園として整備され、丘陵部の頂上(展望台)からは松山市内が見渡せる。
湯築城跡・武家屋敷 湯築城跡・武家屋敷
ある日の武家屋敷
 16世紀中頃、家臣が住んでいた武家屋敷のある日の様子を再現した。
主室では、武士や僧侶が集まり「連歌」を楽しみながら、教養を養うとともに仲間意識を強めている。連歌は、複数の人が一座に会して、和歌の上句にあたる5・7・5と下句の7・7を交互に読み続け、百韻(100句)を完成させる形式が一般的です。
 ここでは、中央の上座に宗匠を指導者として招き、式目と呼ばれる約束事を教わりながら連歌の稽古をしており、手前右手の武士が採用された句を書き留める執筆の役目を果たしている。挙句(最後の一句)が近くなり、みんな創作に苦心しているが、板間の台所では、使用人が連歌を終えた客人に茶を点てる準備をしている。
湯築城跡・岩崎神社 湯築城跡・岩崎神社
岩崎神社
 この神社は、蛇を祭っていると言ういわれがある。昔、お爺さんがたけのこを掘ろうとしていると、おかしな事に急に眠くなり、そばの木の根元に座ってたばこを一服しながら休み、吸い殻をポンと、木の根っこに落とした。すると木の根っこがぐらっと揺れて遠くの方から「アッチッチ」という声が聞こえたような気がした。よく見ると、木の根っこと思っていたのは実は大蛇だったのです。あまりの怖さに気を失い大蛇に食べられた。この蛇は、大変大きく長さはこの神社より義安寺に届くぐらいだったそうです。
 その後大蛇は、暴れ回り何人もの村人を飲み込んだり、村中を荒らし回ったので困り果てた村人はどうしたら良いか相談し、神社を作り蛇を祭ることにした。それからは暴れる事もなく村も平和になったそうです。
 今でもこの蛇を「ミイさんミイさん」と呼んで大事にし、この神社をお詣りする女性もいるようです。
北海道
五稜郭 四稜郭
東北
山形城 新庄城 久保田城 盛岡城 若松城 二本松城
弘前城
関東
江戸城 小田原城 牛込城 大多喜城
甲信越
松本城 高遠城 荻町城 和田城
東海
浜松 浜松城 二俣城 犬居城 水巻城 井伊谷城
高根城
掛川 掛川城 横須賀城 高天神城
新城 長篠城 亀山城
駿府城 山中城 大垣城 名古屋城 上野城 市場城
岐阜城 田原城 東条城 韮山城 岡崎城 諏訪原城
清洲城 清洲古城跡
北陸
富山城 阿尾城 金沢城
近畿
安土城 彦根城 和歌山城 大阪城 姫路城@ 姫路城A
竹田城 二条城 長浜城 赤穂城 妙顕寺城
中国
松江城 福山城 津和野城 岩国城 萩城
四国
松山城 湯築城 安芸城 高知城 宇和島城
九州
熊本城 島原城 唐津城 原城跡 平戸城 玖島城
鶴丸城 福岡城 小倉城 岡城new


Google
WWW を検索 写真紀行・旅おりおり を検索

「写真紀行・旅おりおり」の画像を利用したい場合は、「」より連絡してください。

Copyright(c) 2002-2018 写真紀行 All Rights Reserved.