写真紀行・旅おりおり トップページへ 写真紀行・旅おりおり : 旅先で撮影した景色、建築、史跡、祭、風物等の写真と動画
 <城と城跡を巡る写真紀行


 印象深い景色
坂道灯台横丁・小路街角通り温泉
 史 跡
街道史跡城・城跡人物奥の細道墓地・終焉地Play Back
 建築・構造物
伝統的建築先端建築神社漁港垣根
 自 然
池・沼海岸
 産業・交通
伝統・地場産業バスターミナル国内線自動車・バイク道風景
 四季の景色
棚田春景色夏景色秋景色冬景色
 歌の舞台・祭・他
歌の舞台祭・イベント夜景テ−マパ−ク釣り
 管理人
管理人備忘録リンク集

清洲古城跡 織田信長   愛知県清須市
清洲古城跡
清洲古城跡 清洲古城跡
清洲城の概要
 清洲城の始まりは、足利政権の尾張守守護であった斯波義重が守護所下津城(現稲沢市)の別郭として鎌倉街道と伊勢街道が合流する要衝の清洲に築城されたと伝えられている。その後、文明8年(1476)に守護所下津城が戦乱で消失して以降、守護所は清州城に移ったとされている。
 この時期には尾張国は守護代の織田氏が力を持つようになり、岩倉の織田氏が尾張の上四郡を、清州の織田氏が下四郡を分割支配した。清州織田家当主信友が守護斯波義統を殺害したのをきっかけに、弘知元年(1555)、那古野城にあった織田信長は、清州城を攻め信友を討ち、清州城に入城し、尾張支配の本拠地とする。永禄3年(1560)に桶狭間の戦いに勝利するなど信長は近隣の大名を次々に倒し、着々と天下統一へ歩みを進めるが、天正10年(1582)本能寺の変により雄図半ばで、その夢は絶たれる。
 信長没後、天正10年(1582)年の清州会議の後は信長の次男信雄が尾張、伊勢、伊賀の領主となる。当初は伊勢長島に居城を構えていたが、天正地震、木曽川洪水等を契機に本拠を清州城に移す。この頃、清州城は大改修が行われたと推測され、天守、居館始め門塀、三重の堀等を築き城郭の規模も東西1.6q 南北2.8qもあったといわれている。
 信雄以降、豊臣秀次・福島正則・松平忠吉・徳川義直という錚々たる武将が清州城主となったが、慶長15年(1610、徳川家康は清州廃都、名古屋遷都を指令し、3年後には「清州越し」が完了し、当時の歌として「思いがけない名古屋ができて、花の清州は野となろう。」が残っている。清州越しにより清州城は廃城となり、石垣、橋、武家屋敷などの古材は名古屋城築城に利用され、名古屋城の西北隅櫓(清州櫓)は清州城を移築したとも伝えられている。
 信長は、足利義昭を追放し天下統一を目指した。その際、朝廷より『従二位』を叙され『右大臣』に任命されている。(石碑)
北海道
五稜郭 四稜郭
東北
山形城 新庄城 久保田城 盛岡城 若松城 二本松城
弘前城
関東
江戸城 小田原城 牛込城 大多喜城
甲信越
松本城 高遠城 荻町城 和田城
東海
浜松 浜松城 二俣城 犬居城 水巻城 井伊谷城
高根城
掛川 掛川城 横須賀城 高天神城
新城 長篠城 亀山城
駿府城 山中城 大垣城 名古屋城 上野城 市場城
岐阜城 田原城 東条城 韮山城 岡崎城 諏訪原城
清洲城 清洲古城跡
北陸
富山城 阿尾城 金沢城
近畿
安土城 彦根城 和歌山城 大阪城 姫路城@ 姫路城A
竹田城 二条城 長浜城 赤穂城 妙顕寺城
中国
松江城 福山城 津和野城 岩国城 萩城
四国
松山城 湯築城 安芸城 高知城 宇和島城
九州
熊本城 島原城 唐津城 原城跡 平戸城 玖島城
鶴丸城 福岡城 小倉城 岡城new


Google
WWW を検索 写真紀行・旅おりおり を検索

「写真紀行・旅おりおり」の画像を利用したい場合は、「」より連絡してください。

Copyright(c) 2002-2018 写真紀行 All Rights Reserved.