写真紀行・旅おりおり トップページへ 写真紀行・旅おりおり : 旅先で撮影した景色、建築、史跡、祭、風物等の写真と動画
 <城と城跡を巡る写真紀行


 印象深い景色
坂道灯台横丁・小路街角通り温泉
 史 跡
街道史跡城・城跡人物奥の細道墓地・終焉地Play Back
 建築・構造物
伝統的建築先端建築神社漁港垣根
 自 然
池・沼海岸
 産業・交通
伝統・地場産業バスターミナル国内線自動車・バイク道風景
 四季の景色
棚田春景色夏景色秋景色冬景色
 歌の舞台・祭・他
歌の舞台祭・イベント夜景テ−マパ−ク釣り
 管理人
管理人備忘録リンク集

大垣城 西軍の本拠   岐阜県大垣市
大垣城
大垣城 大垣城
大垣城 大垣城
 大垣城は、牛屋川を天然の外濠にとりいれた要害堅固な平城で、天文4年(1535)宮川安定によって創建されたと伝えられている。
 慶長5年(1600)関ヶ原合戦では、西軍の本拠となり壮絶な攻防戦が繰り広げられたが、戸田家が入城してからは、歴代藩主とともに天下泰平の世を謳歌した。
 先の戦災で惜しくも天守閣を焼失したが、現在城跡一帯は市民の憩いの場として親しまれている。
大垣城
 大垣城は古く応仁年間(15世紀)には東大寺城と呼び、当時の城主は大井荘のうち石包名いわかねみょうという地域の代官職をしていた大垣氏であったようです。そこでこの城を大垣城というようになった。
 その後、天文4年宮川安定が城郭を築き、永禄2年大垣城主氏家卜全が城郭の建築工事を施した。天正13年(1585年)9月豊臣秀吉は一柳直末を大垣城主として天守閣の造営を命じた。この工事は天正16年7月になって完成し、その後改修を経て、以来この天守閣は四層四階建て総塗りごめ様式でたいへん優美な城として歴史のうえからも貴重なものだった。
 昭和11年(1936年)国宝に指定され、郷土の博物館として親しまれてきましたが、昭和20年の戦災で惜しくも焼失した。その後、城再建の気運が高まり昭和33年(1958)年5月着工、翌34年4月昔そのままの姿で竣工したのがこの天守閣です。
江戸時代の城主
石川康通 やすみち 慶長6年2月〜慶長12年7月
石川家成 いえなり 慶長12年7月〜慶長14年10月
石川忠総 ただふさ 慶長14年12月〜元和2年9月
松平忠良 ただよし 元和2年9月〜寛永元年5月
松平憲良 のりよし 寛永元年5月〜寛永元年9月
岡部長盛 ながもり 寛永元年12月〜寛永9年11月
岡部宜勝 のりかつ 寛永9年11月〜寛永10年3月
松平定綱 さだつな 寛永10年3月〜寛永12年7月
戸田氏鉄 うじかね 寛永12年7月〜慶安4年11月
戸田氏信 うじのぶ 慶安4年11月〜寛文11年7月
戸田氏西 うじあき 寛文11年7月〜貞享元年8月
戸田氏定 うじさだ 貞享元年8月〜享保8年4月
戸田氏長 うじなが 享保8年4月〜享保20年8月
戸田氏英 うじひで 享保20年9月〜明和5年4月
戸田氏教 うじのり 明和5年6月〜文化3年4月
戸田氏庸 うじつね 文化3年6月〜天保12年5月
戸田氏正 うじただ 天保12年5月〜安政3年10月
戸田氏彬 うじあきら 安政3年10月〜慶応元年8月
戸田氏共 うじたか 慶応元年10月〜明治2年6月
北海道
五稜郭 四稜郭
東北
山形城 新庄城 久保田城 盛岡城 若松城 二本松城
弘前城
関東
江戸城 小田原城 牛込城 大多喜城
甲信越
松本城 高遠城 荻町城 和田城
東海
浜松 浜松城 二俣城 犬居城 水巻城 井伊谷城
高根城
掛川 掛川城 横須賀城 高天神城
新城 長篠城 亀山城
駿府城 山中城 大垣城 名古屋城 上野城 市場城
岐阜城 田原城 東条城 韮山城 岡崎城 諏訪原城
清洲城 清洲古城跡
北陸
富山城 阿尾城 金沢城
近畿
安土城 彦根城 和歌山城 大阪城 姫路城@ 姫路城A
竹田城 二条城 長浜城 赤穂城 妙顕寺城
中国
松江城 福山城 津和野城 岩国城 萩城
四国
松山城 湯築城 安芸城 高知城 宇和島城
九州
熊本城 島原城 唐津城 原城跡 平戸城 玖島城
鶴丸城 福岡城 小倉城 岡城new


Google
WWW を検索 写真紀行・旅おりおり を検索

「写真紀行・旅おりおり」の画像を利用したい場合は、「」より連絡してください。

Copyright(c) 2002-2018 写真紀行 All Rights Reserved.