写真紀行・旅おりおり トップページへ 写真紀行・旅おりおり : 旅先で撮影した景色、建築、史跡、祭、風物等の写真と動画
 <城と城跡を巡る写真紀行


 印象深い景色
坂道灯台横丁・小路街角通り温泉
 史 跡
街道史跡城・城跡人物奥の細道墓地・終焉地Play Back
 建築・構造物
伝統的建築先端建築神社漁港垣根
 自 然
池・沼海岸
 産業・交通
伝統・地場産業バスターミナル国内線自動車・バイク道風景
 四季の景色
棚田春景色夏景色秋景色冬景色
 歌の舞台・祭・他
歌の舞台祭・イベント夜景テ−マパ−ク釣り
 管理人
管理人備忘録リンク集

大阪城 規模の大きさを実感   大阪市中央区
大阪城
大阪城 大阪城
西の丸庭園にある弾薬庫 豊臣秀頼・淀君自刃の地
豊臣時代の大阪城
 明応5年(1496)の秋、浄土真宗の蓮如上人が今の大阪城付近に一宇の坊舎を営んだ。この坊舎はやがて大坂本願寺(石山本願寺)と呼ばれる大寺院に成長し、折りからの戦国の世にあって大いに権勢を奮ったが、やがて台頭してきた織田信長のために天正8年(1580年)陥落してしまった。ところが、まもなく信長は本能寺の変で自刀してしまい、その後を受け継いだ豊臣秀吉が新たに大坂を手に入れ、本願寺跡に入るが天正11年(1583)、天下統一をねらう秀吉は新たに大規模な築城工事に着手、やがて三国無双と評される豪壮な城郭を完成させた。しかし、この城も秀吉の死後17年経た慶長20年(1615)、大坂夏の陣の兵火にかかって全焼してしまった。
徳川幕府の再築
 夏の陣後、大坂は一時松平忠明の領するところとなったが、将軍秀忠は間もなく直轄地とし、元和6年(1620)から大阪城の大規模な修築工事を開始させた。この工事は10年の歳月を経て寛永6年(1629)に完成したが、わずか36年後、落雷のため天守閣が焼失し、以後江戸時代を通じて天守閣は再建されなかった。幕末に至り、町人の御用金で大手多聞櫓の再建をはじめ大修復が行われたが、明治維新の動乱で多くの建造物を焼失した。
昭和の天守閣復興
 昭和6年、大阪市民の熱意により鉄筋コンクリート造り地上55mの天守閣を再建した。しかし、太平洋戦争では城内及び周辺に多くの軍事関係施設があったために激しい爆撃にさらされた。ほとんどの建造物が破損したなか、幸いにもこの天守閣は焼け残った。こうして戦後を迎えた大阪城は昭和23年(1948)から史跡公園として再出発することとなり、翌年に天守閣の再開、その後古建造物の修復、博物館の開設、近年は大阪城ホール・野外音楽堂などユニークな施設が建てられ、今や国際的な一大史跡公園となった。
平成の大改修
 平成9年(1997)大阪の貴重な歴史・文化遺産として、また代表的な観光名所として60有余年にわたり親しまれてきた大阪城の大規模な改修が完成した。外壁の塗り替えと装飾部品の修復、金箔の押し直しにより白壁と金箔の輝きで彩られた美しい姿がよみがえった。天守閣は震度7の地震にも耐えられるように補強され、エレベーターの延長などにより、車椅子でも展望台へ出られるように改善された。閣内にはシアタールーム、ジオラマなどの興味深い設備が増え、歴史博物館としても充実した。こうして生まれ変わった天守閣は、外と内からライトアップされ、大阪のシンボルとして輝きを新たにした。(大阪城天守閣パンフレットより引用)

 西の丸庭園にある弾薬庫が生々しかった。秀吉創建時の面影はないが、規模の大きさは実感できる。 
北海道
五稜郭 四稜郭
東北
山形城 新庄城 久保田城 盛岡城 若松城 二本松城
弘前城
関東
江戸城 小田原城 牛込城 大多喜城
甲信越
松本城 高遠城 荻町城 和田城
東海
浜松 浜松城 二俣城 犬居城 水巻城 井伊谷城
高根城
掛川 掛川城 横須賀城 高天神城
新城 長篠城 亀山城
駿府城 山中城 大垣城 名古屋城 上野城 市場城
岐阜城 田原城 東条城 韮山城 岡崎城 諏訪原城
清洲城 清洲古城跡
北陸
富山城 阿尾城 金沢城
近畿
安土城 彦根城 和歌山城 大阪城 姫路城@ 姫路城A
竹田城 二条城 長浜城 赤穂城 妙顕寺城
中国
松江城 福山城 津和野城 岩国城 萩城
四国
松山城 湯築城 安芸城 高知城 宇和島城
九州
熊本城 島原城 唐津城 原城跡 平戸城 玖島城
鶴丸城 福岡城 小倉城 岡城new


Google
WWW を検索 写真紀行・旅おりおり を検索

「写真紀行・旅おりおり」の画像を利用したい場合は、「」より連絡してください。

Copyright(c) 2002-2018 写真紀行 All Rights Reserved.