写真紀行・旅おりおり トップページへ 写真紀行・旅おりおり : 旅先で撮影した景色、建築、史跡、祭、風物等の写真と動画
 <城と城跡を巡る写真紀行


 印象深い景色
坂道灯台横丁・小路街角通り温泉
 史 跡
街道史跡城・城跡人物奥の細道墓地・終焉地Play Back
 建築・構造物
伝統的建築先端建築神社漁港垣根
 自 然
池・沼海岸
 産業・交通
伝統・地場産業バスターミナル国内線自動車・バイク道風景
 四季の景色
棚田春景色夏景色秋景色冬景色
 歌の舞台・祭・他
歌の舞台祭・イベント夜景テ−マパ−ク釣り
 管理人
管理人備忘録リンク集

和歌山城 紀州徳川家の居城   和歌山県和歌山市
和歌山城
和歌山城 和歌山城
 天正13年(1585)豊臣秀吉が紀州を統一後、弟の秀長に命じて和歌山城の築城をはじめました。普請奉行には藤堂高虎・羽田正親・一庵法印が任命されました。しかし,築城当時の規模等についてはよくわかっていません。翌14年には領主羽柴秀長の城代として、桑山重晴が在城し、その後慶長5年(1600)には浅野幸長が37万6千石をもって入城しました。元和5年(1619)徳川家康の第十子頼宣が55万5千石を領して入城,城郭の大改修があり,徳川御三家の居城として、250年に渡り紀州徳川家治政の基を開きました。かくして和歌山城は西国第一の要衝として、その偉容を誇っていましたが弘化3年(1846)には天守閣に落雷し、大天守・小天守・多聞などを焼失しました。当時幕府の制として天守閣の再建は許可されませんでしたが、紀州藩は幕府と特別の関係にあったので再建を許され、嘉永3年(1850)に工事が竣工し旧態に復しました。
 明治4年(1871)廃藩置県によって和歌山城は廃城となり、明治34年(1901)に和歌山公園として初めて公開されました。
 また、昭和6年(1931)には文部省より史跡に指定され、更に昭和10年(1935)5月には天守閣、隅櫓、楠門等が国宝建造物に指定されました。しかし昭和20年7月9日、不幸にして戦災を蒙り、その英姿を一夜にして焼失してしまいました。戦後10余年を経て、再び郷土の象徴として和歌山城再建の気運が高まり,各方面からの支援と協力を得て、昭和33年10月竣工式を行うに至り、再び虎伏山の空高くその雄姿を誇っています。(和歌山城管理事務所HP)
北海道
五稜郭 四稜郭
東北
山形城 新庄城 久保田城 盛岡城 若松城 二本松城
弘前城
関東
江戸城 小田原城 牛込城 大多喜城
甲信越
松本城 高遠城 荻町城 和田城
東海
浜松 浜松城 二俣城 犬居城 水巻城 井伊谷城
高根城
掛川 掛川城 横須賀城 高天神城
新城 長篠城 亀山城
駿府城 山中城 大垣城 名古屋城 上野城 市場城
岐阜城 田原城 東条城 韮山城 岡崎城 諏訪原城
清洲城 清洲古城跡
北陸
富山城 阿尾城 金沢城
近畿
安土城 彦根城 和歌山城 大阪城 姫路城@ 姫路城A
竹田城 二条城 長浜城 赤穂城 妙顕寺城
中国
松江城 福山城 津和野城 岩国城 萩城
四国
松山城 湯築城 安芸城 高知城 宇和島城
九州
熊本城 島原城 唐津城 原城跡 平戸城 玖島城
鶴丸城 福岡城 小倉城 岡城new


Google
WWW を検索 写真紀行・旅おりおり を検索

「写真紀行・旅おりおり」の画像を利用したい場合は、「」より連絡してください。

Copyright(c) 2002-2018 写真紀行 All Rights Reserved.