写真紀行・旅おりおり トップページへ 写真紀行・旅おりおり : 旅先で撮影した景色、建築、史跡、祭、風物等の写真と動画
 <城と城跡を巡る写真紀行


 印象深い景色
坂道灯台横丁・小路街角通り温泉
 史 跡
街道史跡城・城跡人物奥の細道墓地・終焉地Play Back
 建築・構造物
伝統的建築先端建築神社漁港垣根
 自 然
池・沼海岸
 産業・交通
伝統・地場産業バスターミナル国内線自動車・バイク道風景
 四季の景色
棚田春景色夏景色秋景色冬景色
 歌の舞台・祭・他
歌の舞台祭・イベント夜景テ−マパ−ク釣り
 管理人
管理人備忘録リンク集

山形城 最上家の居城   山形県山形市
山形城
山形城 山形城
山形城 山形城
 最上藩57万石の居城である山形城。元々は斯波兼頼が築城した。斯波兼頼は、この地を拠点として出羽地方を制圧し、その子孫が土着して地名の最上氏を名乗った。11代目の最上義光は、戦国大名として武略、知略にすぐれ今の山形県のほとんどを手中に収めた。この義光の時代に山形城とその城下町は整備されたのである。別名を霞ケ城という。城が霞で隠れることから霞ヶ城の異名がついた。義光死後の最上家はお家騒動がおき、義光の孫、義俊の代には最上家は改易となる。
 その後、山形城は鳥居、保科などの大名が入れ替わって入城し、最後は水野家5万石で明治を迎えた。現在、この名を取って城跡は「霞城(かじょう)公園」という。城のほとんどが失われ、霞城公園に二の丸城址が残されている。 
北海道
五稜郭 四稜郭
東北
山形城 新庄城 久保田城 盛岡城 若松城 二本松城
弘前城
関東
江戸城 小田原城 牛込城 大多喜城
甲信越
松本城 高遠城 荻町城 和田城
東海
浜松 浜松城 二俣城 犬居城 水巻城 井伊谷城
高根城
掛川 掛川城 横須賀城 高天神城
新城 長篠城 亀山城
駿府城 山中城 大垣城 名古屋城 上野城 市場城
岐阜城 田原城 東条城 韮山城 岡崎城 諏訪原城
清洲城 清洲古城跡
北陸
富山城 阿尾城 金沢城
近畿
安土城 彦根城 和歌山城 大阪城 姫路城@ 姫路城A
竹田城 二条城 長浜城 赤穂城 妙顕寺城
中国
松江城 福山城 津和野城 岩国城 萩城
四国
松山城 湯築城 安芸城 高知城 宇和島城
九州
熊本城 島原城 唐津城 原城跡 平戸城 玖島城
鶴丸城 福岡城 小倉城 岡城new


Google
WWW を検索 写真紀行・旅おりおり を検索

「写真紀行・旅おりおり」の画像を利用したい場合は、「」より連絡してください。

Copyright(c) 2002-2018 写真紀行 All Rights Reserved.