写真紀行・旅おりおり トップページへ 写真紀行・旅おりおり : 旅先で撮影した景色、建築、史跡、祭、風物等の写真と動画
 <祭やイベントなどを巡る写真紀行


 印象深い景色
坂道灯台横丁・小路街角通り温泉
 史 跡
街道史跡城・城跡人物奥の細道墓地・終焉地Play Back
 建築・構造物
伝統的建築先端建築神社漁港垣根
 自 然
池・沼海岸
 産業・交通
伝統・地場産業バスターミナル国内線自動車・バイク道風景
 四季の景色
棚田春景色夏景色秋景色冬景色
 歌の舞台・祭・他
歌の舞台祭・イベント夜景テ−マパ−ク釣り
 管理人
管理人備忘録リンク集

御殿屋台引き回し 浜松まつり   静岡県浜松市
浜松まつり・御殿屋台
浜松まつり・御殿屋台 浜松まつり・御殿屋台
 浜松まつりの特徴のひとつは、「都市まつり」ということ。東京の天下祭りや京都の祇園祭と違って、神社仏閣の祭礼とは関係ない“市民参加”のまつりなのです。浜松まつりの始まりは、一説によると今からおよそ430余年前の永禄年間(1558〜1569年)に、当時の浜松を治めていた引間城主の長男誕生を祝って城中高く凧を揚げたことが、凧揚げの起源であると言われているが、記録としては定かではない。なお、記録に残っているものとしては、寛政年間(1789〜1800年)の記録に凧の記述がみられる。「遠州のからっ風」と呼ばれる強い風が吹くこの地は、気候的にも凧揚げに好条件であり、子供の誕生を祝う「初凧」の伝統は、浜松まつりとして現在までこの地に根付いている。 
浜松まつり・御殿屋台
御殿屋台 御殿屋台 御殿屋台 御殿屋台 御殿屋台 御殿屋台 御殿屋台 御殿屋台
 宵、提灯が灯されるころ、まつりは昼とはまったく趣の違う顔を見せ始める。手練の弾き手がつま弾く三味線とお囃子の笛と太鼓の音にのって、ゆっくりと動き出す御殿屋台。街は優雅な時の流れに包まれる。その昔、凧揚げから帰る若衆を迎えるために、底抜け屋台を造って練り歩いたのが始まりと言われているが、年々華やかさを加え、今では100町以上がその絢爛豪華(けんらんごうか)を競う。さらに町衆たちの”練り”は、勇壮な掛け声とともに熱気の渦となり、やがてクライマックスを迎える。(浜松まつりの説明より)
御殿屋台 御殿屋台 御殿屋台 御殿屋台 御殿屋台 御殿屋台 御殿屋台 御殿屋台
 浜松市の中心街で繰り広げられる屋台の引き回しは、大勢の見物人が見守られる中、賑やかに華やかに行われる。 
北海道
札幌 さっぽろ雪祭り すすきの氷の祭典
層雲峡氷瀑まつり アイスキャンドル 然別湖コタン
東北
新庄 青空市 最上産業まつり
男鹿 なまはげ@ なまはげA
五所川原 立佞武多@ 立佞武多A
芋煮会 秋田竿燈
関東
東京 上野公園・花見 世界らん展 サンタツリー よさこい祭り
国際バラとガーデニング
甲信越
ヒイチー
東海
浜松 虚空蔵尊大祭 風の盆 大太鼓祭 浜名湖弁天島花火
浜名湖花博 浜名湖立体花博 浜松がんこ祭 新幹線なるほど発見デー
浜松基地航空祭 サンドアート フォークジャンボリーnew 秋祭り
浜松まつり 凧揚げ合戦 屋台引き回し 風心会 祭りの練り
初子祝い 野口町屋台
雛のつるし飾り 遠州の花火 祖父江イチョウ黄葉祭 愛 地球博
蜂サミット 大道芸ワールドカップ
近畿
京都 五山送り火 北野天満宮骨董市 東寺がらくた市
神戸 灘の万灯祭 インフィオラータ神戸
世界陸上大阪大会 地蔵盆 甲子園
四国
かかしの里祭


Google
WWW を検索 写真紀行・旅おりおり を検索

「写真紀行・旅おりおり」の画像を利用したい場合は、「」より連絡してください。

Copyright(c) 2002-2018 写真紀行 All Rights Reserved.