写真紀行・旅おりおり トップページへ 写真紀行・旅おりおり : 旅先で撮影した景色、建築、史跡、祭、風物等の写真と動画
 <祭やイベントなどを巡る写真紀行


 印象深い景色
坂道灯台横丁・小路街角通り温泉
 史 跡
街道史跡城・城跡人物奥の細道墓地・終焉地Play Back
 建築・構造物
伝統的建築先端建築神社漁港垣根
 自 然
池・沼海岸
 産業・交通
伝統・地場産業バスターミナル国内線自動車・バイク道風景
 四季の景色
棚田春景色夏景色秋景色冬景色
 歌の舞台・祭・他
歌の舞台祭・イベント夜景テ−マパ−ク趣味悠々
 管理人
管理人備忘録リンク集

なまはげ@ 男鹿真山伝承館   秋田県男鹿市
なまはげ
なまはげ なまはげ
 大晦日の晩、それぞれの集落の青年たちがナマハゲに扮して。「泣く子はいねがー、親の言うこと聞がね子はいねがー」「ここの家の嫁は早起きするがー」などと大声で叫びながら地域の家々を巡る。
 男鹿の人々にとってナマハゲは、怠け心を戒め、無病息災・田畑の実り・山の幸・海の幸をもたらす、年の節目にやってくる来訪神です。ナマハゲを迎える家では、昔から伝わる作法により料理や酒を準備して丁重にもてなす。
 男鹿市内の「ナマハゲ行事」は、かつて小正月に行われていたが、現在は約50の集落で12月31日の大晦日に行われている。 
 昭和53年(1978)「男鹿のナマハゲ」として国重要無形民俗文化財に指定された。
なまはげ なまはげ
なまはげ
 「真山」は本山の北側、峰続きにあり標高が567mです。真山は新山とも書かれるが、また湧出山とも称された。本山と同じく名山として古くから山岳信仰の場となり崇敬されてきた。ここも本山と同様平安時代から天台宗の道場となり、熊野信仰の影響を受けて熊野の新宮になぞられ真山と呼ばれてと言われている。
 真山の麓には真山神社があるが、ここには門前と同様の鬼による九十九段の石段伝説が残っている。
 男鹿のほとんどの集落ではなまはげが本山・真山の「お山」から訪れるとされている。真山はなまはげと深い関わりを持つ山です。
男鹿真山伝承館
ナマハゲの語源> 
 冬、囲炉裏(いろり)で長く暖をとっていると、手足に火型(火班)ができる。これを方言で「ナモミ」と言うが、怠ける心を戒めるための「ナモミ剥ぎ」が「ナハマゲ」になったと言われている。
 「ナモミ剥ぎ」は新年を迎えるにあたっての祝福の意味もあり、子供や初嫁といった家の新しい構成員が対象とされた。
男鹿真山伝承館
 この建物は明治40年(1907)に建てられた民家を移築したもので、男鹿地域の農家建築の特色をよく残しており、国の登録有形文化財になっている。
北海道
札幌 さっぽろ雪祭り すすきの氷の祭典
層雲峡氷瀑まつり アイスキャンドル 然別湖コタン
東北
新庄 青空市 最上産業まつり
男鹿 なまはげ@ なまはげA
五所川原 立佞武多@ 立佞武多A
芋煮会 秋田竿燈
関東
東京 上野公園・花見 世界らん展 サンタツリー よさこい祭り
国際バラとガーデニング
甲信越
ヒイチー
東海
浜松 虚空蔵尊大祭 風の盆 大太鼓祭 浜名湖弁天島花火
浜名湖花博 浜名湖立体花博 浜松がんこ祭 新幹線なるほど発見デー
浜松基地航空祭 サンドアート フォークジャンボリーnew 秋祭り
浜松まつり 凧揚げ合戦 屋台引き回し 風心会 祭りの練り
初子祝い 野口町屋台
雛のつるし飾り 遠州の花火 祖父江イチョウ黄葉祭 愛 地球博
蜂サミット 大道芸ワールドカップ
近畿
京都 五山送り火 北野天満宮骨董市 東寺がらくた市
神戸 灘の万灯祭 インフィオラータ神戸
世界陸上大阪大会 地蔵盆 甲子園
四国
かかしの里祭


Google
WWW を検索 写真紀行・旅おりおり を検索

「写真紀行・旅おりおり」の画像を利用したい場合は、「」より連絡してください。

Copyright(c) 2002-2018 写真紀行 All Rights Reserved.