写真紀行・旅おりおり トップページへ 写真紀行・旅おりおり : 旅先で撮影した景色、建築、史跡、祭、風物等の写真と動画
 <歌の舞台を巡る写真紀行

 印象深い景色
坂道 灯台
横丁・小路
街角 通り
温泉
 史 跡
街道 史跡
城・城跡 人物
奥の細道 墓地・終焉地
Play Back
 建築・構造物
伝統的建築 先端建築
神社
教会
漁港 垣根
 自 然
池・沼 海岸
 産業・交通
伝統・地場産業 バスターミナル
自動車・バイク
国内線 道風景
航空機
 四季の景色
棚田 桜紀行
春景色 夏景色
秋景色 冬景色
 歌の舞台・祭・他
歌の舞台 祭・イベント
夜景 テ−マパ−ク
趣味悠々 食紀行
 管理人
管理人備忘録 リンク集
襟裳岬 森進一・島倉千代子   北海道幌泉郡えりも町
襟裳岬の歌碑
 襟裳岬にたつ歌碑。左は森進一の「襟裳岬」、右は島倉千代子の「襟裳岬」
森進一の「襟裳岬」の歌碑
襟裳岬
「 襟裳岬 」  
  作詞 岡本おさみ  作曲 吉田拓郎   唄 森進一
 北の街ではもう 悲しみを暖炉で
 燃やしはじめてるらしい
 理由のわからないことで 悩んでいるうち
 老いぼれてしまうから
 黙りとおした 歳月を
 ひろい集めて 暖めあおう
 襟裳の春は 何もない春です
 君は二杯めだよね コーヒーカップに
 角砂糖をひとつだったね
 捨てて来てしまった わずらわしさだけを
 くるくるかきまわして
 通りすぎた 夏の匂い
 想い出して 懐かしいね
 襟裳の春は 何もない春です
 日々の暮らしはいやでも やってくるけど
 静かに笑ってしまおう
 いじけることだけが 生きることだと
 飼い馴らしすぎたので
 身構えながら 話すなんて
 ああ おくびょう なんだよね
 襟裳の春は 何もない春です
 寒い友だちが 訪ねてきたよ
 遠慮はいらないから 暖まってゆきなよ
島倉千代子の「襟裳岬」
「 襟裳岬 」  
  作詞 丘灯至夫  作曲 遠藤実   唄 島倉千代子
 風はひゅるひゅる 波はざんぶりこ
 誰か私を 呼んでるような
 襟裳岬の 風と波
 にくいにくいと 怨んだけれど
 いまじゃ恋しい あの人が
 風はひゅるひゅる 波はざんぶりこ
 浜の日暮れは 淋しいものよ
 たった一人は なおさらに
 こんぶとる手に ほろりと涙
 背のびしてみる 遠い空
 風はひゅる ひゅる 波はざんぶりこ
 春はいつくる 燈台守と
 襟裳岬の 女の子
 泣いてみたいな 霧笛のように
 襟裳岬は霧が漂い、視界不良。詠われている情景、情感は感じ取れる。
北海道
おれの小樽 襟裳岬 石狩挽歌
東北
津軽海峡冬景色
関東
アメリカ橋 あゝ上野駅 矢切の渡し 赤い靴 たきび
神田川 かもめの水兵さん 鉄道唱歌 男はつらいよ 潮来花嫁さん
伊勢佐木町ブルース 証城寺の狸囃子 銀座の恋の物語 無縁坂
甲信越
早春賦
東海
天城越え 椰子の実 かわいい魚屋さん 人生劇場 すみれの花咲く頃
ふるさとの燈台 喜びも悲しみも幾年月 あゝ霧ヶ城 金色夜叉
近畿
岸壁の母 紅もゆる丘の花 月の法善寺横町 あゝ新撰組 琵琶湖周航の歌
女ひとり 栄冠は君に輝く しあわせ運べるように
中国
関の五本松 春の海 案山子 アオギリのうたnew
四国
祖谷の粉ひき節 南国土佐を後にして 豪気節
九州
荒城の月 長崎の鐘 あの子 平戸のうた 元寇
坊がつる賛歌



「写真紀行・旅おりおり」の画像を利用したい場合は、「」より連絡してください。

Copyright(c) 2002-2022 写真紀行 uchiyama.info All Rights Reserved.