写真紀行・旅おりおり トップページへ 写真紀行・旅おりおり : 旅先で撮影した景色、建築、史跡、祭、風物等の写真と動画
 <歌の舞台を巡る写真紀行


 印象深い景色
坂道灯台横丁・小路街角通り温泉
 史 跡
街道史跡城・城跡人物奥の細道墓地・終焉地Play Back
 建築・構造物
伝統的建築先端建築神社漁港垣根
 自 然
池・沼海岸
 産業・交通
伝統・地場産業バスターミナル国内線自動車・バイク道風景
 四季の景色
棚田春景色夏景色秋景色冬景色
 歌の舞台・祭・他
歌の舞台祭・イベント夜景テ−マパ−ク釣り
 管理人
管理人備忘録リンク集

関の五本松 三代目五本松   島根県松江市
関の五本松
関の五本松 初代・関の五本松
三代目・関の五本松
関の五本松
 江戸時代、港へ出入りする船の目印だった五本松の内の1本を、藩主が伐らせたので「1本切りゃ4本…」と歌い出したのが民謡「関の五本松」だといわれる。山の上にそびえる5本の松は沖合いからもよく見えた。舟人たちは、藩主へのやり場のない怒りと、松への愛惜をこめてだれからともなく歌いだした。今は、ツツジの名所になっており、3代目の松が植えられている。
松ノ前の解説文
 幾世代にわたり、たくさんの人に愛された関の五本松も最後の一本が平成12年(2000)危険防止の為、伐採された。長い間の功績に感謝を込め、原木の一部と切株を展示、保存するとともに、在りし日の勇姿をしのび、モニュメントをつくった。
 民踊、関の五本松節とともに、いつまでも大切にしていきます。(平成13年(2001)4月 美保関町 美保関地区観光協会)
関の五本松>  
 ハア 関の五本松 ドッコイショ
 一本切りゃ四本
 あとは切られぬ 夫婦松(みょうとまつ)
 ショコ アショコ
 アショコホイノー松 ホイ

 ハア 逢うで嬉しや ドッコイショ
 顔美保の関(かおみほのせき)
 早くなりたい 夫婦松
 ショコ アショコ
 アショコホイノー松 ホイ

 ハア 関の女は ドッコイショ
 医者より偉い
 縞(しま)の財布の 脈をとる
 ショコ アショコ
 アショコホイノー松 ホイ

 ハア 関と境に ドッコイショ
 一本橋かけて
 一夜通いがしてみたい
 ショコ アショコ
 アショコホイノー松 ホイ

 ハア 関はよいとこ ドッコイショ
 松さえ契る(ちぎる)
 神代ながらの 恋の跡
 ショコ アショコ
 アショコホイノー松 ホイ

 ハア 関の岬に ドッコイショ
 蛇が住むそうな
 大きな蛇じゃげな 嘘じゃげな
 ショコ アショコ
 アショコホイノー松 ホイ   
北海道
おれの小樽 襟裳岬 石狩挽歌
東北
津軽海峡冬景色
関東
アメリカ橋 あゝ上野駅 矢切の渡し 赤い靴 たきび
神田川 かもめの水兵さん 鉄道唱歌 男はつらいよ 潮来花嫁さん
伊勢佐木町ブルース 証城寺の狸囃子 銀座の恋の物語 無縁坂
甲信越
早春賦
東海
天城越え 椰子の実 かわいい魚屋さん 人生劇場 すみれの花咲く頃
ふるさとの燈台
近畿
岸壁の母 紅もゆる丘の花 月の法善寺横町 あゝ新撰組 琵琶湖周航の歌
女ひとり 栄冠は君に輝く
中国
関の五本松 春の海 案山子
四国
祖谷の粉ひき節 南国土佐を後にして 豪気節
九州
荒城の月 長崎の鐘 あの子 平戸のうた 元寇
坊がつる賛歌new


Google
WWW を検索 写真紀行・旅おりおり を検索

「写真紀行・旅おりおり」の画像を利用したい場合は、「」より連絡してください。

Copyright(c) 2002-2018 写真紀行 All Rights Reserved.