写真紀行・旅おりおり トップページへ 写真紀行・旅おりおり : 旅先で撮影した景色、建築、史跡、祭、風物等の写真と動画
 <夜景、イルミネーションなどを巡る写真紀行


 印象深い景色
坂道灯台横丁・小路街角通り温泉
 史 跡
街道史跡城・城跡人物奥の細道墓地・終焉地Play Back
 建築・構造物
伝統的建築先端建築神社漁港垣根
 自 然
池・沼海岸
 産業・交通
伝統・地場産業バスターミナル国内線自動車・バイク道風景
 四季の景色
棚田春景色夏景色秋景色冬景色
 歌の舞台・祭・他
歌の舞台祭・イベント夜景テ−マパ−ク釣り
 管理人
管理人備忘録リンク集

神戸ルミナリエ 大震災犠牲者の鎮魂と町の復興   神戸市中央区
神戸ルミナリエ
神戸ルミナリエ 神戸ルミナリエ
神戸ルミナリエ 神戸ルミナリエ
 「神戸ルミナリエ」はイタリアのアートディレクター、ヴァレリオ・フェスティ氏と神戸市在住の作品プロデューサー、今岡寛和氏による“光の彫刻作品”です。「神戸ルミナリエ」は、阪神・淡路大震災犠牲者の鎮魂の意を込めると共に、都市の復興・再生への夢と希望を託し、大震災の起こった1995年12月に初めて開催され、震災で打ちひしがれた神戸の街と市民に大きな感動と勇気、希望を与えました。
 閉幕直後から、市民や各界から継続開催を求める強い声が寄せられ、都市と市民の希望を象徴する神戸の冬の風物詩としての定着を目指すことになりました。(神戸ルミナリエ組織委員会オフィシャルホ−ムペ−ジより)
 第1回目のルミナリエは1995年に開催されたが、まだ阪神・淡路大震災の無惨な傷跡があちこちに残っており、市民のあいだには観光イベントをやるより復興を、という声があったそうである。
 しかし、神戸ルミナリエの光は、市民に勇気と感動と希望の光を見せてくれた。それ以来、毎年開催されるようになり、今では全国各地から観光客も訪れるようになった。バックミュージックとして流されている荘厳なクラシック音楽が心にしみわたる。単なるイベントでないところがいいです。 
北海道
函館山 函館ベイアリア
関東
東京(銀座) ヒカリミチ 銀座4丁目 並木通り すずらん通り
みゆき通り 花椿通り 松屋通り
東京(六本木) けやき坂 六本木ヒルズ 毛利庭園 東京ミッドタウン
東京(丸の内) 東京ミレナリオ 丸の内仲通り 東京駅丸の内駅舎
東京(表参道) 表参道ヒルズ 表参道
東京(新宿) 新宿サザンライツ 西新宿
東京 国際フォーラム前 お台場・観覧車 東京タワー 東京ドームシティ
東京交通会館 東京駅グランルーフnew 有楽町マリオン
横浜 イセザキモール みなとみらい21
ラ チッタデッラ
東海
名古屋 ミッドランドスクエア アカリナイト 名駅通 ライツ・プロムナード
大津通 久屋大通
浜松 冬の蛍 ソラモ ライトオブジェ
ラグーナ蒲郡
近畿
神戸ルミナリエ 草津駅前


Google
WWW を検索 写真紀行・旅おりおり を検索

「写真紀行・旅おりおり」の画像を利用したい場合は、「」より連絡してください。

Copyright(c) 2002-2018 写真紀行 All Rights Reserved.