機関車・電車写真紀行→鉄道写真紀行トップページ 駅や機関車・電車、鉄道沿線風景などの写真と動画


  駅
・JR奈良駅
・日暮里駅
・京成成田駅
  機関車・電車
・車掌車
・キハ20形ディーゼル動車
・軽便
  鉄道沿線
・津軽鉄道線
・東海道新幹線A
・五能線
  路面電車
・ワルシャワ
・リガ
・豊橋市電
  鉄道博物館・他
・ジオラマA
・リニア・鉄道館
・JR東海浜松工場
  管理人
・リンク集、

電動車 鉄道博物館   埼玉県さいたま市
電動車
電動車 電動車
国鉄初の20m車体を採用した電動車> 
 中央線などで通勤輸送に活躍
●乗車定員を増やすために国鉄電動車初の20m「半鋼製車体」を採用
●乗降時間を短縮するため「3ドア」「ロングシート」を採用
●「ツリアイバリ」を廃止した「軸バネ式台車」(TR25→DE12)
●流行にあわせた半流線形の前面スタイル(1936年製造の車両から)
番号 クモハ40074 製造年 昭和11年(1936)
製造所 川崎車輌 全長 20M
電車を20mに
 ラッシュアワーでも混雑を減らす新しい通勤電車の登場。
 大都市の人口が増え、混雑する通勤輸送に対応するために大型車の投入が求められた。昭和7年(1932)、大阪に登場したクモハ40形式(当初はモハ40形式)は、電動車としては国鉄初の20m車体となった。1両当たりの定員が増加し、3つの自動扉やロングシートなど、以後の通勤電車の標準的な構造になった。
 また、このクモハ40形式は運転台が両端にあり、1両でも運転が可能です。東京では中央線・総武線などで使われ、さまざまな電車と編成を組んで、通勤通学輸送に活躍した。
電動車 電動車
電動車
 大正後期から昭和初期、通勤電車の車体の長さは約17mが標準的であった。立席と座席をあわせた乗車定員は、大正15年(1926)誕生のモハ30形式(当初はデハ73200形式)で112名だった。
 一方、長さを20mにのばしたクモハ40形式(当初はモハ40形式)では、124名に増え、さらに片側運転台のクモハ41形式(当初はモハ42形式)では136名となった。全長20mの車体は、現在でも在来線を走る車両の標準的なサイズとなっている。(私鉄には全長20mを越える車両もある)

大きな地図で見る
機関車・電車
蒸気機関車 C11蒸気機関車 C56蒸気機関車 C57蒸気機関車 C58蒸気機関車
C62蒸気機関車 D51蒸気機関車@ D51蒸気機関車A D51蒸気機関車B
D51蒸気機関車C マレー式機関車 高速旅客用機関車 善光号機関車
弁慶号機関車 タンク機関車 ブルーSL 1号機関車
尾西鉄道蒸気機関車
電気機関車 ED11電気機関車 ED18電気機関車 デキ211号 ED40電気機関車
ED75電気機関車 EF58電気機関車 EF66電気機関車
ディーゼル機関車 DD13ディーゼル機関車 DE10 1014
新幹線 0系新幹線 100系新幹線 食堂車 初代「のぞみ」試作車
「のぞみ」用新幹線 超伝導リニア 200系新幹線
電車 新性能近郊形電車 振子式特急電車 鉄道省初の鋼性電車 パノラマ車
急行形電車 急行形電車の1等車 木製電車 流電
木造単車旅客 国鉄最初の電車 新性能電車 特急形電車(181)
特急形電車(交直流両用)
通勤電車 通勤形電車 初期通勤電車 電動車
気動車 気動車特急(181系) 気動車(48000形式) 特急形気動車(82系) 蒸気動車
気動車(41300形式) 20形ディーゼル動車
客車 明治天皇御料車 3等客車 標準形の3等客車 展望車
開拓使号客車 半鋼製客車 御料車 大正時代の客車
三等客車(明治)
寝台車 1等寝台車(10形式) 1等寝台車(40形式)
測定車 建築限界測定車 ドクターイエロー 新幹線試験電車
貨車 荷物車 高速貨車 無蓋貨物車 木造有蓋貨物車
貨物緩急車
その他 日本最古の電車 日本の鉄道と狭軌 双頭レール 軽便
馬車鉄道 人車鉄道 車掌車new


Google
WWW を検索 鉄道写真紀行 を検索


「鉄道写真紀行」の画像を利用したい場合は「」より連絡してください。
Copyright(c) 2004-2017 uchiyama.info All Rights Reserved.